LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

17LIVE(イチナナ)の台湾や中国での状況は?

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181112173426j:plain

「17Live(イチナナ)の台湾や中国での状況は?人気はどのくらいあるの?」「台湾や中国での17Live(イチナナ)のダウンロード数はどのくらい?」 あなたは今、このような疑問を抱えていますね。

日本で大人気の17Live(イチナナ)は、台湾や中国での人気はどうなのか気になる方もいるでしょう。

特に台湾は17Live(イチナナ)発祥の地ですし、中国は17Live(イチナナ)人口が多いとして知られています。

では台湾や中国での17Live(イチナナ)人気について、みていきましょう。

17LIVE(イチナナ)の台湾や中国での状況は?

2015年6月にリリースした17Live(イチナナ)は、2018年6月に台湾・日本・香港・韓国・ベトナム・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシアと世界9か国でユーザー4,000万人を突破するという快挙を成し遂げています。

日本での人気も絶大で、2017年9月17Live(イチナナ)アプリリリース後、たった6ヶ月でダウンロード数が100万突破・1280%増加したと言われているほど! 17Live(イチナナ)は過去に類を見ないほどの快挙ぶりをみせ、日本のライブ配信アプリのトップに躍り出るほどの人気を占めています。

では17Live(イチナナ)の本場、台湾や中国の状況はどのようになっているのでしょうか。

17Live(イチナナ)での台湾や中国のダウンロード状況は?

日本で大人気の17Live(イチナナ)ですが、台湾や日本での人気も高いです。

正直、台湾や中国での17Live(イチナナ)アプリのダウンロード数は明確ではありません。

しかし17Live(イチナナ)アプリを開くと多くの台湾人・中国人ユーザーがライブ配信を行っていることから、17Live(イチナナ)人気は高いと言えるでしょう。

当然、台湾や中国での17Live(イチナナ)アプリダウンロード数も多いと言えます。

今数えただけでも、日本人17Live(イチナナ)ライバーが78人いるのに対し、台湾人17Live(イチナナ)ライバーは55人・中国人17Live(イチナナ)ライバーは4人いました。

多いですよね!よって日本よりも少な目ではあるものの、多くの台湾人や中国人ユーザーが17Live(イチナナ)利用していることから人気があることが伺えるでしょう。

ちなみにアメリカ人17live(イチナナ)ライバーは9人、マレーシア・トルコ人ともに1人づつですから、台湾中国人人の17Live(イチナナ)ユーザー数がどれだけ多いのかは把握できますね。

過去に17Live(イチナナ)は中国とアメリカのAPP Storeでも「248日で1000万ダウンロード達成」を誇った実績あるアプリ、と言われていることからどれほど多く利用されているのか、うかがい知ることができるでしょう。

17Live(イチナナ)での台湾や中国での人気は高い。では認証ライバー数は?

しかし台湾人や中国人の17Live(イチナナ)認証ライバー数は、日本人のたった1/2程度のようです。

その理由は、日本人と台湾人の17Live(イチナナ)を利用する目的に差があるからだと言えるでしょう。

日本人はエンタメ性あるライブ配信のため、有名人になるため、夢を叶えるために17Live(イチナナ)を利用しています。

一方台湾人や中国人17Live(イチナナ)ライバーは、SNSやお金稼ぎを目的に利用する人が多いでしょう。

夢や目的を持って利用しなければ17Live(イチナナ)認証ライバーとして承認されません。

17Live(イチナナ)ユーザー数に驚くほどの差がない17Live(イチナナ)の台湾・中国ユーザーと日本ユーザーですが、認証ライバー数に差がありますね。

その理由は、17Live(イチナナ)を利用する目的に差があることが考えられるでしょう。

17Live(イチナナ)人気やアプリダウンロード数の多さは、口コミでもうかがい知れます。

ある17Live(イチナナ)ユーザーは「台湾の友人が、台湾や中国でも17Live(イチナナ)が流行っていると言っていた」と公言しています。

日本のみならず、台湾や中国でも17Live(イチナナ)は大人気と言えますね。

台湾人や中国人ユーザーが多いことから、日本人17Live(イチナナ)ライバーの中にも、台湾人や中国人とのつながりを大切にするは多いようですね。

17Live(イチナナ)は台湾や中国でも良質なライバーが増えている

17Live(イチナナ)リリースまもなくの2015年頃、台湾や香港などの中国圏では17Live(イチナナ)がキャバクラ化している、と伝えられた時期がありました。

若い女性が大人な要素を入れてライブ配信し高額を稼ぐという事態が横行したのです。

そこで中国の17Live(イチナナ)運営は、中国アプリのダウンロードや閲覧を停止しました。

日本の10倍もの市場が期待できる中国ですが、日本の17Live(イチナナ)運営は、コンテンツの低品質化を防ぐために中国市場を捨てる、と発表。

のち中国の17Live(イチナナ)運営も規制に乗り出し、現在は台湾や中国でも日本のように17Live(イチナナ)を利用できるようになりました。

ただ単にユーザー数が多いのではなく、現在17Live(イチナナ)では良質なライバーによる高品質コンテンツのライブ配信アプリとして、現在も利用されています。

17Live(イチナナ)での台湾や中国の状況は?まとめ

17Live(イチナナ)の台湾や中国の利用状況についてまとめました。

過去に中国でアプリダウンロード数のトップを誇る17Live(イチナナ)は、現在も台湾や香港で大人気です。

日本ほどの17Live(イチナナ)人気ではないものの、多くのユーザーいるのが実情でしょう。

規制によって良質なコンテンツを維持できるアプリになれば、17Live(イチナナ)の人気維持にもつながりますよね。

ライバーさんたちは中国市場に目を付け、中国語を勉強する方も少なくありません。

夢を叶えるアプリとしてはもちろん、日本人と台湾や中国人のコミュニケーションアプリとしても利用できますね。 今後どのような展開を見せていくのか、目が離せません。