LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

17LIVE(イチナナ)のBAN・アカウント削除を詳しく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20180715055049j:plain

17LIVE(イチナナ)でライブ配信や動画の視聴を楽しんでいる人の中には、「アカウントBANされたかも」「アカウント削除されたかも」と不安を感じている人もいるかもしれません。

17LIVE(イチナナ)にログインできなくなってしまったなど、何かしらのトラブルが発生した場合、BANやアカウント削除を疑ってしまいますよね。

しかし17LIVE(イチナナ)で実際にBANやアカウント削除をされることはあるのでしょうか。

ここでは、17LIVE(イチナナ)のBAN・アカウント削除について詳しく調べてみました。

17LIVE(イチナナ)のBAN・アカウント削除を詳しく解説

17LIVE(イチナナ)でBAN・アカウント削除される可能性はある

17LIVE(イチナナ)で突然アカウントにログインできなくなってしまった場合、BANやアカウント削除を疑う人もいるでしょう。

17LIVE(イチナナ)でアカウントBANやアカウント削除された前例があるのかどうかを調べてみました。

クチコミなどをみていると、17LIVE(イチナナ)でアカウントBANされたというものはいくつか見つけることができました。

しかし、ユーザー自身の意思ではなく17LIVE(イチナナ)側の意向によってアカウント削除がされることはないようです。

つまり17LIVE(イチナナ)ではアカウントBAN(凍結)されることはあっても、アカウント削除を一方的に行うことはありません。

よって基本的にBANされたアカウントは17LIVE(イチナナ)上で利用できなくなりますが、アカウント自体は残ったままの状態になります。

ただしユーザー自身が17LIVE(イチナナ)側にアカウント削除の申し入れをした場合には、アカウント削除されることがあるようです。

17LIVE(イチナナ)でBAN・アカウント削除される理由とは?

17LIVE(イチナナ)の利用規約上には、以下のような一文が掲載されています。

9.契約違反の処理 (1)お客様が、本規約又は法令に違反した場合、又は違反する虞があると17LIVEグループが判断した場合、17LIVEは、17LIVEサービスの全部或いは一部を終了する措置

(事前警告、コンテンツ投稿の停止、投稿済みコンテンツの削除、アカウントの一部若しくは全部の機能の制限などの措置を含む。)

を講じると伴に、法令に基づく救済措置を講じる権利及び当該処理の結果を公表する権利を有するものとします。

つまり17LIVE(イチナナ)の利用規約違反や利用規約違反するおそれがあると判断されれば、17LIVE(イチナナ)側にアカウントBAN・アカウント削除される可能性があるということです。

さらに17LIVE(イチナナ)の利用規約を読んでいくと「禁止行為」という項目があり、具体的にどのような行為が禁止されているのかが記載されています。

さらに具体的にいうと、この禁止行為に触れる行為が17LIVE(イチナナ)上であった場合には、BANやアカウント削除などのペナルティが課せられることになるでしょう。

具体的に17LIVE(イチナナ)でBANやアカウント削除になった理由の多くが以下のいずれかに当てはまっています。

  • 大人向けな表現
  • 攻撃的な表現
  • 個人情報の侵害行為
  • 寝落ち配信や長時間の配信放置
  • 他人への屈辱行為
  • 過度な恐怖を誘発する行為
  • 著作権に当たるライブ配信を行う行為

など。 基本的に社会やSNSでマナー違反とされるようなライブ配信が、禁止行為として含まれているようです。

17LIVE(イチナナ)はライブ配信以外の行為でもBAN・アカウント削除になる可能性がある

基本的に17LIVE(イチナナ)でBAN・アカウント削除が起きるのは、ライブ配信時が多いようですが、実際にはライブ配信以外の行為でも違反行為が見つかればBANやアカウント削除になる可能性があります。

具体的には、ライブ配信と直接関係ない以下のような行為でも「利用規約違反=BANやアカウント削除の対象」とみなされる可能性があるでしょう。

  • ライブ配信のタイトル・ライブコメント・投稿コメントに、悪意・大人向けな表現・暴力などの表現が見つかった場合
  • 不正や、悪意のある商業行為やスパムコメントなどが見つかった場合
  • 著作権の問題がある物を投稿すること

ライブ配信以外にも動画が画像の投稿、他のライバーへのコメントなどによって違反行為が見つかりBANやアカウント削除になってしまう可能性もあるようです。

17LIVE(イチナナ)でBANされた場合の対処法

すでに17LIVE(イチナナ)でアカウントBANされてしまった人の場合、BANされたアカウントを以下のいずれかの方法で対処することができます。

  • アカウントBANを解除してもらう
  • BANされたアカウントを削除する

17LIVE(イチナナ)では17LIVE(イチナナ)の運営側の一方的な判断でアカウント削除を行うことはありません。

そのため一度17LIVE(イチナナ)でBANされたアカウントは、凍結されたまま17LIVE(イチナナ)上に残ることになります。

BANされたアカウントをそのまま放置することも可能ですが、BANアカウントを復活させたい、または一旦アカウント削除してアカウントを作り直したいという人もいますよね。

17LIVE(イチナナ)で一度BANされたアカウントを復活させたい場合、17LIVE(イチナナ)側に異議申し立てを行い、その異議申し立てが承認されればアカウントが復活できる可能性があります。

ただし正当な理由でないと一旦BANされたアカウントを復活させるのは難しいので、難易度は高めの方法になるでしょう。

それでも利用規約違反行為を行っていないなど、正当な理由がある場合には異議申し立てをしてみるのもおすすめです。

また一旦BANされたアカウントを削除する場合でも、17LIVE(イチナナ)側にアカウント削除の申請をしなければなりません。

申請が承認されるとアカウント削除が行われますが、同じ電話番号での再登録ができなくなるなど制限も出てきますので事前に確認しておきましょう。

17LIVE(イチナナ)のBAN・アカウント削除を詳しく解説まとめ

今回は、17LIVE(イチナナ)のBAN・アカウント削除について詳しく調べてみました。

17LIVE(イチナナ)ではアカウントBANされる可能性はありますが、ユーザー自身の希望がない限りアカウント削除が17LIVE(イチナナ)側で一方的に行われることはありません。

万が一、17LIVE(イチナナ)でアカウントBANにあった場合には、BAN解除の申請を行うかアカウント削除の申請を17LIVE(イチナナ)のサポートセンターに行っていきましょう。