LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

ここ数年で飛躍的にユーザー数を伸ばしている動画配信アプリとして有名なTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)をこれからビジネスに使っていきたいという人もいるでしょう。

しかしTikTok(ティックトック)はYoutubeのように広告収入を発生さることはできないと言われており、他のSNSと比べるとビジネスモデルが不明瞭であると感じている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、TikTok(ティックトック)のビジネスモデルについてわかりやすく解説していきます。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)といえば、Youtube(ユーチューブ)のような広告収入などのビジネスモデルがこれまで用意されていないSNSでした。

そのため「TikTok(ティックトック)にはビジネスモデルはない」・「TikTok(ティックトック)でビジネスモデルを作るのは難しい」ともこれまでいわれてきたようです。

しかし登録者数が爆増しているTikTok(ティックトック)だからこそ、TikTok(ティックトック)のみを使って直接的にマネタイズするビジネスモデル以外にも、

外部サービスなどとかけあわせながら収益化するビジネスモデルなどがあります。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデル ライブ配信の投げ銭で収益化する

これまで「TikTok(ティックトック)だけを使った収益化のビジネスモデルはない」といわれていましたが、2021年3月よりTikTok(ティックトック)のみを使った収益化のビジネスモデルである投げ銭システムがスタートしました。

TikTok(ティックトック)の投げ銭システムとは、TikTok(ティックトック)でのライブ配信中にお気に入りのTikToker(ティックトッカー)に向けてユーザーがギフティングという行為を行うことで、ライブ配信を行うTikToker(ティックトッカー)に投げ銭が入るというシステムです。

ギフティングとは、お気に入りのTikToker(ティックトッカー)に仮想上の「ギフトを贈る」という行為を指し、贈るための仮想上のギフトはTikTok(ティックトック)内の課金システムを使って購入うすることになります。

得に歌手やアイドル、ダンサー、楽器演奏者などのパフォーマーであれば、収益化しやすいTikTok(ティックトック)のビジネスモデルだといえるでしょう。

ファンが多い人気商売を専門とする人であれば、おすすめのTikTok(ティックトック)ビジネスモデルになっています。

これまで直接的なマネタイズ方法がなかったTikTok(ティックトック)で登場した投げ銭システムにより、より大きなお金を使ってくれる30代以上の層がTikTok(ティックトック)のメインターゲットになっていくのでは、というマーケットの変化も予測されているようです。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデル インフルエンサーとして企業からの広告収入

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルには、2021年よりライブ配信での投げ銭によるビジネスモデルが導入されました。

しかし投げ銭システムが導入されるまで、TikTok(ティックトック)で収益化できるビジネスモデルがなかったかというと、全くなかったわけではないようです。

特に投げ銭システムが導入される前まで主流であったTikTok(ティックトック)のビジネスモデルとしては、インフルエンサーとして広告収入を受け取るというものがあります。

インフルエンサーとして広告収入を得るというビジネスモデルは、現在でも多くのTikToker(ティックトッカー)が活用しているようです。

ただし企業からの広告収入を得る方法は、誰でもビジネスモデルとして成立するわけではなく、「フォロワー数が多い」ことや「特殊な能力(特技)などの動画をTikTok(ティックトック)上で投稿している人の方が企業からの声がかかりやすくなっています。

インフルエンサーに企業の商品を実際に利用して評価・宣伝してもらうことで、商品の売り上げが伸びることが見込めるので、その謝礼として広告収入を得るというしくみです。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデル マネタイズできる外部サービスへの誘導

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルとして、企業案件の広告収入と同様にマネタイズできる方法に、外部サービスへの誘導というものがあります。

たとえば、TikTok(ティックトック)のフォロワーを自分のYoutube(ユーチューブ)チャンネルに誘導して、Youtube(ユーチューブ)動画を視聴してもらうことで広告収入を得るというようなビジネスモデルです。

収益率の高いSNSなどに誘導することで、TikTok(ティックトック)を入り口として間接的に収益化することができるでしょう。

ただしTikTok(ティックトック)から他のSNSへの誘導によるマネタイズのビジネスモデルは、難易度が高く、強烈な個性や中毒性のある動画作りなどのスキルが必要になってくるようです。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを分かりやすく解説まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを分かりやすく解説してきました。

TikTok(ティックトック)では直接的なマネタイズ方法として、ライブ配信による投げ銭システムが2021年新たに導入されました。

その他にも企業案件の広告収入やマネタイズできる外部SNSへの誘導などにより、収益化できるビジネスモデルもありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。