LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

17LIVE(イチナナ)のコメント非表示と消し方を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181112173426j:plain

17LIVE(イチナナ)でコメント非表示に設定したいけれど、方法はあるの?

アンチコメントをしてくる視聴者のコメントの消し方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

17LIVE(イチナナ)はライバーと視聴者のリアルタイムのコミュニケーションが魅力のライブ配信アプリです。

コミュニケーション方法のひとつとして、画面にライバーのアクションやリスナーのコメントが表示されます。

そのようなコメント非表示のやり方や消し方は、17LIVE(イチナナ)で用意されているのでしょうか。

17LIVE(イチナナ)のコメント非表示と消し方を分かりやすく解説

17LIVE(イチナナ)のライブ配信画面には、ライバーと視聴者のやりとりが延々と表示されます。

コメントがあると画面上がうるさい感じがする方や、またはスクリーンショットを撮影するためコメント非表示にしたい方もいるはずです。

コメント非表示や消し方は、17LIVE(イチナナ)ユーザーにとってマイナーな機能のようで、知らない方も多いようですね。

17LIVE(イチナナ)ではコメント非表示や消し方が備わっていますので、やり方について解説していきます。

17LIVE(イチナナ)のコメント非表示にするライバー側のやり方

まず17LIVE(イチナナ)のライバー側のライブ配信画面上で、すでに表示されているコメントを非表示にするやり方を解説しましょう。

上はコメントが次々に更新されていきますが、17LIVE(イチナナ)の画面上を右にスワイプするだけでコメント非表示が有効になります。

以下のようなすっきりした画面でライブ配信できます。

逆に17LIVE(イチナナ)のライブ配信画面で、コメント表示に戻すやり方は、画面を左側にスワイプするだけです。

17LIVE(イチナナ)のコメントの消し方をリスナー側でやる方法

リスナー側の画面上のコメントの消し方も、ライバー側の操作と同じく、17LIVE(イチナナ)画面の右側へのスワイプでコメント非表示・左側のスワイプでコメント表示を繰り返しすることができます。

コメント非表示の状態で、一度配信ルームを退出し戻ってきても、自動的にコメント表示状態に戻ります。

ライバー・リスナー画面問わず、17LIVE(イチナナ)の画面上で右スワイプするコメントの消し方を行うと、コメントだけでなくプロフィール・視聴者アイコン・スコア・視聴者数・ツールアイコンなどすべての機能や表示が非表示になります。

17LIVE(イチナナ)のコメント非表示・消し方が有効にならない場合

17LIVE(イチナナ)の画面上で右スワイプし、コメント非表示にする消し方を行ったのにもかかわらず消えないパターンもあるようです。

コメント非表示にならない原因として考えられるのは、17LIVE(イチナナ)アプリのバグや長時間の連続使用・Wifi環境による通信速度の低下などが考えられます。

17LIVE(イチナナ)のコメントの消し方が使えない場合、ユーザー側でできる対処法として、長時間の連続使用を行っている場合は、スマホに負担がかかりすぎているため一時休めることが必要です。

たとえば長時間の連続使用として、17LIVE(イチナナ)画面の録画や、ライブ配信視聴などを長時間行うことで、コメント非表示が無効になってしまう可能性があります。

またラッキー袋の配信ルームを次から次へと移動していると、短時間でスマホが熱くなり、コメントの消し方が無効になることもあるでしょう。

長時間・短時間問わず、スマホが熱くなってしまった場合は17LIVE(イチナナ)のコメント非表示が無効になってしまう可能性があるため、スマホの利用をいったん中止してから試してください。

アプリやスマホの再起動を試す、17LIVE(イチナナ)アプリのアップデートを確認するなどで、コメント非表示が有効になるか試すとよいでしょう。

17LIVE(イチナナ)のアンチコメントの消し方

17LIVE(イチナナ)の視聴者の中には、アンチコメントをしてくる方もいますので、特定のコメントの消し方を知りたい方もいるでしょう。

しかしアンチコメントだけを消したり非表示にしたりする方法が、17LIVE(イチナナ)にはありません。

そこでアンチコメントをする17LIVE(イチナナ)ユーザーをブロックしてしまう方法が有効です。

アンチコメントの消し方は、ユーザーを特定しプロフィール欄の「…」をタップします。

「ユーザーをブロックする」を選択すると、17LIVE(イチナナ)のコメント欄にブロックしたユーザーのコメントが表示されなくなります。

ブロックしたユーザーのコメントだけが表示されなくなりますので、17LIVE(イチナナ)のアンチコメントの消し方として有効でしょう。

アンチコメントによってコメント欄が荒れ、リスナーが減ってしまうなどのリスクが発生します。

何よりもライバーが不快な気持ちになりますので、気持ちよくライブ配信を行うためにも、アンチコメントの消し方として覚えておきましょう。

17LIVE(イチナナ)のアンチコメントを非表示にしても別アカウントでコメントされてしまう場合

アンチコメント対策として、ユーザーをブロックしてしまうのは17LIVE(イチナナ)をはじめとしたライブ配信サービスでは一般的な対策方法です。

上記の方法でアンチコメントをしてくるユーザーのコメントを非表示にできますが、中には新規にアカウントを取得し何度もアンチコメントをしてくるユーザーがいるかもしれません。

そのような場合は、17LIVE(イチナナ)の通報機能を使い、サポートで取り締まってもらう方法が有効でしょう。

17LIVE(イチナナ)で通報する方法は、アンチコメントのユーザーのブロック機能と同じ操作で、「ユーザーをブロックする」の下にある「ユーザーを通報」をタップしましょう。

アンチコメントや嫌がらせに自分で対応できない場合は、トラブルに発展する前に17LIVE(イチナナ)サポートへ頼るのも方法のひとつと言えます。

17LIVE(イチナナ)のコメント非表示と消し方を分かりやすく解説まとめ

延々と表示される17LIVE(イチナナ)のコメント非表示や消し方は、画面を右スワイプするだけです。

ライバー画面・リスナー画面問わず同じ操作で、すっきりとしたライブ配信画面にすることができます。

コメント非表示を無効にする方法は、逆に左スワイプするだけです。

17LIVE(イチナナ)ライバーにとって悩みのタネとなるアンチコメント非表示や消し方は、ユーザーブロック機能を活用しましょう。

それでもしつこいようなら、通報機能を使い段階に応じたアンチコメントの消し方を活用できます。