LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)の年齢制限を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

10代20代を中心にユーザー数を世界的に増やしている動画配信アプリの TikTok(ティックトック)。

TikTok(ティックトック)を視聴している人の中には、若い世代の投稿の圧倒的な多さに驚いているという人もいるでしょう。

TikTok(ティックトック)を利用する際には年齢制限などはないのでしょうか。

ここでは、 TikTok(ティックトック)には年齢制限があるのかや、具体的に制限されている年齢などについて詳しく解説していきます。

TikTok(ティックトック)の年齢制限を分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)の年齢制限は13歳未満の利用は禁止

TikTok(ティックトック)では中高生の動画投稿なども多くなっており、親御さんなどでTikTok(ティックトック)は未成年が利用しても大丈夫なアプリなのかを心配しているという人もいるでしょう。

またこれからTikTok(ティックトック)を使ってみたいという人の中には、自分が年齢制限に該当しないかどうかを事前に調べておきたいという人もいますよね。

TikTok(ティックトック)は若い世代の投稿が多いせいか、年齢制限についてあまり知られていないというのが現状です。

しかしTikTok(ティックトック)の利用規約ではしっかりと年齢制限に関する記述があり、13歳未満のTikTok(ティックトック)利用は禁止されています。

つまりTikTok(ティックトック)が利用できるのは、13歳以上であることから、日本では中学生以上が利用可能なアプリだといえるでしょう。

TikTok(ティックトック)のライブ配信中のギフティングの受け取りや贈答は20歳以上の年齢制限あり

またTikTok(ティックトック)を利用可能なのは13歳以上となっていますが、TikTok(ティックトック)のサービス内容によっては特定の年齢制限が設けられているものもあるようです。

たとえばTikTok(ティックトック)ではここ数年でライブ配信による投げ銭システムが導入されるようになりましたが、ライブ配信中のギフティング行為が許可されているのは20歳以上となっています。

ギフティングとは、TikTok(ティックトック)に課金してポイントを課金した上でバーチャルギフトを購入し、好きなTikToker(ティックトッカー)にライブ配信中にギフトを贈る行為をさします。

ライブ配信者としてギフトを受け取ることで、TikTok(ティックトック)で収入を得ることもできるようになっていますが、ギフティング行為については受け取る側も贈る側も20歳以上であることが条件です。

そのためTikTok(ティックトック)でお小遣い稼ぎをしたいという中高生も多いと思いますが、基本的にTikTok(ティックトック)のギフティングでの収益化は年齢制限によりできないと考えておくのがよいでしょう。

TikTok(ティックトック)の年齢制限 アカウント登録時には生年月日の確認がある

TikTok(ティックトック)には利用の際に年齢制限が設けられており、13歳未満はTikTok(ティックトック)の利用が禁止されています。

しかしTikTok(ティックトック)にアカウント登録する際には特に本人確認書類の提出などが求められないため、どこで年齢を確認しているのか気になるという人もいるでしょう。

TikTok(ティックトック)では他のSNSとの連携を行う際などにはSNSのアカウントデータから年齢を確認している可能性が高いのですが、電話番号やメールアドレスでのアカウント登録を行う際には、生年月日を入力する項目があります。

この生年月日の入力項目にて13歳未満の生年月日を入力すると、アカウントが削除されて利用することができなくなるでしょう。

TikTok(ティックトック)での生年月日はこのように基本は自己申告制となりますので、上の方のように13歳以上であっても生年月日を13歳以下のもので申告すればアカウントは削除されます。

TikTok(ティックトック)に登録する時の生年月日の入力は、必ず正しいものを入力してください。

TikTok(ティックトック)は年齢制限があるのに小学生や幼児の動画が投稿されているのはなぜ?

TikTok(ティックトック)には年齢制限があり13歳未満の利用はできません。

しかしTikTok(ティックトック)の投稿をみていると、明らかに13歳未満である小学生や乳幼児の動画が投稿されているのをみたことがあるという人もいるでしょう。

TikTok(ティックトック)では、13歳以上の親権者などがTikTok(ティックトック)にアカウントを作成し、親権者のアカウントで撮影した13歳未満の子供の動画を投稿しているというパターンもみられます。

つまりあくまでもTikTok(ティックトック)利用者は年齢制限を受けない親権者であり、子供ではないという言い分です。

基本的にTikTok(ティックトック)アカウントが13歳以上の親権者などのアカウントであれば、13歳未満の子供が動画に映り込んでいても利用規約違反になることはありません。

ただし他のユーザーの通報などにより、TikTok(ティックトック)アカウントを運営しているユーザーが13歳未満であることが疑われた場合には、TikTok(ティックトック)側の判断により、利用規約違反と判断される場合もあるでしょう。

TikTok(ティックトック)の運営側が年齢制限に違反していると判断すれば、動画の強制削除やアカウントBANなどのペナルティが与えられる可能性もあります。

よって13歳未満が運用していると判断されかねない動画の投稿も、できるだけ控えたほうがよいでしょう。

TikTok(ティックトック)の年齢制限を分かりやすく解説まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)には年齢制限があるのかや、具体的に制限されている年齢などについて詳しく解説してきました。

TikTok(ティックトック)には年齢制限があり、13歳未満の利用は禁止されています。

またライブ配信中のギフティングに関しても特定の年齢制限が設けられていますので、TikTok(ティックトック)を利用する際には年齢制限を守って利用を行うようにしましょう。