LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む500名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20200110221252j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む500名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20200110221252j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む500名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20200110221252j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

10代20代を中心に人気となっているスマホアプリのTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)をこれからビジネスにつなげていきたい、または人気の秘密を知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを分かりやすく解説していきます。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを分かりやすく解説

近年若年層を中心に爆発的な人気を誇っているTikTok(ティックトック)は、動画を投稿してユーザー同士がコミュニケーションを取れるスマホアプリです。

Youtubeなどと似ている部分もありますが、Youtubeとの大きな違いは1件投稿する動画の長さだといえるでしょう。

Youtubeの場合、多くのYoutuberは数分〜数十分ほどの動画を投稿することが多くなっています。

しかしTikTok(ティックトック)の場合は、1つの動画が15秒から長くても60秒以内に収まっているというのが大きな特徴です。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデル 現在のところ直接的なマネタイズ方法が曖昧

同じ動画配信サービスのYoutubeの場合、Youtubeを利用したビジネスモデルとして広告収入がありますよね。

自分の投稿した動画を視聴するために付随する広告を見てもらうことで、広告主からの報酬を得るというスタイルになっています。

人気のYoutuberの動画を視聴していると、たびたびCMのように広告を挟んでくるのはこのためです。

しかしTikTok(ティックトック)では、このYoutubeのような広告収入でビジネスを行うという方法は採用されていません。

よってTikTok(ティックトック)のビジネスモデルとして広告収入を狙うのは難しいといえるでしょう。

また、同じショート動画配信サービスである「17LIVE(イチナナ)」の場合には、「投げ銭」というシステムが採用されておりマネタイズすることが可能です。

「17LIVE(イチナナ)」のビジネスモデルとしては、動画を視聴しているユーザーがオンライン上でアイテムを購入して動画を投稿しているユーザーにプレゼントすることで、動画を投稿しているユーザーが収入を得られるというシステムになっています。

投げ銭を行うことで、アイテム購入費用の何割から「17LIVE(イチナナ)」の収益となり、残りがプレゼントを受け取ったユーザーの収益になるのです。

ショート動画を配信するサービスとしては一番シンプルなビジネスモデルですが、TikTok(ティックトック)には17LIVE(イチナナ)」のような投げ銭のビジネスモデルも採用されていません。

よって、TikTok(ティックトック)では、現在のところ決定的なマネタイズができるようなビジネスモデルはないといえるでしょう。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルは今後はっきりと決定していく可能性がある

TikTok(ティックトック)には広告収入も投げ銭のシステムもなく、マネタイズできるビジネスモデルがはっきりしていない部分があります。

特定の企業の商品を紹介するというビジネスモデルもありますが、15秒という短い動画の中での商品紹介もあまり現実的ではありません。

しかしTikTok(ティックトック)はテレビCMに女優の上戸彩(34歳)を採用するなど、現在ターゲットとなっている10代20代よりも上の年齢層をターゲットに変えてきているという動きが見られます。

このようなテレビCMの変化などを見ていると、より多くのお金が利用できる年齢層をターゲットとすることで何かしらのビジネスモデルを模索しているというTikTok(ティックトック)側の動きが予測できるでしょう。

今後TikTok(ティックトック)の見込みユーザーとなる30代以上を取り込むことで、ビジネスモデルがはっきりとしてくる可能性は十分にあるのです。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルはYoutubeよりも簡単かもしれない

まだまだビジネスモデルが曖昧なTikTok(ティックトック)ですが、一度マネタイズできるシステムが完成すれば、現在のYoutubeよりもマネタイズしやすいビジネスモデルが生まれる可能性があるでしょう。

その大きな理由としては、Youtubeと比較した時の動画投稿のハードルの低さにあります。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを活用しやすいのには投稿する動画の短さにある

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルが完成した時に、TikTok(ティックトック)に参入しやすくなる大きな理由となるのが、投稿する動画の短さでしょう。

1件の投稿動画は15秒から60秒程度で収まるようになっていますので、Youtubeに比べて撮影の手軽さが投稿者の負担を軽減します。

短い動画ですので撮影に手間が掛からず、大掛かりな機材なども不要だといえるでしょう。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを活用しやすいのには口パクOKというルールがある

またYoutubeなどの場合には、最初から投稿する動画のテーマや構成を自分で考える必要があります。

しかしTikTok(ティックトック)の場合は、予めTikTok(ティックトック)側で用意されている楽曲を利用して口パクするだけでも1つの動画が完成します。

また決められたパターンのダンスを踊るだけでいいなど、動画投稿のハードルを大きく下げているビジネスモデルだといえるでしょう。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを活用しやすいのには特殊効果が利用し放題という点がある

TikTok(ティックトック)がビジネスモデルとして活用しやすいのには、動画の短さや基本ルールが決まっているので動画が撮影しやすいという点の他に、特殊効果が誰でも簡単に利用できるというものもあります。

口パクで撮影した15秒ほどの動画に、桜吹雪を吹かせたり雨を降らせたり、髪の色を変えてみたりなど様々な特殊効果が簡単に利用できるのです。

動画投稿の手軽さに加えて動画加工の簡単さや楽しさがあるため、動画投稿がしやすくビジネスモデルとして人を集めやすくなっています。

TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを分かりやすく解説まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)のビジネスモデルを分かりやすく解説してきました。

TikTok(ティックトック)のマネタイズを目的としたビジネスモデルは現在のところはっきりしていません。

しかし、ターゲットとなる年齢層を上げたいという動きから、収益化への動きも出てきているようです。

今後もTikTok(ティックトック)の変化をこまめにチェックしていくのが良いでしょう。