LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)は安全?怪しい?実際の所は?

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

TikTok(ティックトック)は、10代20代の若い層を中心に広がりを見せている動画音楽コミュニケーションアプリです。

そんなTikTok(ティックトック)に興味を持っているという人も多いのではないでしょうか。

TikTok(ティックトック)では動画を通して他のユーザーと繋がることができ、友達が増える、ファンを増やせるなどのメリットがあります。

しかし、プライベート動画を投稿することでコミュニケーションアプリのTikTok(ティックトック)は、安全に利用できるのでしょうか。

そこで今回は、TikTok(ティックトック)は安全?怪しい?実際の所はどうなのかについて詳しく調べてみました。

TikTok(ティックトック)は安全?怪しい?実際の所は?

TikTok(ティックトック)は、10代20代の若い層を中心に登録者数を増やしている動画音楽SNSアプリです。

提供元は、中国のBytedanceというメディア企業であり、アジア圏を中心にTikTok(ティックトック)を展開しています。

TikTok(ティックトック)は動画を投稿していくことでフォロワーを増やしたり、コメントやメッセージの交換、動画間でのコラボなども可能です。

動画投稿の気軽さや、若年層のユーザー数の多さなどから他のSNSよりもフォロワーが付きやすいという特徴があります。

そのため以前からTwitterやInstagramをやっていた人でも、後から始めたTikTok(ティックトック)のフォロワー数が圧倒的に多いという人も多いものです。

このように気軽にフォロワー数が増えて友達やファンを増やせるというのも、TikTok(ティックトック)の人気の理由の1つになっています。

動画投稿を通してフォロワー数を増やすことのできるTikTok(ティックトック)ですが、動画投稿の際には自分の動画を載せるという人が圧倒的に多くなっています。

撮影した動画を自分だけが見られるようにしておくなどの制限を設けていない限り、不特定多数の人に動画を見られる可能性が高いといえるでしょう。

このような状況からTikTok(ティックトック)では、以下のようなリスクがあると考えられます。

不特定多数に自分の顔を公開することになる

TikTok(ティックトック)では、音楽に合わせて踊っている動画の投稿がかなり多くなっています。

その動画は、かなりの確率で顔出ししている人が多いといえるでしょう。 顔出しした動画を投稿するということは、ネット上の不特定多数の人に自分の顔を公開するという行為になります。

後々その動画を削除したとしても、誰かが動画を保存しており複製を作られて仕舞えば完全に削除することはできません。

そのため半永久的に自分の投稿した動画が、ネット上に出回ってしまう可能性もあるのです。

マナーの悪い人に絡まれる可能性がある

動画を投稿することで友達や自分のファンを増やすことができるTikTok(ティックトック)ですが、マナーの良い人たちだけとは限りません。

中には誹謗中傷のようなコメントをしてくる人や、出会い目的でメッセージを送ってくるマナーの悪い人も利用しています。

SNS上でこのようなマナーの悪い人の相手をするのは、精神的に消耗していくことになるでしょう。

また口論などのトラブルがエスカレートし、ストーカー行為などに発展してしまう可能性もゼロではありません。

このように動画を投稿することで、厄介な人に絡まれてしまうリスクもあるのです。

住まいや学校などの行動範囲を特定される

TikTok(ティックトック)は顔の公開だけではなく、動画を撮影している場所の背景などから住まいや学校などを特定される危険性もあります。

また、設定で位置情報をオンにしている場合、プロフィールなどに大まかな住まいの地域が公開されてしまう可能性もあるのです。

このようなことからストーカー行為などに発展する危険性もあり、知らないうちに見知らぬ人から被害を受ける危険性もあるといえるでしょう。

TikTok(ティックトック)を安全に利用するためにできること

ここまでTikTok(ティックトック)は安全なのか怪しいのかを検証するために、TikTok(ティックトック)で起こり得るリスクの一部を紹介してきました。

紹介したリスクがある限り、TikTok(ティックトック)が100%安全であるとは言い切れません。

しかしTikTok(ティックトック)をできるだけ安全に利用するために、プライバシー設定を行うことも可能です。

プライバシー設定では、動画の公開範囲やメッセージの送受信制限などを設けられるようになっており、安全面の対策を行うこともできるようになっています。

TikTok(ティックトック)は安全?怪しい?実際の所は?まとめ

TikTok(ティックトック)は安全?怪しい?実際の所はどうなのかについて調べてきました。

TikTok(ティックトック)の運営元は中国の企業であり、テレビCMなど広告にかなりの経費をかけていることからも大きな企業が運営していることがわかります。

しかしTikTok(ティックトック)の特性上、顔を公開することで不特定多数の人に絡まれたり、自宅などがバレてしまう可能性もゼロではありません。

安全にTikTok(ティックトック)を楽しむためには、プライベート設定などで安全性を高め自分の身は自分で守れるよう注意を払うようにしましょう。