LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)の配信方法を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

これから動画配信や撮影した動画を投稿していきたいという人の中には、動画配信アプリである TikTok(ティックトック)を使ってみたいと考えている人もいるでしょう。

日本国内や海外でも利用者の多い TikTok(ティックトック)を活用すれば、世界中のユーザーにアプローチができ、フォロワー数も飛躍的に伸ばせる可能性もありますよ。

また TikTok(ティックトック)はスマホアプリさえあれば、感覚的な操作で簡単に動画の投稿や配信を行うことが可能です。

そこで今回は、 TikTok(ティックトック)の配信方法を分かりやすく解説していきます。

TikTok(ティックトック)の配信方法を分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)の配信方法を行うための条件

TikTok(ティックトック)では基本的に動画の撮影が行えるスマホと、TikTok(ティックトック)アプリがスマホにインストールされていれば動画の配信を始めることが可能です。

ただしTikTok(ティックトック)の動画配信を含む利用には年齢制限があり、13歳未満のTikTok(ティックトック)利用は禁止されています。

よってTikTok(ティックトック)で動画配信を行うには13歳以上であることが条件となってくるでしょう。

TikTok(ティックトック)ので配信されている動画の中には、明らかに13歳未満の子供が映っているものもありますが基本的には13歳以上である親のアカウントで子供を撮影したものだと考えられます。

ただし動画の内容によってTikTok(ティックトック)側から13歳未満の利用と判断されて、アカウント削除やアカウント凍結などのペナルティが課せられたユーザーもいるようです。

また13歳以上であっても16歳未満のユーザーが利用する場合には、TikTok(ティックトック)アプリでの動画配信がデフォルトの状態で「非公開」が選択されています。

よって16歳未満が動画を投稿した場合、デフォルトの状態では自分以外のユーザーが自分の投稿動画を見ることができませんので、事前にしっかり確認してください。

TikTok(ティックトック)の利用条件を満たしているという人は、実際のTikTok(ティックトック)の配信方法をみていきましょう。

TikTok(ティックトック)の配信方法は2つ

2021年現在TikTok(ティックトック)を使った動画配信方法には、大きく分けて以下の2つがあります。

  • 動画の投稿による配信方法
  • ライブ動画の配信方法

一見同じ動画の配信方法のようですが、実際には動画配信の条件や配信方法がことなるので詳しくみていきましょう。

TikTok(ティックトック)の配信方法 動画の投稿による配信方法

TikTok(ティックトック)を使った動画配信方法で一般的に知られているのが、通常の動画投稿による配信です。

TikTok(ティックトック)の動画投稿による配信方法を利用すると、以下のような手順で動画を配信することができます。

  • 事前にスマホなどで15秒〜60秒程度の動画を撮影する
  • 動画を編集する
  • スマホTikTok(ティックトック)アプリを使って動画をアップロードする
  • 動画の配信完了。リスナーが配信した動画を視聴する

TikTok(ティックトック)では1本の動画につき最長60秒までしか投稿ができませんので、動画の作成に関してもそれほど難易度が高くありません。

また撮影した動画を編集した上で投稿できるので、不備がないかを見直した上で自分が納得した状態にて投稿ができるというのがメリットだといえるでしょう。

TikTok(ティックトック)で動画を撮影して投稿する手順は以下の通りです。

  • スマホでTikTok(ティックトック)アプリを立ち上げる
  • TikTok(ティックトック)画面下部に表示される撮影ボタンをタップする
  • 撮影画面が表示されるので、画面上部の『楽曲を選ぶ』をタップして楽曲を選択する
  • 動画に流したい音楽を選択して『この楽曲を使って撮影』をタップし、エフェクトなどをかける場合には一緒に使いたいエフェクトを有効化していく
  • ボタンをタップして撮影を開始し、撮影を終了したいタイミングで再びボタンをタップする
  • 撮影が終了したら、撮影した動画を確認した上で「投稿」または「下書き」をタップして完了

TikTok(ティックトック)で動画を撮影して配信する場合には、投稿範囲を「自分のみ」「全体」「フォロワーのみ」などに調整することも可能です。

友達だけに見せたい場合や自分だけで配信を楽しみたい場合などには、公開範囲の設定も投稿時に一緒に行っていくとよいでしょう。

TikTok(ティックトック)の配信方法 ライブ動画の配信方法

TikTok(ティックトック)の動画の配信方法として一般的にしられているのは、撮影した短編動画を投稿・配信するというものです。

しかし2020年から新たにTikTok(ティックトック)では、ライブ動画の配信も行えるようになりました。

ただし通常の動画投稿とは異なり、TikTok(ティックトック)でのライブ配信方法はユーザー全員が使えるものではありません。

TikTok(ティックトック)ではライブ配信が利用できるユーザーに一定の基準を設けているようですが、ライブ配信を行えるユーザーの基準については非公開となっています。

ライブ配信方法が利用できる条件でTikTok(ティックトック)側から公開されている条件は以下の通りです。

  • 16歳以上のユーザーであること
  • フォロワー数が一定以上か、質の高いコンテンツを作っているかなど、TikTok(ティックトック)の定める非公開条件を満たしていること

フォロワーの人数やコンテンツの内容として具体的な数字や内容は出ていないのですが、クチコミなどをみていると突然TikTok(ティックトック)でライブ配信ができるようになっていたという人が多いようです。

ライブ配信方法は通常の動画を撮影してから投稿という手順とは異なり、撮影中の動画がリアルタイムでTikTok(ティックトック)上に配信されることになります。

リアルタイムでのフォロワーとコメントやいいねを介したコミュニケーションがとれるので、ファンを増やしたい人などは利用するメリットが高くなっているといえるでしょう。

TikTok(ティックトック)の配信方法を分かりやすく解説まとめ

今回は、 TikTok(ティックトック)の配信方法を分かりやすく解説してきました。

TikTok(ティックトック)の配信方法は、基本の投稿動画を配信する方法に加えてライブでの配信方法も利用できます。

利用条件やそれぞれのメリット・デメリットを確認しながら、より自分の魅力が引き出せる方法で配信を行ってみてくださいね。