LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)のハッシュタグのおすすめの使い方

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

TikTok(ティックトック)のハッシュタグでおすすめの使い方を知りたい! このように感じている方もいますね。

ハッシュタグをつけるのはわかったけれど、なぜつけるのか、その意味や使い方を知らないと言う方もいるようです。

ここではTikTok(ティックトック)のハッシュタグとはどのようなものなのか、また上手なアプリの使い方について具体的にご紹介していきます。

TikTok(ティックトック)のハッシュタグのおすすめの使い方

ハッシュタグとは、TikTok(ティックトック)の各動画に検索キーワードをつけることをさします。

ハッシュタグをつけるとTikTok(ティックトック)で検索した際に、ハッシュタグのついた動画がヒットします。

ハッシュタグの形式はいつも「#」とキーワード。たとえばハッシュタグを犬にしたいのなら「#犬」にします。

しかしハッシュタグは適当につければいいのではありません。

ツイッターやInstagram、YouTubeなどでもハッシュタグは使われ、トレンドをつかんだり発信したりするときに役立ちます。

ここではTikTok(ティックトック)でのハッシュタグのおすすめの使い方をご紹介しましょう。

TikTok(ティックトック)で人気のハッシュタグを使う

まずTikTok(ティックトック)のハッシュタグは、人が検索するときに使うものでなければいけません。

誰も検索しないようなキーワードを使うのはNGです。

やってしまいがちなのは自分でハッシュタグを考えることですが、TikTok(ティックトック)ユーザーの考えとくい違いが出てしまい、失敗することも少なくありません。

自分にとってどんなに利用度が高いハッシュタグだったとしても、他のティックトッカーが使っていないハッシュタグは、きわめて検索される可能性が少ないです。よってつけないほうが安心です。

よってTikTok(ティックトック)で人気のハッシュタグを使いましょう。

TikTok(ティックトック)で人気のハッシュタグは、「トレンド」に記載されています。ぜひ確認してください。

ただし人気のハッシュタグをそのまま盛り込むのはあまり効果がありません。

TikTok(ティックトック)の「トレンド」に掲載されている各ハッシュタグでは、人気の8動画までしか表示されません。

当然、自分の動画は掲載されることはないでしょう。

また「トレンド」の検索バーで狙ったハッシュタグでの検索をしたときも、上位表示されるのは人気の動画です。

さすがに検索結果の動画を最後までチェックする人はいないでしょう。

結局人気のハッシュタグを使っても、自分の動画は人目に触れることができないまま終わります。

よって人気のハッシュタグと、その他のハッシュタグを複数使いましょう。

人気のメインキーワードの他、人気の楽曲や季節などをサブキーワードとして盛り込みます。

そうすることでターゲットが絞られ、検索されやすくなります。

ハッシュタグに盛り込むべきサブキーワードは、季節や人気の楽曲の他、芸能人の名前なども最適です。

ちなみにTikTok(ティックトック)のメインキーワードとして人気のハッシュタグは、「#広告で有名になりたい」です。

芸能関係者にアピールしたい若者が多く使用するハッシュタグですので、覚えておきましょう。

他には「#フォロワーを増やしたい」「#いいねほしい」などもあります。

もちろん動画にあったハッシュタグをつけなければいいねをもらえたり、フォロワーが増えたりすることはありません。

TikTok(ティックトック)でイケメンを観たいから「イケメン」で検索したのにイケメンでない人が表示されたら「?」と思うでしょう。

ただしウケで狙うのはOKのようですね(笑) またインフルエンサーが使ったハッシュタグは、よくバスります。

TikTok(ティックトック)のインフルエンサーの動画更新情報をこまめにチェックし、同じハッシュタグで早めに動画を投稿することをおすすめします。

TikTok(ティックトック)ハッシュタグは複数使う

ひとつのTikTok(ティックトック)動画に対し、複数のハッシュタグを使うことが可能です。

ひとつのハッシュタグでは、ひとつのキーワードでしかヒットしません。

TikTok(ティックトック)ではハッシュタグの数のぶん検索されやすくなるので、ぜひ複数つけておきましょう。

TikTok(ティックトック)へ投稿したハッシュタグは取り消せないので注意!

以前投稿したTikTok(ティックトック)動画のハッシュタグは、後になって取り消せません。もしハッシュタグを間違えてしまった場合は一度動画を削除して、再作成・再投稿するしかありません。

ハッシュタグをつけるときは慎重に行いましょう。

ありがちなのは自分で適当にハッシュタグをつけた動画に人気がつき始め、ハッシュタグを変更したい場合です。

残念ながら0からやり直さなければならず、削除した動画のいいねや視聴者数などの実績は残りませんのでご注意ください。

TikTok(ティックトック)のハッシュタグのおすすめの使い方まとめ

TikTok(ティックトック)でのハッシュタグに使い方について解説しました。

SNSで広く使われているハッシュタグはやみくもにつければいいのではなく、検索されやすいキーワードやトレンドキーワードであることが大切です。

人気のハッシュタグを使う、ハッシュタグを複数つけることが大切です。 また一度つけたTikTok(ティックトック)のハッシュタグは後から変更できません。

せっかくバズってきたのにハッシュタグが冴えないことが原因で、再生回数を逃してしまうことになります。保存前に一度このハッシュタグでいいのかを、確認してから公開してください。

きちんとハッシュタグを使うことはTikTok(ティックトック)でフォロワー数を増やすことはもちろん、TikTok(ティックトック)動画がバズるきっかけにもなります。

正しい方法を知りきちんとつけておきましょう。