LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

17LIVE(イチナナ)のビジネスモデルを詳しく解説

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181112173426j:plain

「17Live(イチナナ)のビジネスモデルはどのようになっているの?」あなたは今、このようにお考えですね。

今や大賑わいの17Live(イチナナ)ですのが、どのようなビジネスモデルなのか、知りたい方もいるでしょう。

台湾発、東南アジアを中心に大人気の17Live(イチナナ)は、アメリカのアプリトップ1に輝いた実績を誇っています。

各国でも常に人気アプリの上位に君臨しているほどの実力なのですよ。

数あるライブ配信アプリの中でもユーザー数4,000万人を誇っているのは17Live(イチナナ)だけ。 すごいことですよね。

よってここでは17Live(イチナナ)のビジネスモデルについて詳しくみていきましょう。

17LIVE(イチナナ)のビジネスモデルを詳しく解説

17Live(イチナナ)のビジネスモデルは、徹底したコンセプトに基づいて成り立っています。

ここでは17Live(イチナナ)のビジネスモデルについてみていきましょう。

17LIVE(イチナナ)のビジネスモデルは?

もともと17Live(イチナナ)は出会い系アプリの制作を行う小さな会社でした。 しかし17Live(イチナナ)の登場で1年間の売り上げが11倍にまで急成長を遂げています。

そこで気になるのが、17Live(イチナナ)のビジネスモデルですね。 17Live(イチナナ)ではまずライバーを探し、マネジメントを行います。

その後、ライバーとコンテンツ作成、ライブ配信します。

ライブ配信ではリスナーからバーチャルギフトをもらい、そのギフトが17Live(イチナナ)とライバーの収益となります。 よ

うするに17Live(イチナナ)は、ライバーを所属タレント的存在に見立てたビジネスモデルを採用していると言えるでしょう。

17LIVE(イチナナ)のビジネスモデル【収益源はライバー】

稼げるライバーの存在が17Live(イチナナ)ビジネスモデルの軸であり、成功の秘訣と言えるでしょう。

17Live(イチナナ)に収益をもたらすのは、ライバーです。 ライブ配信でリスナーから獲得したバーチャルギフトが、17Live(イチナナ)の大きな収益となります。

数字にすると、ライバーが生配信で得た収益のなんと50%から87%が、17Live(イチナナ)の収益となります。

月間300万円稼ぐライバーもいるのですから、17Live(イチナナ)の収益を計算するとかなりの金額にのぼるでしょう。

17LIVE(イチナナ)のビジネスモデルが成功した理由【ライバーのメリット】

ライバーが17Live(イチナナ)を利用する根本目的は、「ファンがほしい」「有名になりたい」など、タレントとして成功することです。

同時に17Live(イチナナ)を使うことによって、稼ぎながらその夢を叶えられるのも魅力でしょう。

テレビ枠から有名になることは非常に難しいですが、インターネットのライブ配信ではそれが可能です。

有名になることと同時に、稼げる仕組みが17Live(イチナナ)に備わっています。 こまめなライブ配信や、レスポンスの軽快さ、相手を楽しませられる能力など、努力次第でもっと稼げるようになります。

中には市場の大きい中国人リスナーを増やすため、外国語の勉強をする方もいるでしょう。

努力次第で稼げる、有名になれるというライバーのメリットこそが、17Live(イチナナ)ビジネスモデル成功のひとつの理由と言えます。

17LIVE(イチナナ)のビジネスモデルが成功した理由【リスナーの存在】

リスナーの存在も、17Live(イチナナ)のビジネスモデルが成功した理由のひとつです。

ライバーに投げ銭をする尊い存在で、17Live(イチナナ)の収益の元手的存在と言えるでしょう。

17Live(イチナナ)のリスナーの特徴は、純粋に「ライバーを応援したい」という気持ちがあるところです。

たとえば17Live(イチナナ)にはランキングがあります。

ランキングによって「他のライバーに負けたくない」とライバー同士を競わせ、リスナーの応援したい気持ちを刺激するのです。

たとえるのならAKB48の総選挙が参考になるかもしれません。17Live(イチナナ)も同じ方式を採用していると言えるでしょう。

以前中国では17Live(イチナナ)で若い女性が大人向けの映像をライブ配信して稼ぐ行為が横行していました。

「楽して稼げるツール」として、17Live(イチナナ)は低品質サービスのレッテルを貼られてしまったのです。

日本では取り締まりを強化しているので、大人向けのサービスを求めて17Live(イチナナ)を利用するリスナーがほとんどいなくなりました。

同時にエンターテイメント性の高いコンテンツを提供する努力を惜しまないことは、17Live(イチナナ)ビジネスモデル成功の理由と言えますね。

そして「努力するライバーさんを純粋に「応援したい」というリスナーの存在も、大きな17Live(イチナナ)ビジネスモデル成功理由のひとつなのだ」と、17MediaJapan CEO小野裕史さんも語っています。

17Live(イチナナ)のビジネスモデルが成功した理由【他サービスにない魅力】

17Live(イチナナ)のビジネスモデルが成功した大きな理由は、エンターテイメント性の高さでしょう。

それはユーチューブ動画配信でも同じことが言えますが、ライブ配信だけの魅力もあります。

自分のパフォーマンスをアピールするときに17Live(イチナナ)は非常に使いやすいツールです。

何と言ってもスマホひとつ、操作が簡単、たった数秒でライブ配信を始められるのは、17Live(イチナナ)の大きな魅力でしょう。

ユーチューブは動画公開をするまでに、編集作業が必要です。

17Live(イチナナ)は編集不要、撮影・配信までもスマホのボタン操作だけで完結、すぐに公開できる手軽さが大きな特徴と言えるでしょう。

またリアルタイムでライバーとリスナーが会話ややりとりできるのも、17Live(イチナナ)の魅力です。 動画配信では不可能な機能ですよね。

他にはない17Live(イチナナ)のサービスもビジネスモデル成功の理由と言えるでしょう。

17LIVE(イチナナ)のビジネスモデルを詳しく解説まとめ

17Live(イチナナ)のビジネスモデルは、純粋な有名人やファンを集め育てることから始まると言えます。

そこで収益が生まれて、ライバーや17Live(イチナナ)に還元されます。

大人向けの要素を持たないことも、多くの17live(イチナナ)ライバーが集まってくる理由になっていると言えますね。

今後の17Live(イチナナ)では、どのようなビジネス展開を見せてくれるのか楽しみですね。期待しましょう。