LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)の秒数や秒数を増やす方法は?

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

10代20代の若年層を中心に世界的にユーザー数を伸ばしている動画配信アプリのTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)では15秒程度の動画を撮影して配信するというスタイルがこれまで主流でした。

しかしTikTok(ティックトック)を使って15秒以上の長い動画を作って投稿したいという人もいますよね。

そこで今回は、TikTok(ティックトック)の秒数や秒数を増やす方法について詳しく調べてみました。

TikTok(ティックトック)の秒数や秒数を増やす方法は?

TikTok(ティックトック)の秒数は15秒または60秒が主流

もともとTikTok(ティックトック)が登場した当初は、1つの動画投稿は15秒までという秒数制限がありました。

投稿する動画の秒数をできるだけ短くして、より動画投稿を気軽に行いやすくするためです。

しかしTikTok(ティックトック)でもユーザー数の増加や、動画を投稿するTikToker(ティックトッカー)自体の動画のレベルアップに伴い、「もっと長い秒数の動画も投稿できるようにしてほしい」というニーズが広がりはじました。

その結果、TikTok(ティックトック)の秒数は、数年前から15秒と60秒の2種類が選べるようになったのです。

TikTok(ティックトック)ではあらかじめ細かな秒数を自分で設定することはできませんが、現在のところ15秒と60秒のいずれかから好きな方を選んで動画投稿ができるようになっています。

TikTok(ティックトック)の秒数を選択する方法

それでは実際にTikTok(ティックトック)の秒数を選択して動画を投稿する方法をみていきましょう。

  • TikTok(ティックトック)アプリを立ち上げて画面下部に表示されている「+」をタップして撮影画面を表示させてください
  • カメラ・マイクのアクセス許可を行うと、動画撮影画面が表示されます
  • 撮影画面が表示されると、画面下部に「15秒モード」「60秒モード」というそれぞれの選択ボタンが表示されますので、撮影したい秒数を選択します
  • 秒数の選択が完了したら、エフェクトやスタンプの選択を行い、BGMを選択した上で撮影を開始しましょう
  • 「15秒モード」を選択すれば最長15秒の動画が撮影でき、「60秒モード」を選択すれば最長60秒の動画が撮影可能になるでしょう

動画を撮影するタイミングで秒数は選択できますので、好きな秒数を選択して撮影にチャレンジしてみてください。

TikTok(ティックトック)の秒数は15秒よりも60秒の方が難易度が高い

TikTok(ティックトック)の動画は15秒だと物足りないと思っていた人でも、実際に60秒の動画を撮影してみると、撮影の難易度が高いと感じる人もいるようです。

実さにTikTok(ティックトック)では、細かくコマ割りなどをしながらエフェクトやスタンプを駆使して、動画を撮影しているという人も多いものです。

数秒ごとにテクニックを使い分けながら撮影しているという人も多いため、最長の60秒で撮影を行うと「ネタ切れになる」と感じる人もいます。

15秒だと物足りなさを感じる人で60秒だと長すぎるという人は、撮影時に60秒モードを選択した上で、撮影画面したに表示される赤丸ボタンで撮影秒数を微調整していきましょう。

TikTok(ティックトック)の秒数は2021年7月より最長3分に!

TikTok(ティックトック)の登場当初は、最長で15秒の動画撮影のみが行えるようになってしました。

そして数年前からTikTok(ティックトック)では、60秒という撮影時間も増えて「15秒」「60秒」のいずれかの撮影時間をユーザー側が選択できるようになったのです。

しかし再びTikTok(ティックトック)のユーザー数の増加や、より多くのユーザーのニーズに応えるために、2021年7月よりTikTok(ティックトック)の撮影制限時間がさらに延長されました。

そして2021年7月より、「最長3分」というこれまでの3倍の時間の動画投稿ができるようになったのです。

米国時間の2021年7月1日にリリースされた最長3分というTikTok(ティックトック)の動画撮影モードは、各国で数週間以内に有効になるという告知がされました。

日本人のTikTok(ティックトック)ユーザーの間でも7月中旬くらいから、TikTok(ティックトック)の3分撮影モードに気付き始めた人のクチコミが多くなってきたようです。

これまでの最長60秒モードで、パート割をしながら動画を作っていたという人でも、3分モードの登場で1つの動画で1つの内容を完結できるようになった人が多くなっています。

TikTok(ティックトック)の秒数をもっと長くしたい人はライブ配信という方法もある

2021年からTikTok(ティックトック)の撮影可能秒数が60秒から3分に延長されましたが、まだまだ撮影秒数を長くしたいという人もいるでしょう。

もともとTikTok(ティックトック)が、短時間の動画配信サービスをおこなっているため、今後もYoutube(ユーチューブ)のように20分や1時間超えの動画が投稿できるようになる可能性は極めて低くなっています。

しかしTikTok(ティックトック)では、現在ライブ配信もスタートしており、ライブ配信を利用すれば時間を気にせずに長時間の配信を行うことができるでしょう。

ただしTikTok(ティックトック)のライブ配信ではあらかじめ動画を撮影して動画を投稿することができず、リアルタイムでのライブ配信のみが有効です。

さらにTikTok(ティックトック)の運営側が指定する一定の条件を満たしたユーザーでないとTikTok(ティックトック)でのライブ配信は行えません。

ライブ配信を行えるユーザーの条件は年齢以外は非公開となっているようですが、ある程度のフォロワー数や視聴回数を取得できていることが条件となっているようです。

TikTok(ティックトック)の秒数や秒数を増やす方法は?まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)の秒数や秒数を増やす方法について詳しく調べてみました。

TikTok(ティックトック)では2021年7月より、最長3分の動画が投稿できるようになっています。

さらに長時間の動画を配信したい場合には、ライブ配信などを利用していくのがよいでしょう。