LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)で複数アカウントを作れるのか詳しく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

10代20代の若年層を中心に社会現象を巻き起こしている動画配信アプリのTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)を使っている人の中には、複数アカウントを使い分けて運用していきたいという人もいるでしょう。

趣味用・リア友用などと分けてTikTok(ティックトック)アカウントを使いたいという人も多いようですが、TikTok(ティックトック)では複数アカウントが作れるのでしょうか。

ここでは、TikTok(ティックトック)で複数アカウントを作れるのか詳しく解説していきます。

TikTok(ティックトック)で複数アカウントを作れるのか詳しく解説

TikTok(ティックトック)で複数アカウントは作れる!

TikTok(ティックトック)を利用している人の中には、リア友用・ビジネス用・視聴専用・投稿専用など、複数アカウントを作ってTikTok(ティックトック)を利用していきたいという人もいるでしょう。

まずTikTok(ティックトック)で複数アカウントがシステム上・ルール上作れるのかに関してですが、TikTok(ティックトック)では複数アカウントの開設や運用がOKとされています。

よってTikTok(ティックトック)で1人のユーザーが複数アカウントを作ることが可能です。

TikTok(ティックトック)で複数アカウントを作る方法

TikTok(ティックトック)で複数アカウントを作る方法については、複数アカウントの数だけ新規登録手続きを行っていく必要があります。

TikTok(ティックトック)はメールアドレスで新規アカウントを登録する方法のほかに、以下のようなSNSアカウントとの連携で登録を行うことが可能です。

TikTok(ティックトック)と連携できるSNSアカウントには次のようなものがあります。

  • Twitterアカウント
  • LINE ID
  • Facebookアカウント
  • Instagramアカウント
  • カカオトーク ID
  • Google ID

など。 たとえばTikTok(ティックトック)アカウントを2つ作りたいという場合には、TikTok(ティックトック)アカウント登録用に2つのメールアドレスを用意する方法などが選択できます。

またはTwitterアカウントとLINE IDでそれぞれ登録することでも、TikTok(ティックトック)の2つの複数アカウントを作ることができるでしょう。

TikTok(ティックトック)でアカウントを作りたい数分だけメールアドレスやSNSアカウントを準備しておいてください。

TikTok(ティックトック)で複数アカウントを作る具体的な手順

TikTok(ティックトック)で複数アカウントを作るための準備ができたら、実際に複数アカウントを作成する手順を紹介していきます。

TikTok(ティックトック)に複数アカウントを作る場合には、まずは新規登録にて1つめのアカウント登録手続きを完了させておいてください。

  1. 1つめに作ったTikTok(ティックトック)アカウントにログインし、右上の三点アイコンをタップする
  2. アカウントメニューが表示されるので、その中の「アカウントを追加」をタップする
  3. TikTok(ティックトック)の新規アカウント登録画面が表示されるので、1つめに作ったアカウントとは異なる登録方法を利用してアカウント登録を行う(SNSのIDを利用した場合には、ここでSNSとの連携許可が求められるので「許可」をタップする)
  4. 生年月日の入力項目が表示されるのでユーザーの生年月日を入力して「OK」ボタンをタップすれば2つ目以降のアカウントの登録完了

TikTok(ティックトック)の複数アカウントを作る手順上では、最後に生年月日の入力を求められますが、裏垢バレを防ぎたいなどの理由で生年月日を適当に入力してしまう人がいます。

しかし生年月日を適当に入力して、TikTok(ティックトック)の年齢制限にひっかかるような生年月日で登録を行うとアカウントがBANされてしまう恐れがあるでしょう。

1つのアカウントがBANされると、連動して他のアカウントも凍結などのペナルティが課せられる恐れもありますので、生年月日は正しく入力してください。

TikTok(ティックトック)で複数アカウントを作る際の注意点

TikTok(ティックトック)の複数アカウントを作る手順は、基本的にそれほど難しい操作は必要ありません。

そのため正しい手順で手続きを行えば、誰でも簡単に複数アカウントを作ることができるでしょう。

ただしTikTok(ティックトック)で複数アカウントを運用していく場合には、いくつかの注意点があります。

TikTok(ティックトック)の複数アカウントの注意点 同時にオンラインにできるのは3アカウントまで

TikTok(ティックトック)で複数アカウントを作成する際、アカウントの数に上限はありません。

しかしTikTok(ティックトック)の複数アカウントを同時にオンラインにできる数は決まっており、3アカウントまで同時にオンライン操作が可能です。

すでに3つのアカウントにログインしている状態の人が4つめのアカウントにログインしたい場合には、既存のログインアカウントを一旦ログアウトしてから、新たなアカウントでログインしていきましょう。

TikTok(ティックトック)の複数アカウントの注意点 複数アカウントで動画投稿すると身バレしやすくなる

TikTok(ティックトック)に複数アカウントを作る人の中には、複数アカウントは裏アカとして使いたいという人もいますよね。

複数アカウントを作った目的が裏アカであれば、複数のアカウントから動画を投稿すると身バレするおそれがあります。

全く異なる動画をあげていても、背景に映った建物や壁紙の色、鏡に映った小物などで身バレしたというケースも過去にはありました。

身バレをできるだけ防ぎたいという場合には、動画投稿するアカウントを1つに絞り、他は視聴専用のように使っていくのがおすすめです。

TikTok(ティックトック)の複数アカウントの注意点 複数アカウントをSNSで連携すると身バレしやすくなる可能性がある

TikTok(ティックトック)の複数アカウントを作成する目的が裏アカである場合には、できるだけメールアドレスを作成して登録するのがおすすめになっています。

すでに利用しているSNSアカウントを連携させると、何かの表紙にTikTok(ティックトック)アカウントがバレてしまう可能性があるためです。

裏アカバレをできるだけ防ぎたいという人は、フリーメールなどで新規のメールアドレスを作成してTikTok(ティックトック)に登録していくのがよいでしょう。

TikTok(ティックトック)で複数アカウントを作れるのか詳しく解説まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)で複数アカウントを作れるのか詳しく解説してきました。

TikTok(ティックトック)では、メールアドレスやSNSアカウントを複数用意することで複数アカウントが作れます。

注意点をしっかり確認した上で、TikTok(ティックトック)で複数アカウントを作ってみてくださいね。