LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)の動画の保存ができない原因と解決方法まとめ

【PR】17LIVE、BIGO、Pococha、IRIAMを等のライブ配信アプリで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む11,000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVE、BIGO、Pococha、IRIAMを等のライブ配信アプリで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む11,000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVE、BIGO、Pococha、IRIAMを等のライブ配信アプリで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む11,000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

世界中で大人気となっている動画配信アプリのTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)で他のTikToker(ティックトッカー)が投稿した動画が保存できないと悩んでいる人もいるでしょう。

TikTok(ティックトック)で動画の保存ができない場合にはいくつかの原因が考えられます。 ここでは、TikTok(ティックトック)の動画の保存ができない原因と解決方法についてまとめてみました。

TikTok(ティックトック)の動画の保存ができない原因と解決方法まとめ

TikTok(ティックトック)の動画の保存ができない原因 まずは正しい動画の保存方法を確認しよう

TikTok(ティックトック)に動画の保存ができないという人は、まずは正しい動画の保存方法について確認していきましょう。

TikTok(ティックトック)で他のTikToker(ティックトッカー)が投稿している動画を保存する場合には、以下の手順を踏んでください。

  • TikTok(ティックトック)アプリを立ち上げて、保存したい動画を表示する
  • 表示されている動画の画面右側に表示されるメニューアイコンの中から矢印マークのシェアアイコンをタップする
  • 画面下部にシェアメニューが表示されるので、その中から「ダウンロード」をタップする
  • ダウンロードがスタートするので「ダウンロード100%」と表示されればダウンロードが完了してスマホに動画が保存される
  • スマホの動画一覧にて保存した動画が再生できるのが確認できれば完了

上記の動画保存方法を利用してもTikTok(ティックトック)の動画が保存できない場合には、何かしらの原因が発生している可能性があります。

それでは実際に次項より動画が保存できない場合の具体的な原因について見ていきましょう。

TikTok(ティックトック)の動画の保存ができない原因  動画投稿者が動画保存に制限をかけている場合

TikTok(ティックトック)の動画の保存ができないという人の中で「保存ボタン」がどこにも見当たらないという場合、投稿者が動画保存に制限をかけている場合があります。

TikTok(ティックトック)で動画投稿を行う場合、投稿した動画を投稿する際に自分の投稿をダウンロードできるかどうかを決めることが可能です。

自分の投稿した動画のダウンロードをOFFの設定にしている人の動画であれば、ダウンロードして動画の保存は行えません。

またこれまでTikTok(ティックトック)の保存ができない動画でも、他のSNSでシェアすることによって動画の保存ができたという事例がありました。

しかし2022年現在ではTikTok(ティックトック)で動画の保存制限をかけると、他のSNSへのシェア自体もできなくなります。

そのため動画の保存制限がかかっているものに関してはTikTok(ティックトック)内で動画のダウンロードを行うことはできないでしょう。

TikTok(ティックトック)の動画の保存ができない原因  年齢制限によって動画が保存できない場合

TikTok(ティックトック)の動画の保存ができない人の中で、年齢が16歳に満たない人の場合には動画の保存が年齢によって制限されている可能性があります。

TikTok(ティックトック)では未成年を保護する目的から16歳以下の動画保存に制限がかけられるようになりました。

TikTok(ティックトック)では、アカウント登録時に年齢確認があり生年月日を登録する必要があります。

そして登録した生年月日にて16歳以下であると判断されれば、TikTok(ティックトック)で投稿した動画の保存ができません。

年齢制限により動画の保存ができなくなっている場合には、年齢が17歳以上になるのを待ってから保存を行うようにしてください。

また現在ではTikTok(ティックトック)の16歳以下のアカウントに対しては、コメントもできないように制限がかけられているようです。

TikTok(ティックトック)の動画の保存ができない原因 保存先のスマホに原因がある場合

TikTok(ティックトック)では、TikTok(ティックトック)のルールとして動画保存ができない場合や、投稿者が動画保存に制限をかけている場合を除けば、基本的に動画の保存が可能です。

しかし年齢制限や投稿者の制限を受けていないのに、TikTok(ティックトック)の動画が保存できないという場合には、保存先のスマホに原因がある場合もあります。

TikTok(ティックトック)の動画がスマホにうまく保存できないという具体的な原因は、以下の通りです。

  • スマホの容量が足りない
  • 通信制限がかかっている
  • TikTok(ティックトック)アプリが最新のものではない
  • スマホのOSが最新のものではない

など。 まずスマホ容量が原因でTikTok(ティックトック)の動画が保存できない場合には、スマホの空き容量を増やす必要があります。

他の不要な動画をスマホ内から削除するか、クラウドの容量を増やすなどして対策を行っていきましょう。

またスマホが月の利用可能容量を超えていて、通信制限がかかっている場合などにはうまく動画が保存できない可能性があります。

wifiなどを利用して速度制限のない環境で、再び動画の保存を行なってみるとうまくいく可能性が高いといえるでしょう。

さらにアプリやスマホのOSが最新のものではない場合などにも、TikTok(ティックトック)の動画がスマホにうまくインストールできない場合があります。

アプリやスマホのバージョンをまずは設定などから確認して、最新バージョンがインストールできるようであれば、再インストールからの再起動を行ってみましょう。

また単純にアプリやOSのバグにより正しくTikTok(ティックトック)が動いていない場合もあるので、スマホの再起動を行うことで正常に動画が保存できるようになる場合もあります。

TikTok(ティックトック)の動画の保存ができない原因と解決方法まとめ まとめ

ここでは、TikTok(ティックトック)の動画の保存ができない原因と解決方法についてまとめてみました。

TikTok(ティックトック)の動画の保存ができない場合、複数の原因が考えられますが、中には解決できないTikTok(ティックトック)上のルールなどによって動画保存ができなくなっていることもあります。

TikTok(ティックトック)の動画の保存ができない原因をよく探った上で、解決方法を試していきましょう。