LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)に足跡機能はある?ない?詳しく解説

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

TikTok(ティックトック)に足跡機能はあるのでしょうか。

もしないとしたら、自分の動画を視聴するユーザーの動きを知る方法はあるのでしょうか。

動画配信する場合、やはりリスナーの閲覧状況などの動きが気になるものです。

ファンを増やすために、個々のユーザーの好みの動画などの情報を知っておくことは、ファン獲得のためにかかせません。

中にはファンを装い悪意を持って近づく人もいるのが現実です。

自分の身を守るために、足跡機能をチェックして、おかしな動きがあれば対策しておきたいところでしょう。

ここではTikTok(ティックトック)の足跡機能についてご紹介します。

TikTok(ティックトック)に足跡機能はある?ない?詳しく解説

TikTok(ティックトック)に足跡機能はある?ない?

結論から言いますと、TikTok(ティックトック)には足跡機能がありません。

同じ動画を何度視聴しても、配信者にバレることはないのです。

実はTikTok(ティックトック)だけでなくTwitterやインスタにも足跡機能は用意されていません。一昔前に流行したSNSには当然のように足跡機能がついていました。

しかし現在では、多くのサービスについていないのが実情でしょう。

TikTok(ティックトック)の足跡機能の代わりとして役立つ機能

足跡機能がないメリットは、配信者の目を気にすることなく同じ動画を何度も観ることができることでしょう。

ひそかに思いを寄せる相手に知られることなく、視聴できるのはTikTok(ティックトック)リスナー側のメリットと言えます。

ただTikTok(ティックトック)配信者は足跡機能によって「気になるあの人は動画を観てくれたのか」ということをチェックできなくなってしまいました。

また逆に投稿動画の足跡がなくなってしまい、悪意ある人が近づいていることを察知しにくくなってしまったのも実情でしょう。

足跡機能に代わるものがないのかを探したところ、TikTok(ティックトック)ではプロフィール画面で以下の情報がチェックできます。

  • 各動画の視聴人数
  • 過去に視聴した動画
  • いいねをした動画
  • いいねしてもらった数
  • フォローしている人数
  • フォロワー数

ただしこれら6つの機能は配信者やリスナーのアクションによってわかる情報であり、ただ動画を視聴するだけでついてしまう足跡機能とは違います。

しかしこれらの情報から配信者やリスナーそれぞれが気に入っているTikTok(ティックトック)ユーザーや動画の傾向、交流あるユーザーなどを読み取ることができます。

よって足跡機能の代わりとして多少参考になるはずです。

特にTikTok(ティックトック)の足跡機能の代わりとして役立つ機能は、以下になります。

TikTok(ティックトック)の足跡機能の代わりにいいねした人を特定する方法

自分の動画に誰がいいねしたのかは、マイページからは確認できません。

しかし他のユーザーの画面から、これまでに視聴した動画と、いいねした動画を確認することができます。

相手のプロフィールを開くと、視聴した動画と「いいね」した動画が表示されます。

動画を観てくれたユーザーを予測できる場合に、足跡機能の代わりとして役立つ機能だと言えるでしょう。

動画を観られたくないTikTok(ティックトック)ユーザーはプライベートアカウントをオンに

脅すようなことを言われた、しつこく連絡が来る、あまり観られたくない人がいる…など、動画を観られたくないユーザーがいる場合は、プライベートアカウントをオンにしましょう。

1.「マイページ」→「画面右上の三本線アイコン」→「設定」→「プライバシー設定」をタップ

するとTikTok(ティックトック)のプライバシー設定画面が表示されます。

2.「非公開アカウント」をオンにする

これで承認した人以外はフォローや、TikTok(ティックトック)動画を観ることができなくなります。

このページではその他にも動画のダウンロードやコメント、デュエットやコラボ、メッセージの送信、いいねリストの公開、コメントフィルター、ブロックリストなどの公開範囲が設定できます。

自分のニーズに合わせて設定できるのが魅力ですね。

TikTok(ティックトック)に足跡機能はある?ない?詳しく解説まとめ

TikTok(ティックトック)アプリの足跡機能についてご紹介しました。解説した通り、足跡機能は用意されていません。

多くのSNSから足跡機能がなくなってしまった理由は、気軽にSNSを使えるようにするためなのだそうです。

しかし足跡機能を知っている世代や、あったほうがよかったというTikTok(ティックトック)ユーザーもいるのが事実でしょう。

足跡機能については賛否両論ですが、ないのが現実ですので確認したい場合は、こちらのページで紹介した使い方を参考になさるといいかもしれません。

足跡機能がないことによって悪意あるTikTok(ティックトック)リスナーが近づきやすくなっているのも事実です。

そのような場合は、プライベートアカウントの活用をおすすめします。

知人にしか公開されないので、悪意ある人の動画視聴や保存を防げます。

人気が出るほど危険が高まりますので、セキュリティを徹底したい方におすすめですよ。

TikTok(ティックトック)は自分のニーズに合わせて設定できますので、ぜひ取り入れてください。