LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

17LIVE(イチナナ)の事務所を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181112173426j:plain

ライブ配信アプリとして10代20代を中心に人気がある17LIVE(イチナナ)。

そんな17LIVE(イチナナ)でライブ配信を行いながら有名になりたいという人も多いのではないでしょうか。

17LIVE(イチナナ)でインフルエンサーとして活動の幅を広げるのであれば、事務所に入って活動を行うというのも1つの方法です。

そこで今回は、17LIVE(イチナナ)の事務所について分かりやすく解説していきます。

17LIVE(イチナナ)の事務所を分かりやすく解説

17LIVE(イチナナ)の事務所とは?

17LIVE(イチナナ)の事務所とは、芸能事務所のように17LIVE(イチナナ)ライバーのマネジメントを企業単位で行なってくれる会社のことです。

17LIVE(イチナナ)は基本的に年齢などの条件を満たしていれば、誰でもライブ配信が行えるようになっています。

しかし17LIVE(イチナナ)でライバーとして人気を得るためには、個人でライブ配信をするのには限界があることも多いようです。

そこで利用できるのが17LIVE(イチナナ)の事務所になります。

17LIVE(イチナナ)では事務所に所属することで、企業単位でライバーである自分を売り出してもらうことができるのです。

17LIVE(イチナナ)の事務所の中には、成果型で報酬が得られるところもあれば給料型のところもあります。

所属したい特定の事務所がある場合には、それぞれの契約条件を確認してみてください。

それでは早速17LIVE(イチナナ)の事務所に所属することで得られるメリットを見ていきましょう。

育成プロジェクトでよりリスナーを増加させる配信方法を伝授してもらえる

17LIVE(イチナナ)の事務所は、所属している17LIVE(イチナナ)ライバーを売れっ子にすることが第一の仕事です。

そのためどのような配信を行ったらリスナーが増加するのか、その配信方法などを育成プロジェクトで教えてもらえるところが多くなっています。

事務所によって育成プロジェクトが有料・無料のところがありますが、プロでなければわからない配信のコツなどを教えてもらえるので、短期間で爆発的にリスナーを増やせる可能性が高くなるでしょう。

事務所主催のイベントなどに出演できる

17LIVE(イチナナ)の事務所は、17LIVE(イチナナ)ライバーを売れっ子にすることが仕事ですので、ライブ配信以外にもあらゆるお披露目のチャンスを作ってくれる可能性があります。

特に事務所自体が、17LIVE(イチナナ)ライバーの大きなイベントを組んでいるなどの場合には、出演機会も増えるでしょう。

ライブ配信以外でも露出が増えることにより、より17LIVE(イチナナ)ライバーとしてリスナーを増やせる機会も増えていきます。

企業案件がもらえる可能性がある

17LIVE(イチナナ)の事務所を通して受けられる仕事の中には、個人では依頼がこないような企業案件などもあるでしょう。

たとえば特定のコスメを利用してみたレビューなど17LIVE(イチナナ)ライバーの広告塔として活躍することができるのです。

企業案件は17LIVE(イチナナ)ライバーの中でもインフルエンサー級の影響力を持つようになると、依頼がくるようになりますので、知名度が相乗効果で上がっていく可能性も高くなります。

配信以外の雑務をフォローしてもらえる

17LIVE(イチナナ)の事務所に所属することで、配信以外の雑務をフォローしてもらえる可能性もあります。

17LIVE(イチナナ)の事務所はより良質な配信をライバーにしてもらうために、ライブ配信に集中できるような環境を作ってくれることも多いようです。

そのため個人でライブ配信を行う場合には配信以外の雑務も多くなりますが、事務所に所属することで配信以外の雑務を事務所が請け負ってくれる可能性もあるでしょう。

結果的に、より面白いコンテンツづくりなどに集中できるようになり、リスナーが増えるような配信ができるようになる効果を得られます。

17LIVE(イチナナ)の事務所に入る方法

17LIVE(イチナナ)の事務所に入る方法ですが、基本的には以下の2つのいずれかの方法で入ることになるでしょう。

  • 17LIVE(イチナナ)事務所からのスカウトを待つ
  • 17LIVE(イチナナ)事務所に自分で応募する

まず1つめの方法として17LIVE(イチナナ)の事務所からスカウトを待つという方法があります。 17LIVE(イチナナ)では、ある程度の影響力があるライバーであればDMなどを経由して事務所所属のスカウトがくることが多いようです。

ある程度目立っているライバーであればスカウトが来ることも珍しくはないので17LIVE(イチナナ)の事務所に所属したいという人は、17LIVE(イチナナ)である程度配信を行なって人気を得ていくのも1つの方法です。

また、もう1つの方法としては自分で17LIVE(イチナナ)ライバーが所属する事務所に応募するという方法もあります。

17LIVE(イチナナ)の事務所では、公式サイトやTwitterなどを通じて、所属ライバーの募集をおこなっていることも多いようです。

また事務所主催のイベントなどに参加することによって、17LIVE(イチナナ)ライバーとして事務所からお誘いを受けることもあるでしょう。

特定の所属したい事務所があるという人は、自分で応募してみるのもおすすめです。

17LIVE(イチナナ)の事務所には怪しいところもあるので注意!

17LIVE(イチナナ)では事務所に所属することで、ライバーとしてのメリットが豊富に得られるようになっています。

しかし芸能事務所と同様に、17LIVE(イチナナ)ライバーが所属する事務所の中には怪しいところもあるので注意が必要です。

DMなどで17LIVE(イチナナ)の事務所からスカウトが来た場合でも、すぐに返信はせずに事務所に関する情報をできるだけ集めましょう。

また事務所との契約に契約書がなかったり金銭を要求されるなど、不審な行動があればすぐに関わるのをやめてください。

17LIVE(イチナナ)はまだまだ新規事業ということもあり怪しい事務所も多くなっていますので、できるだけ知名度のある安全な事務所と取引を行っていきましょう。

17LIVE(イチナナ)の事務所を分かりやすく解説まとめ

今回は、17LIVE(イチナナ)の事務所について分かりやすく解説していきました。

17LIVE(イチナナ)の事務所は、ライバーを売り出したりサポートしてくれる企業のことを指します。

ライバーとして活躍しているとDMなどでスカウトが来ることもありますので、安全を確認した上で連絡をとってみてくださいね。