LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

SHOWROOM(ショールーム)のビジネスモデルを分かりやすく解説

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20190523125656j:plain

これまでの動画配信サービスの常識を大きく変えて登録者数を増やしているSHOWROOM(ショールーム)。

そんなSHOWROOM(ショールーム)が、どうしてこれほどまでの人気になったのかが気になっているという人も少なくないはずです。

2014年からスタートしたSHOWROOM(ショールーム)ですが、どのようなビジネスモデルを持ってここまで事業を拡大してきたのでしょうか。

ここではSHOWROOM(ショールーム)のビジネスモデルについてわかりやすく解説していきます。

SHOWROOM(ショールーム)のビジネスモデルを分かりやすく解説

SHOWROOM(ショールーム)は、スマホやパソコンからアカウント登録を行うことで誰でもオンラインでライブ動画の配信ができるサービスです。

Youtube(ユーチューブ)やニコニコ動画などの動画配信サイトの大手がある中で、SHOWROOM(ショールーム)は比較的新しめのサービスとなっていますが、着実にユーザー数を増やし若い層を中心に高い人気をえています。

一度配信を行うとハマってしまう人も多いというSHOWROOM(ショールーム)。

またSHOWROOM(ショールーム)で見つけた配信者のファンになってしまうという人も多く、熱狂的なユーザーを増やしている傾向があります。

SHOWROOM(ショールーム)のビジネスモデル なぜ配信者に人気があるのか?

アイドルやモデル、アーティストなども配信を行う中で、SHOWROOM(ショールーム)は一般の方でも気軽に動画配信を行うことができるようになっています。

現在では動画配信サービスには数多くの企業が参入していますが、その中でもSHOWROOM(ショールーム)を選んで配信していくという人は多いようです。

ではなぜ、配信者は数多くの動画配信サービスの中でSHOWROOM(ショールーム)を選んで配信を行うのでしょうか。

多くのユーザーがSHOWROOM(ショールーム)で配信をしている大きな理由となっているのが、配信に対する視聴者からのレスポンスが確認できる速さだといえます。

多くの動画配信サイトやライブ動画配信サイトでは、視聴者数やコメント、何かしらのアクションなど文字や数字にて現在の視聴者数や配信ルームの盛り上がりを配信者が確認できるようになっているといえるでしょう。

しかしSHOWROOM(ショールーム)の場合には、動画配信を行う「ルーム」と呼ばれる空間に視聴者が入室すると、視聴者の分身であるアバターが空間に登場します。

視聴者が増えていくごとにアバターの数も増えていくので、ルームの盛り上がりを視覚的にひと目で確認することができるのです。

加えて視聴者からのコメントやギフトとポイントのプレゼントなどによって、さらに配信を盛り上げていくことができます。

自分のやり方次第で視聴者をより多く集めたり、収益やファンを増やすことができるという点では、配信場所として長期的に利用していくユーザーが多くなっていくようです。

SHOWROOM(ショールーム)のビジネスモデル なぜ視聴者に人気があるのか

SHOWROOM(ショールーム)はライブ動画を配信する配信者だけではなく、動画を視聴する視聴者側からも人気があります。

SHOWROOM(ショールーム)では、AKBグループのメンバーやお笑い芸人、アーティストなどの芸能人や有名人が動画配信を行なっているという魅力ももちろんあるようです。

しかしこのような芸能人・有名人以外でも全くの無名の状況から多くのファンを作って配信をしているという一般の方も多くなっています。

そして視聴者がこのような配信者に魅了されてしまう理由の多くが、夢を追いかけて一生懸命頑張る動画配信者を応援したいという気持ちにさせられるという点でしょう。

また実際に応援したいと思う配信者に対して視聴者はコメントを残したりギフトを贈ったりすることができます。

さらにコメントやギフトを受け取った配信者は、視聴者のアクションに対してライブ中に反応してくれることも多いようです。

このように視聴者と配信者の距離が近いという部分がより配信者を身近に感じられるようになり、ライブ自体に一体感が生まれハマってしまうというリピーターが多くなっています。

SHOWROOM(ショールーム)のビジネスモデルは「投げ銭ライブ」

SHOWROOM(ショールーム)のビジネスモデルは、一言で言ってしまうと投げ銭ライブだといえます。

街頭や駅前などで弾き語りなどを行うアーティストの曲を聞いて、通りがかりの人が投げ銭を投げてくれるというイメージです。

SHOWROOM(ショールーム)で配信者がファンを作るという行為は、街頭ライブを行うアーティストの演奏を偶然聞いてファンになり、そこからライブがあるごとに足を運んでくれるようになるという行動に似ています。

このような現実世界で起こっていた一連の行為をオンライン上で再現しているのが、SHOWROOM(ショールーム)であるといえるでしょう。

SHOWROOM(ショールーム)のビジネスモデルを分かりやすく解説まとめ

今回は、SHOWROOM(ショールーム)のビジネスモデルを分かりやすく解説してきました。

SHOWROOM(ショールーム)のビジネスモデルは投げ銭ライブやライブハウス、スナックだと言われることが多くなっています。

実際にSHOWROOM(ショールーム)の配信をする人や視聴をするのが日課となっている人も多いようです。

今後もSHOWROOM(ショールーム)の利用者は増加していくことが見込めるでしょう。