LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

SHOWROOM(ショールーム)は安全?怪しい?実際の所は?

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20190523125656j:plain

誰でも好きな時にインターネットを経由してライブ配信ができるSHOWROOM(ショールーム)は、若い世代だけではなく30代40代ユーザーも多い動画配信サービスです。

しかしこれからSHOWROOM(ショールーム)を利用しようと考えいている人の中には、SHOWROOM(ショールーム)の安全性について気になっているという人もいるのではないでしょうか。

自分の顔を公開して生放送を行うSHOWROOM(ショールーム)は安全に利用することができるのでしょうか。

ここでは、SHOWROOM(ショールーム)は安全?怪しい?実際の所はどうなのかについて詳しく調べてみました。

SHOWROOM(ショールーム)は安全?怪しい?実際の所は?

ライブ動画配信サービスのSHOWROOM(ショールーム)は、アーティストやアイドルなどの芸能人だけではなく、個人がライブ配信を行えるサービスです。

個人の力でファンを集めたり、お小遣い稼ぎができるということもあり、10代20代の若い層でも利用者が多くなっています。

しかし個人がライブ配信を行うのに当たってきになるのが、SHOWROOM(ショールーム)の安全性ですよね。

SHOWROOM(ショールーム)では、サービス自体にある程度の安全対策は取られている

個人がライブ配信を行えるSHOWROOM(ショールーム)ですが、全て個人が自由に動画を配信できるという訳ではなく、ある程度のルールが決められています。

例えばヌードや水着などのわいせつ行為と見なされるような配信は禁止されていますし、他人の悪口などの誹謗中傷行為に関しても禁止されているようです。

また動画を通して異性交際を迫ったり、麻薬や違法行為に関して肯定するものなのも禁止されています。

さらに動画配信のルールとして、動画の配信時間によっては年齢制限も行われる仕組みです。

毎日22時から朝の5時までは18歳以下は利用できないようになっており、若い世代に向けてもある程度の安全対策はされているといえるでしょう。

SHOWROOM(ショールーム)では安全対策がされているが、自分で対策を行うことも必要

このようにSHOWROOM(ショールーム)では、ある程度の安全対策が行われており、違反行為を行なったユーザーは強制退会などのペナルティを受けることになるでしょう。

しかしSHOWROOM(ショールーム)はあくまでも個人が動画配信を行うサービスであるため、SHOWROOM(ショールーム)側がユーザーを守りきれない部分もあります。

SHOWROOM(ショールーム)は、一般の方でも顔を晒して動画を配信することになるため、ファンが多くなってくるとつきまとい行為や嫌がらせなどのストーカー行為に発展する可能性も少なからずあるでしょう。

特に動画の内容から、地元バレや身バレしてしまい住所や職場、学校などを特定されてしまう危険性もあるので、特に以下のようなことに注意しながら動画配信を行うようにしてください。

SHOWROOM(ショールーム)を安全に利用するために動画配信時の背景に気をつける

SHOWROOM(ショールーム)で動画配信を行う人の多くが、自宅から動画配信を行なっています。

そして動画配信中に、部屋の窓の外の風景が写り込んでいる場合などには背景から住所を特定されてしまう可能性があるでしょう。

また部屋の内装が特徴的な場合には、その内装が原因で自宅がバレてしまう可能性もあります。

SHOWROOM(ショールーム)で動画配信を行う場合には、シンプルな白い壁とか場所が特定されにくい背景で配信を行なっていくことが重要です。

SHOWROOM(ショールーム)を安全に利用するために学校や職場についての話はしない

動画配信をしていると、話すネタとして自分の学校のことや職場で起こった出来事などを話したいという人もいるかもしれません。

しかし話す内容によっては、職業や学校のある程度の場所などが特定されてしまう可能性もあるでしょう。

ライブ動画はリアルタイムで発信していくため、言葉選びに戸惑ってついつい個人情報がわかるネタなどを話してしまうということもあります。

動画配信をする際には、自分の仕事のことや学校のことにはできるだけ触れないように心がけて身元の安全を自分で管理していくようにしましょう。

SHOWROOM(ショールーム)を安全に利用するために地元が特定されるような話もしない

学校や職場の話以外にも身元がバレてしまう可能性のあるネタというものはあるものです。

例えば、地元のお祭りの話題などに関しては、かなり細かく住んでいる地域を特定されてしまう可能性があるでしょう。

また特徴的な方言のある地域などにお住いの方の場合にも身バレしてしまう可能性が高くなります。

方言で自分を表現するという人もいますが、より安全に利用したいという人であればできるだけ標準語でライブ動画配信中は話すことをおすすめします。

話すネタが限定されると逆に話しにくいという人も多いと思いますが、ライブ配信を行う前にある程度話す内容は決めておき、放送事故を未然に阻止するよう心がけましょう。

SHOWROOM(ショールーム)は安全?怪しい?実際の所は?まとめ

今回は、SHOWROOM(ショールーム)は安全?怪しい?実際の所はどうなのかについて詳しく解説してきました。

SHOWROOM(ショールーム)は未成年も利用できるライブ配信動画サービスですが、国内企業が提供しているサービスであり放送に関する禁止行為や未成年の配信可能時間なども厳しく決められています。

そのため、ライブ動画配信サービスの中では比較的安全に利用できるサービスであるといえるでしょう。

ただしサービス自体には問題がなくても、動画配信をする側の発言や行動によって危険を招いてしまう可能性も十分に考えられます。

SHOWROOM(ショールーム)で動画配信を行う際には、個人が特定されるような行動や発言に十分注意しながら行うようにしてください。