LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)の動画の保存・編集・作り方を分かりやすく解説

【PR】17LIVE、BIGO、Pococha、IRIAMを等のライブ配信アプリで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む11,000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVE、BIGO、Pococha、IRIAMを等のライブ配信アプリで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む11,000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVE、BIGO、Pococha、IRIAMを等のライブ配信アプリで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む11,000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

ショート動画を通してユーザー同士が楽しめる人気アプリのTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)上で作った動画を保存したり編集したい、またはこれから動画を作ってみたいという人もいるでしょう。

さらにはTikTok(ティックトック)上に投稿してある他のユーザーの動画を自分のスマホなどに保存したいという人もいますよね。

ここでは、TikTok(ティックトック)の動画の保存・編集・作り方を分かりやすく解説していきます。

TikTok(ティックトック)の動画の保存・編集・作り方を分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)の動画の作り方

TikTok(ティックトック)の動画の作り方ですが、難しい手法や特殊な機材などは必要なく、スマホひとつあれば誰でも作り始めることができます。

作り方の基本として、まずは利用するスマホにTikTok(ティックトック)アプリをインストールした上で、アカウント登録までをおこなっておきましょう。

アカウントが作成できれば、だれでも作り方にチャレンジすることができます。

TikTok(ティックトック)の動画の作り方の基本手順

  • TikTok(ティックトック)アプリを立ち上げてメイン画面の下部にある「+」アイコンをタップする
  • 動画撮影画面が表示されるので動画の尺の長さやフィルターなどを決め、好きな楽曲を選択する
  • 画面下の赤丸ボタンをタップすると撮影が始まる
  • 再び赤丸ボタンを押すと撮影が終了する

TikTok(ティックトック)の投稿動画の作り方として以下の項目は事前に決定してから撮影する必要があります。

  • 動画の長さ(15秒・60秒)、カウントダウン(3秒〜10秒)、速度(0.3x〜3x)
  • フィルター、メイク・画面のズーム
  • 楽曲

まずは動画の大きなテーマや枠を決めるというイメージで長さやフィルター、楽曲を選択して撮影を行ってみましょう。

TikTok(ティックトック)の動画の編集方法

TikTok(ティックトック)では撮影した動画をより盛り付ける編集作業が行えるようになっています。

TikTok(ティックトック)で撮影が完了した動画に対してできる編集方法は以下の通りです。

  • エフェクトをつける
  • ステッカーや文字を入れる
  • キャプションをつける

TikTok(ティックトック)の編集方法 エフェクトをつける

TikTok(ティックトック)で撮影した動画に加工できる編集方法として代表的なものがエフェクトです。

TikTok(ティックトック)のエフェクトは、撮影した動画の人物や背景に対して特殊効果が入れられるという技術になっています。

雨を降らせたり桜吹雪を吹かせたりなど、背景に関するものから顔の1つのパーツだけを大きく見せたりする面白系などさまざまなものが揃っているのが特徴です。

種類がかなり多いので、その時に流行っているエフェクトを選んでみるのもよいでしょう。

画像を投稿するまでエフェクトは何度でも変更ができますので、色々試してみるのがおすすめです。

TikTok(ティックトック)の編集方法 ステッカーや文字を入れる

TikTok(ティックトック)の編集方法の中で、撮影した動画に対してステッカーや文字を入れることもできるようになっています。

ステッカーはゲームなどに利用できる動くものや特殊効果があるものなども用意されているので、エフェクトと一緒に利用していくのも楽しさの幅が広がるでしょう。

自由に文章を作成できる文字入力機能などもあります。

TikTok(ティックトック)の編集方法 カバーやキャプションをつける

TikTok(ティックトック)の編集方法の中で、最後に行なっていくのがカバーやキャプションをつけるという作業です。

TikTok(ティックトック)のカバーとは、Youtube(ユーチューブ)のサムネイルに当たるようなものになっていますので、

撮影した動画の中でも魅力的なシーンを画像として選んでいくのがより多くのユーザーに視聴してもらうポイントになってきます。

またキャプションには動画の補足説明の他に、ハッシュタグのキーワードが入力可能です。

流行りの楽曲などを利用する際には楽曲のタイトルをハッシュタグで入れてもよいですし、流行りのTikTok(ティックトック)チャレンジなどを行なっている動画であれば、チャレンジのタイトルをハッシュタグで入れていくと、より多くのユーザーに視聴してもらいやすくなるでしょう。

自分のフォワーや「いいね」を増やすためにも重要な部分になってきます。

TikTok(ティックトック)の動画の保存方法

TikTok(ティックトック)で動画を作って編集までが完了したら、最後に保存方法についてもみていきましょう。

TikTok(ティックトック)では動画を撮影した段階から、ある程度作った段階まででも下書き保存ができるようになっています。

編集が完了した動画に対して「下書き保存」のボタンをタップすれば、動画が公開されずに下書きのまま保存されるでしょう。

また自分がすでにTikTok(ティックトック)上に投稿している動画を、自分のスマホにオフライン保存するという方法も以下のやり方でできるようになっています。

TikTok(ティックトック)で投稿動画のオフライン保存方法

  • TikTok(ティックトック)の自分の投稿動画一覧の中から保存したい動画を選択する
  • 画面上に表示される3点アイコンをタップしてシェアメニューを開く
  • メニュー一覧の中から「ダウンロード」をタップして画像をスマホに保存する

ちなみに上記の方法は、他のユーザーの動画に対しても利用可能です。

ただし、動画を投稿しているユーザーがオフライン保存に制限をかけているという場合には、上記の保存方法が利用できず「ダウンロード」ボタンが表示されなくなるでしょう。

このように投稿者が動画の保存に制限をかけているという場合には、基本は動画の保存ができません。

しかし中には、スマホの録画機能を利用したり、または外部の動画録画アプリなどを利用して保存しているという人もいるようです。

TikTok(ティックトック)以外の外部アプリを使って保存する場合には、自己責任で行っていくことになります。

TikTok(ティックトック)の動画の保存・編集・作り方を分かりやすく解説まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)の動画の保存・編集・作り方を分かりやすく解説していきました。

TikTok(ティックトック)の動画の保存・編集・作り方は、基本的に感覚的に操作できるようになっています。

スマホアプリをインストールし、画面の案内に従って操作を進めていけば、誰でも簡単に面白動画やクオリティの高い動画を作って投稿することができますのでチャレンジしてみてくださいね。