LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)の動画の保存・編集・作り方を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

世界的に大人気となっているスマホアプリの1つであるTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)の動画の保存・編集・作り方について詳しく知りたいという人もいるでしょう。

「この動画の作り方が知りたい!」と特定のユーザーの作った動画の編集方法について詳しく知りたいという人もいますよね。

そこで今回は、TikTok(ティックトック)の動画の保存・編集・作り方を分かりやすく解説していきます。

TikTok(ティックトック)の動画の保存・編集・作り方を分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)の動画の作り方についてですが、大きく分けて以下の2つの作り方があります。

  • その場で撮影した動画を編集して作って保存する
  • すでに撮影済みの動画や写真などを編集して動画を保存する

違いとしては、新規でTikTok(ティックトック)の動画の撮影を行うか、既存の動画を編集してアップする動画を作るのかです。

ここでは、実際にその場で撮影した動画の保存・編集・作り方の具体的な方法についてみていきましょう。

TikTok(ティックトック)の動画の保存・編集・作り方 その場で撮影した動画を編集してアップする方法

まずは動画自体を新規で撮影してアップしていくというTikTok(ティックトック)動画の編集方法・作り方です。

TikTok(ティックトック)動画をその場で撮影して、動画を保存する場合にのおおまかな手順は以下のように行っていきます。

1. 動画撮影画面を開いて撮影前の設定を行う

TikTok(ティックトック)で新たに動画を作っていく場合、動画撮影前にある程度は設定の編集を行っておきます。

TikTok(ティックトック)動画を撮影する前に編集する内容としては「モードの選択」「楽曲の選択」「スタンプの選択」「メイク・フィルター」の選択などがあるようです。

TikTok(ティックトック)で動画を撮影するための土台作りのような部分になっていますのでイメージ通りの動画ができるように設定していきましょう。

まずはTikTok(ティックトック)アプリを立ち上げて、画面下部にある「+」ボタンをタップしてください。

撮影ボタンの上部に「モード選択」の項目が出てきますので「15秒モード」「60秒モード」「グリーンスクリーンモード(背景を好きなものに合成して変えられる)」「フォトモーション(動画ではなく画像を組み合わせて動画を作る)」からモード選択を行います。

続いて、TikTok(ティックトック)に保存する動画のバックで流す楽曲を選択してください。

楽曲の選択が完了したら、続けて任意でスタンプを選択していきます。

スタンプを利用すると、面白い加工やインパクトのある動画が作れる加工などができますので色々試してみるのがよいでしょう。

スタンプと似た機能でメイク・フィルター機能がありますが、「メイク」では顔の大きさや目の大きさなどを編集することが可能です。

「フィルター」を利用すると動画の色合いなど全体的な雰囲気を変化させることができます。

2.動画の撮影

動画撮影前の設定が完了したら、続けて実際に保存する動画を撮影していきましょう。

撮影画面が表示されている画面の右側には速度調整ボタンもありますので「0.3倍」「0.5倍」「1倍」「2倍」「3倍」の中から好きなものを選択します。

基本的には画面下部に表示される四角のアイコンをタップすると撮影がスタートして、丸いアイコンをタップすると動画撮影が停止するでしょう。

また撮影時に手を使いたいので撮影スタートや停止ボタンを手動にしたくないという人の場合には、画面右側の「カウントダウン」ボタンを利用するのも便利です。

カウントダウンは「3秒」と「10秒」がありますが、それぞれ「3秒後に撮影を開始する」「10秒後に撮影を開始する」という機能になっています。

3.動画の編集

TikTok(ティックトック)で動画の撮影が完了したら、続いて動画の編集を行なっていきましょう。

動画撮影の前にもある程度TikTok(ティックトック)の動画編集は行なっていますが、最後の微調整的にも動画の編集を行っていきます。

撮影後に利用できるTikTok(ティックトック)の編集機能としてステッカーやエフェクトを利用することが可能です。

ステッカー機能を利用すると、スタンプのように絵文字や動画アイコンなどを、撮影した動画に貼り付けることができます。

またエフェクト機能を利用すれば、撮影した動画全体の色味や雰囲気などを変化させながら調整することができるでしょう。

4. キャプション入力とカバーの選択

動画の編集が完了したら、続いてキャプションを入れていきます。キャプションとは動画に対する投稿者のコメントです。

キャップションには通常のコメントを入れる他にハッシュタグなどを利用することもできるようになっています。

ハッシュタグを利用することで検索に引っかかりやすくなりますので、共通の趣味などがあるフォロワーを見つけたいという人は利用していくのがよいでしょう。

またキャプション右側の画像をタップすれば、動画のカバー写真を選択できます。

動画のカバーとは、動画を一覧で表示させた場合に表示されるもので、Youtube(ユーチューブ)などでは「サムネイル」と呼ばれるものです。

アイキャッチ的な部分になるので、目を引くものを選んでいきましょう。

5. 動画の公開範囲・コメントの有無の設定とアップロード

キャプションやカバーの設定が完了したら、最後に動画の公開を行っていきます。

まずは動画の公開範囲を「公開」「友達」「非公開」の3つから選択してください。

「公開」を選択するとフォロー関係に関わらず、TikTok(ティックトック)ユーザー全員が動画を見られる状態になります。

また「友達」を選択すると相互フォローの関係にある人のみが自分の保存した動画を視聴できるようになるでしょう。

さらに「非公開」をタップすれば自分のみが動画を見られる状態になります。

続けてコメントの有無も動画をアップロードする前に設定していきましょう。

コメントを無しにすれば、アップロードした動画に対してのコメントがつかなくなりますが、視聴者数を伸ばしたい、フォロワー数を伸ばしたいなどの目的があればコメントは有りにした方が有利です。

最後に動画の公開をタップして、TikTok(ティックトック)上に動画を公開していきましょう。 ここで「下書き」をタップして一旦編集を中断させることも可能です。

TikTok(ティックトック)の動画の保存・編集・作り方を分かりやすく解説まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)の動画の保存・編集・作り方の中でも、最初から動画を撮影して保存・編集する作り方を紹介してみました。

TikTok(ティックトック)の動画の保存は作業工数は多いのですが、感覚的に操作できますので誰でもシンプルに扱うことができるでしょう。

まずはTikTok(ティックトック)アプリをインストールして非公開の状態でスタンプやエフェクトなどの効果を試してみるとよいでしょう。