LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

世界中でユーザー数を飛躍的に伸ばしている動画配信アプリのTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)を収益化させるビジネスを考えているという人もいるでしょう。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルには現在どんなものがあるのでしょうか。

ここではTikTok(ティックトック)のビジネスモデルを分かりやすく解説していきます。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルの種類

TikTok(ティックトック)では2022年現在、ビジネスモデルとしては以下のような内容が主流になっています。

  • TikTok(ティックトック)にて企業案件を受けて広告収入を得る
  • TikTok(ティックトック)のライブ配信で投げ銭を受ける
  • TikTok(ティックトック)からYoutube(ユーチューブ)へ誘導して広告収入を得る

それでは1つずつ詳しくみていきましょう。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデル 企業案件を受けて広告収入を得る

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルの1つめが、企業案件を受けて企業からの報酬を得るという方法です。

TikTok(ティックトック)ではフォロワー数やいいね数の多いインフルエンサーを対象に企業が「商品をTikTok(ティックトック)上で紹介してほしい」という依頼がきます。

依頼を受けたTikToker(ティックトッカー)が、対象となる商品などをTikTok(ティックトック)動画などで紹介すると、企業から報酬がもらえるという制度です。

コスメ系やダイエット系などの企業案件が人気となっていますが、企業が紹介する商品のイメージに合うインフルエンサーを探しており、企業側からのオファーが収益化につながります。

インフルエンサーとしての影響力にもよりますが、かなり有名にならないと企業案件だけで大きな収益を得るのは難しいようです。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデル ライブ配信で投げ銭を受ける

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルとして新たに登場した2つめの方法が、ライブ配信で投げ銭を受け取るという方法になっています。

「投げ銭」システムとは、ライブ視聴者がTikTok(ティックトック)に課金して課金分で購入した仮想上のギフトをライブ配信者にプレゼントすることでライブ配信者が報酬を受け取れるというシステムのことです。

他のライブ配信アプリなどでは主流なビジネスモデルとなっていましたが、2021年にTikTok(ティックトック)も投げ銭システムのビジネスモデルを採用するようになりました。

ただしTikTok(ティックトック)でのライブ配信は誰でも行えるわけではなく、最低限の条件として16歳以上のユーザーであることが条件となっています。

またフォロワー数や投稿している動画の品質などもライブ配信が行えるかどうかの条件になっていますが、具体的な条件や基準は非公開となっているようです。

基本的には16歳以上で、TikTok(ティックトック)運営からインフルエンサーと認められるようなユーザーがライブ配信で投げ銭を受けられると考えておくのがよいでしょう。

また投げ銭の還元率は30%前後といわれているので、こちらもかなりの額を稼がないとまとまった収入にはなりにくいといわれています。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデル Youtube(ユーチューブ)へ誘導して広告収入を得る

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルの中で単体で最も高額の収益を出せる可能性があるのがYoutube(ユーチューブ)への誘導による広告収入です。

TikTok(ティックトック)である程度フォロワーを稼いでファンを作った状態で、ファンをYoutube(ユーチューブ)に誘導して広告収入を得るビジネスモデルになっています。

TikTok(ティックトック)ではいくら試聴されても再生数や試聴回数により直接収益化することはできませんが、Youtube(ユーチューブ)であれば試聴によって広告をみてもらうことで収益化することが可能です。

Youtube(ユーチューブ)ではまとまった収益を稼ぐユーザーも多くなっていますので、TikTok(ティックトック)から誘導することで収益化しやすいビジネスモデルだといえるでしょう。

ただしTikTok(ティックトック)とは別にYoutube(ユーチューブ)チャンネルの開設やYoutube(ユーチューブ)専用のコンテンツ作りが必要になってきます。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルに関わらず収益化するならフォロワー数やいいねの数が重要

TikTok(ティックトック)では複数のビジネスモデルが存在しますが、どのビジネスモデルを利用する場合でもユーザーアカウントにある程度の影響力がなければ収益化はできません。

TikTok(ティックトック)上ではフォロワー数やいいねの数、再生回数などが重要になってきますので、フォロワーが楽しめるコンテンツづくりが重要になってきます。

他のTikTok(ティックトック)インフルエンサーなどを研究しながら、自分のビジネスモデルを作っていくのがよいでしょう。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを分かりやすく解説まとめ

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを分かりやすく解説してきました。

TikTok(ティックトック)には複数のビジネスモデルが存在し、単体で収益化したり組み合わせ収益化することができるようになっています。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルはフォロワー数やいいねの数、再生回数などがハードルとなってきますので、マネタイズ戦略をしっかり考えていきましょう。