LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)のエフェクトの使い方を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

動画配信アプリの中でも、世界中で急速にユーザー数を増やしているTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)を使って動画配信を始めてみたいという人の中には、エフェクトを使いこなしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

TikTok(ティックトック)では、投稿する動画にエフェクト効果を加えて、動画や画像を盛ることが可能です。

ここでは、TikTok(ティックトック)のエフェクトの使い方を分かりやすく解説していきます。

TikTok(ティックトック)のエフェクトの使い方を分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)のエフェクトとは?

そもそもTikTok(ティックトック)のエフェクトとは、撮影した動画や画像に対して加工などの特殊効果を加えることを指しています。

TikTok(ティックトック)のエフェクトを使うことによって得られる効果は、大きく分けて以下の4つです。

  • メイク(美肌・小顔・デカ目などの顔やボディラインの加工)
  • スタンプ(キラキラ・雨・桜吹雪・髪色チェンジなど)
  • 速度(早送り・スロー再生)
  • フィルター(グルメ用・ポートレイト用など)

上記4つのTikTok(ティックトック)のエフェクトが使いこなせるようになると、可愛い系・綺麗系・おもしろ系などの動画をより自分の理想通りに制作することができるでしょう。

TikTok(ティックトック)のエフェクトの使い方の基本

TikTok(ティックトック)のエフェクトには豊富な種類がありますが、どのエフェクトも基本的な使い方はほぼ同じになっています。

ここではTikTok(ティックトック)のエフェクトの基本的な使い方の手順をみていきましょう。

まずはTikTok(ティックトック)アプリを立ち上げて、画面下部に表示されているメニュー一覧から「+」アイコンをタップしてください。

撮影済みの動画や画像にエフェクトをかける方法

まずは撮影済みの動画や画像にTikTok(ティックトック)を使ってエフェクトをかける方法をみていきましょう。

撮影画面が表示された状態から右下の「アップロード」ボタンをタップしていきます。

TikTok(ティックトック)が保存されている動画や画像ヘのアクセスの許可を求めてきますので、アクセスを許可してください。

エフェクトをかける画像や動画が選択できたら「次へ」をタップします。

画面下部に編集メニュー一覧が表示されるので、「エフェクト」を選択してください。

利用できるエフェクトの一覧が表示されるので、好きなエフェクトを選択します。

エフェクトが追加できたら「保存」をタップすると、エフェクトをかけた状態の動画または画像が完成するでしょう。

これから撮影する動画にエフェクトをかける方法

TikTok(ティックトック)では、これから撮影する動画に対してエフェクトをかけることもできます。

まずはTikTok(ティックトック)の撮影画面から、左下の「エフェクト」をタップしていきましょう。

利用可能なエフェクトの一覧が表示されるので、エフェクト一覧の中から使いたいものを選んでタップしていきます。

画面に撮影対象(セルフィー)などを表示させた時に、エフェクトが有効化されているかどうかを確認してください。

エフェクトが有効化されていることが確認できたら、撮影画面の赤丸ボタンをタップして撮影を始めてみましょう。

TikTok(ティックトック)のエフェクトの使い方 人気のエフェクト

TikTok(ティックトック)のエフェクトの使い方の基本がわかったところで、実際にエフェクトを使って動画を作ってみましょう。

TikTok(ティックトック)のエフェクトは、単純にスタンプを貼るだけで楽しめるものから、特殊効果を使ったものまで豊富に揃っています。

ここではTikTok(ティックトック)のエフェクトの中で人気のものをいくつかみていきましょう。

TikTok(ティックトック)で人気のエフェクト 「誰でも二次元」

TikTok(ティックトック)のエフェクトの中でも話題となっており、投稿者や視聴者共に楽しめるのが「誰でも二次元」というエフェクトです。

画面上にバーが表示されるので、そのバーを左右にスライドさせることによって、表示されている人物の顔がリアルから二次元に変わります。

自分を二次元化させた時のイラストとしても人気があり、他のSNSにも頻繁に投稿されることの多いエフェクトです。

普段面白系のTikTok(ティックトック)投稿をしているという人でも、「誰でも二次元」を使うと可愛い系・綺麗系の顔になるのでギャップ受けを狙う面白系動画の投稿者にもおすすめのエフェクトになっています。

TikTok(ティックトック)で人気のエフェクト 「時を戻そう」

TikTok(ティックトック)の人気エフェクトの中で2020年頃から爆発的に流行り始めているのが「時を戻そう」というエフェクトです。

昔の写真を用意して、TikTok(ティックトック)エフェクトの「グリーンスクリーン」を使い簡単に今と昔を比較できるというエフェクトになっています。

昔の写真に今の自分が入り込めるような動画を作ることができるようになっており、自分の小さい頃の写真と今を比較して楽しんでいるという人も多く話題のエフェクトです。

昔撮影した自分の写真と同じ構図で現在の自分を撮影したり、昔撮影した自分の写真と同じ髪型や似ている洋服を着て現在の自分と昔の自分を比較して楽しんでいるという人も多くなっています;

TikTok(ティックトック)のエフェクトの使い方を分かりやすく解説まとめ

今回はTikTok(ティックトック)の動画投稿をより楽しむための特殊効果である、エフェクトの使い方を分かりやすく解説していきました。

TikTok(ティックトック)のエフェクトを活用して動画を編集すると、単純に撮影しただけでは作れないような、面白動画や盛れる動画が投稿できるようになるでしょう。

TikTok(ティックトック)のエフェクト効果は、日々新しいものがリリースされており選択できるエフェクトも多いので、気になるエフェクトを試してみてくださいね。