LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

17LIVE(イチナナ)のブロックを分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20180715055049j:plain

17LIVE(イチナナ)にはブロック機能が実装されているの?

アンチコメントや迷惑行為を行うリスナーやユーザーをブロックすることはできるの? あなたは今、このようにお考えですよね。

17LIVE(イチナナ)では迷惑行為を行うユーザーへの対策としてブロック機能が実装されています。

ここでは17LIVE(イチナナ)の迷惑行為に関する対策方法として、ブロック機能などについて詳しくみていきましょう。

17LIVE(イチナナ)のブロックを分かりやすく解説

17LIVE(イチナナ)でライブ配信をはじめたものの、特定ユーザーによる迷惑行為に悩まされいる方もいます。

また17LIVE(イチナナ)ライブ配信をはじめたい方の中には、アンチコメントを恐れて始められないという方もいるのではないでしょうか。

17LIVE(イチナナ)では迷惑行為を行うユーザーに対して、ブロック機能や通報機能を活用し、迷惑なユーザーを撃退する方法があります。

すでに17LIVE(イチナナ)で迷惑行為を行うユーザーに悩まされているライバーや、これから17LIVE(イチナナ)でライブ配信をはじめたいと考えている方に向けて、ブロック機能や通報機能についてご紹介していきます。

17LIVE(イチナナ)のブロックのやり方は?

17LIVE(イチナナ)のブロックするやり方をみていきましょう。 まずは17LIVE(イチナナ)のアプリを起動してください。 たとえば自分の配信した動画にアンチコメントをつけたユーザーをブロックするやり方は、コメント欄にあるユーザー名をタップします。 もしユーザー名だけわかっている場合のやり方は、ユーザー名を検索してブロックするユーザーを見つけ出します。 つづいてブロックしたいユーザーのプロフィール画面を表示しましょう。 プロフィール画面右上の「…」アイコンをタップします。 さらに一覧から「ユーザーをブロックする」をタップします。 画面上に「完了」と表示されることで、ユーザーをブロックできます。

17LIVE(イチナナ)でブロックされたユーザーはどうなるの?

17LIVE(イチナナ)でブロックした場合、ブロックした相手から自分のアカウントがどのように見えているのか気になる方もいるでしょう。

特定のユーザーをブロックした場合、ブロックされたユーザーは、こちらのライブ配信を見ることができなくなります。

またこちらの動画の視聴もできなくなるため、動画のいいね、コメント、ギフトを贈ることもできなくなるでしょう。

ブロックした相手とは、17LIVE(イチナナ)でのコミュニケーションをいっさい取ることができなくなります。

もちろんブロックを解除することで、ふたたび17LIVE(イチナナ)のライブ配信や動画の視聴をはじめ、いいねやコメントもできるようになります。

17LIVE(イチナナ)でブロックされたユーザーが別アカウントからログインした場合の対処法

17LIVE(イチナナ)でブロックしたユーザーは、こちらのライブ配信の視聴や、いいねはできなくなります。

当然、ブロックした相手に、こちらがブロックしたことはバレてしまうでしょう。

こちらがブロックしたことに気付き、執拗な嫌がらせをするための手段として、別アカウントから17LIVE(イチナナ)へのログインをくわだてる方もいるかもしれません。

もしブロックした相手が別アカウントからログインした場合は、ふたたびこちらのライブ配信の視聴やいいねやコメントもできるようになってしまいます。

よって17LIVE(イチナナ)で完璧にアンチを防ぐことは難しいと言えるでしょう。

残念ながら、ライブ配信でアンチを防ぐことは難しいですが、17LIVE(イチナナ)の動画配信や画像投稿ではプライベートモードを活用できます。

17LIVE(イチナナ)の「設定」画面で「個人アカウント」の項目をオンにすると、動画と画像については承認した人しか見ることができなくなります。

17LIVE(イチナナ)でブロックしたい迷惑なユーザーは通報できる

17LIVE(イチナナ)で迷惑行為や嫌がらせをされた場合、真っ先に思いつくのはアカウントのブロックです。

しかし迷惑行為や嫌がらせが執拗かつ悪質なユーザーの場合は、17LIVE(イチナナ)の運営にユーザーを通報することも可能です。

通報により悪質だと判断されたユーザーは、17LIVE(イチナナ)のアカウント凍結などのペナルティが課せられるでしょう。

17LIVE(イチナナ)で迷惑なユーザーを通報するやり方は、ブロック機能と同じように簡単にできます。

まずは17LIVE(イチナナ)アプリで迷惑なユーザーのプロフィール画面にアクセスしましょう。

画面右上の「…」をタップして、表示されるメニューから「ユーザーを通報」を選択します。

17LIVE(イチナナ)への通報理由の項目からもっとも近いものを選択しましょう。

通報理由の選択をすることで17LIVE(イチナナ)への通報を完了し、運営側が悪質なユーザーであるのかを判断します。

通報が承認されることで迷惑なユーザーはアカウント凍結などの措置が取られるでしょう。

これで安心して17LIVE(イチナナ)のライブ配信を行うことができます。

17LIVE(イチナナ)のブロックを分かりやすく解説まとめ

17LIVE(イチナナ)のブロック機能を活用することで、アンチコメントや迷惑行為を行うユーザーを撃退することができます。

しかしブロック機能を活用しても、執拗に迷惑行為を繰り返すユーザーもいるため、そのような場合の対策として、通報機能を活用しましょう。

17LIVE(イチナナ)運営に通報することで、迷惑行為を繰り返す悪質なユーザーのアカウントは凍結されるため、ブロックよりも高い効果が期待できるはずです。