LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

17LIVE(イチナナ)の台湾や中国での状況は?

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む500名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20200110221252j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む500名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20200110221252j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む500名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20200110221252j:plain

f:id:webwebweblog:20181112173426j:plain

17LIVE(イチナナ)の台湾や中国での人気状況は?

台湾や中国のユーザー数やダウンロード状況を知りたい。

17LIVE(イチナナ)で台湾人や中国人リスナーをターゲットにすることはできるの?

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

17LIVE(イチナナ)は台湾初の、日本で圧倒的シェアを誇るライブ配信アプリです。

アプリ発祥地である台湾や、17LIVE(イチナナ)ユーザー数が多いと言われる中国での利用状況はどのようになっているのでしょうか。

17LIVE(イチナナ)の台湾や中国での状況は?

2020年現在、日本ではテレビCМが放送され、人気ライブ配信アプリの地位を確立した17LIVE(イチナナ)では、多くのライバーが活躍中です。

有名になるためにエンタメを提供しファンを獲得したい、専属ライバーとして活躍したい、など夢をかなえたい方のツールとして、17LIVE(イチナナ)は多くのタレントのたまごに利用されています。

17LIVE(イチナナ)の本拠地である台湾や中国の利用状況は、どのようになっているでしょうか。

17LIVE(イチナナ)の台湾や中国での利用状況は?

17LIVE(イチナナ)の利用状況は、2015年6月のリリースから2018年6月までの間に、日本をはじめ台湾・香港・韓国・シンガポール・マレーシア・ベトナム・インドネシア・タイの世界9か国で、4,000万ダウンロード達成しています。

2020年現在さらに17LIVE(イチナナ)の利用状況は増し、世界中で4,500万ダウンロードを成し遂げ、多くのライバーが活躍しています。

一方、台湾や中国での利用状況で危惧されていたのは、17LIVE(イチナナ)のコンテンツ低下でした。

投げ銭が浸透している台湾などの中国圏では、報酬目的の若い女性による異性向けライブ配信が横行していたのです。

17LIVE(イチナナ)サービス開始時には本来の目的である「夢を叶える」「エンタメを提供する」から、大きく逸脱したサービスへしかけていました。

台湾や中国のような17LIVE(イチナナ)のサービスの利用状況では、いずれ廃れてしまうのが現実です。

コンテンツ低下を示唆した日本の17LIVE(イチナナ)運営は本来の目的からサービスが脱線せぬよう、ライバー育成システムや監視を強化するなどで、夢を叶えるアプリとして運営を続けてきました。

それに続くよう近年の台湾や中国の17LIVE(イチナナ)も、夢を叶える・エンタメを提供するアプリとしてサービスを展開しています。

17LIVE(イチナナ)の台湾や中国でのユーザー数やダウンロード状況

世界中で4,500ダウンロードを成し遂げた17LIVE(イチナナ)ですが、台湾や中国でのユーザー数やダウンロード数は明確ではありません。

ただ17LIVE(イチナナ)発祥地である台湾のユーザー数の状況は非常に多い印象で、それに伴ってダウンロード状況も多いと考えられるでしょう。

台湾と中国(香港)の17LIVE(イチナナ)は、同じライブ配信のカテゴリが用意されています。

17LIVE(イチナナ)内でカテゴリにマッチするライブ配信が行われていないないときは特定のカテゴリが自然に隠れ、ふたたび誰かがライブ配信を開始すると再表示されるしくみです。

台湾と中国(香港)でのそれぞれの17LIVE(イチナナ)のカテゴリの表示や増減状況から、常に中国(香港)よりも台湾のほうがカテゴリ数が多く、圧倒的にユーザー数やダウンロード状況も高いと考えられるでしょう。

  • 台湾:The Voice of17 有名人 Phoenix Talent ヒップホップ 時事評論 17LIVE+ 実力派歌手 楽器演奏家 引き語り歌手 占い 学生 政治 スポーツ ゲーム
  • 中国(香港):芸人 KOL 実力派歌手 楽器演奏家 ゲーム配信 Active Newcomer 政治

台湾や中国(香港)の17LIVE(イチナナ)で興味深かったのは、カテゴリに「政治」があることです。

香港は中国の特別行政区であり、たびたび紛争や論争が勃発していることなどから、若い方も政治に興味を示していることが明確ですよね。

17LIVE(イチナナ)のライブ配信を通じてリスナーを集い政治に関する生配信を行うという状況から、台湾や中国などでは17LIVE(イチナナ)が非常に意義ある使われ方をしていることが読み取れます。

そのようなことからも、台湾や中国(香港)での17LIVE(イチナナ)のユーザー数やダウンロード状況が多いことも考えられるでしょう。

17LIVE(イチナナ)の台湾や中国での認証ライバーの状況

17LIVE(イチナナ)の台湾や中国での認証ライバーの状況も変化を遂げています。

以前は17LIVE(イチナナ)認証ライバーの半数が日本人ライバーだと言われていましたが、現在の状況では台湾や中国の認証ライバーも増加中です。

台湾や中国で17LIVE(イチナナ)の認証ライバーが増加したと言う状況から、本来の「エンタメを提供する」という目的に応じた配信を行っていることが読み取れると言えるでしょう。

ただ日本の17LIVE(イチナナ)では、ほんの少しの露出も運営からの警告対象でありますが、台湾や中国のライバーのプロフィール画像の状況を確認すると、日本に比べて緩いことがうかがえます。

17LIVE(イチナナ)の台湾や中国での利用状況からターゲットにおすすめ

中国圏の中でも台湾ユーザーが多い状況の17LIVE(イチナナ)は、日本人ライバーも中国や台湾のリスナーを獲得することで、報酬獲得が見込めます。

台湾や中国圏ユーザーの中でも特に富裕層は、日本と比較しても課金に対する抵抗感が少ないため、積極的にギフトを贈ってくれると考えられています。

よって日本の17LIVE(イチナナ)ライバーも台湾や中国の利用状況を考慮し、中国圏の富裕層リスナーの獲得をめざすとよいでしょう。

台湾の公用語は中国語であるため、中国語を勉強することをおすすめします。

ライブ配信で少しづつ中国語を取り入れていくことで、17LIVE(イチナナ)の中国圏リスナーと交流し、報酬を獲得しやすくなるのではないでしょうか。

17LIVE(イチナナ)の台湾や中国での状況は?まとめ

台湾や中国での17LIVE(イチナナ)の利用状況は非常に活発です。

日本の17LIVE(イチナナ)ユーザーの利用状況は以前から変わりありませんが、台湾や中国では大幅に整備されてきました。

現在、台湾や中国の公式17LIVE(イチナナ)ライバーも多く、エンタメアプリとして重宝しています。

このような状況に応じて日本人17LIVE(イチナナ)ライバーも、中国圏リスナーを獲得できるよう、ぜひ中国語を勉強しましょう。