LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

17LIVE(イチナナ)でエコーをかける方法を分かりやすく解説

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181112173426j:plain

「17Live(イチナナ)でエコーをかける方法を知りたい」「17Live(イチナナ)ではどのようにすればエコーをかけられるの?」 あなたは今、このような疑問を抱えていますね。

他の17Live(イチナナ)ライバーさんのライブ配信視聴で、エコーがかかっている人がいることに気付いた方もいるのではないでしょうか。

エコーがかかるといつもの17Live(イチナナ)ライブ配信が、本格的に聞こえてステキですよね。

ぜひ使ってみたい!と思う17Live(イチナナ)ライバーさんもいるでしょう。 ここでは17Live(イチナナ)でエコーをかける方法についてご紹介していきます。

17LIVE(イチナナ)でエコーをかける方法を分かりやすく解説

多くの17Live(イチナナ)ライバーさんがエコーを使っていますが、実は17Live(イチナナ)にはエコーをかけられる方法や機能が用意されていませんでした。

ではエコーを使っている17Live(イチナナ)ライバーさんは、どのようにしてエコーを使っているのでしょうか。

口コミを元にチェックしていきます。 余談ですが、ライブ配信ではエコーのことを「リバーブ」と言うのだそうです。

ライブ配信でエコーとは、歌のときにかけるものをさすんですって。 17Live(イチナナ)でライブ配信をしている方は、エコーとリバーブの違いを知っておいた方がいいかもしれませんよ!

ついでにご紹介しておきましたので、頭の隅にとめておいてくださいね。

ここではリバーブのこともあえてエコーと呼んでいきますので、ご了承ください。

17LIVE(イチナナ)でエコーをかける方法【コンパクトインターフェースを使う】

こちらの17Live(イチナナ)ライバーさんは、ライブ配信用コンパクトインターフェースを使っているようです。

スマホとイヤホンの間にコンパクトインタフェースをつなぎ、ボタンを押すだけで声にエコーがかけられて便利とのことでした。

複雑な接続や設定の手間がないこと、操作もボタンひとつでできてしまうことから、エコーを使いたい17Live(イチナナ)ライバーさんにおすすめです。

エコーをかける方法の中でもっともシンプルな方法と言えるかもしれません。

他には笑い声や拍手などもついていますが、17Live(イチナナ)上にある機能ですのでご利用するかしないかは17Live(イチナナ)ライバーさんによって違うでしょう。

エコーだけでなく、バックミュージックが流せる、スイッチひとつでMC風のライブ配信ができるのも魅力ですね。

自分の声が入ると自然とバックミュージックが小さくなるオートドック付き。優秀ですね。

MC風ライブは、17Live(イチナナ)リスナーさんに普段の配信との違いを楽しんでもらえることでしょう。

シンプルで簡単、エコーが使えて機能充実が魅力のライブ配信用コンパクトインターフェースは17Live(イチナナ)で使いやすいかもしれませんね。

17LIVE(イチナナ)でエコーをかける方法【マイクを使う】

ライブ配信用マイクを使えば17Live(イチナナ)でエコーをかけられます。

ドライバのインストールなど面倒な設定がないので、17Live(イチナナ)便利にエコーを使えるのが魅力でしょう。

ビジュアルも本格的なので、17Live(イチナナ)ライブ配信の雰囲気も楽しめますね。

17LIVE(イチナナ)でエコーをかける方法【パソコンのライブ配信ソフトを使う】

パソコン専用の配信ソフトを使い、17Live(イチナナ)でエコーをかけられます。

しかし設定が複雑(に感じられる)ので、シンプルさを求める17Live(イチナナ)ユーザーには不向きかもしれません。

パソコンに配信ソフトと機能拡張プログラムをインストールし後は設定するだけですが、不慣れですと面倒ですよね。

ただ配線接続がない、無料で利用できる、充実した機能がある、パソコン用マイクでエコーをかけられるなどの魅力がありますので、チャレンジしてみたい方はどうぞ。

代表的なライブ配信ソフトはOBS StudioとVSTプラグインですので、参考まで。

OBS Studioダウンロード

17LIVE(イチナナ)でエコーをかける方法を分かりやすく解説まとめ

17Live(イチナナ)でエコーをかける方法をご紹介しました。

もっとも簡単なのは、コンパクトインターフェイスを使う方法とマイクを購入する方法でしょうか。

いろいろな機能を使いたい方はパソコンソフトがおすすめです。

コンパクトではないライブ配信のインターフェイスも販売されていますので、ニーズに合わせて選んでください。

自分にマッチした方法で17Live(イチナナ)でエコーを使いましょう。