LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)の年齢制限を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

世界中で話題となる動画が続出している動画配信サービスのTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)をこれから使ってみたいという人の中には、年齢制限について詳しく知りたいという人もいますよね。

利用するSNSによっては未成年の利用を禁止することもあるようですが、TikTok(ティックトック)には年齢制限があるのでしょうか。

ここでは、TikTok(ティックトック)の年齢制限を分かりやすく解説していきます。

TikTok(ティックトック)の年齢制限を分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)の年齢制限 13歳未満の利用は禁止

TikTok(ティックトック)はアカウント登録をしなくても動画の視聴が楽しめますが、アカウント登録を行うのであれば年齢制限が設けられています。

TikTok(ティックトック)でアカウントを作って利用できるのは「13歳以上」です。

13歳未満の小学生や未就学児がTikTok(ティックトック)に自分のアカウントを作ることはできません。

TikTok(ティックトック)に年齢制限があるのは青少年の安全性や保護を目的としているため

TikTok(ティックトック)で年齢制限を設けて、13歳未満の利用を禁止しているのには青少年の安全性や保護を目的としているためです。

TikTok(ティックトック)をはじめとするSNSでは、他のユーザーとコメントやDMなどでコミュニケーションがとれるため、誹謗中傷や迷惑行為などトラブルが発生する可能性も高くなっています。

SNS上での若年層のトラブルを防ぐためにも、TikTok(ティックトック)では年齢制限を設けているようです。

TikTok(ティックトック)は年齢制限があるのでアカウント登録時に年齢確認が行われる

TikTok(ティックトック)では13歳未満の利用を禁止する年齢制限が設けられています。

そのため、TikTok(ティックトック)へのアカウント登録を行う際には必ず生年月日の入力が求められるようです。

入力されたアカウントが13歳未満のものであれば、生年月日から「コミュニティガイドライン違反」としてアカウントがBANされたり削除されることになるでしょう。

ただしTikTok(ティックトック)ではアカウント登録時に運転免許証や健康保険証などのIDを求めることはしません。

あくまで任意のような形での生年月日の入力が必要になるだけですので、13歳未満でも生年月日を13歳以上の生まれ年に変更すればアカウント登録ができてしまいます。

ただしTikTok(ティックトック)上で何かしらのトラブルがあった際には、アカウントを保有しているスマホ保持者の名前などが調査される可能性もあります。

その結果TikTok(ティックトック)に登録しているユーザーが13歳未満であったと判明すれば何かしらのペナルティを課せられる可能性があるでしょう。

TikTok(ティックトック)は年齢制限はライブ配信やビジネス利用では独自の制限がある

TikTok(ティックトック)の年齢制限として原則13歳未満は利用禁止になっています。

ただし13歳以上であればTikTok(ティックトック)の全ての機能がりようできるかといえば、TikTok(ティックトック)内のサービスによってはさらに年齢制限が設けられていることもあるようです。

TikTok(ティックトック)ライブ配信の年齢制限

TikTok(ティックトック)では動画投稿の他にも一定の条件を満たしたユーザーに対してTikTok(ティックトック)でライブ配信が行えるようになっています。

しかしライブ配信が行えるのは原則として16歳以上となっており、独自の年齢制限が設けられているようです。

またフォロワー数や動画の再生回数などによってライブ配信ができるかどうかが変わってきます。

TikTok(ティックトック)の投げ銭機能の利用

またTikTok(ティックトック)は近年、ビジネス利用ができるようにも進化しており、動画投稿やライブ配信による投げ銭などもできるようになってきました。

しかしこの投げ銭システムにも年齢制限が設けられており、TikTok(ティックトック)の投げ銭は贈る方ももらう方も20歳以上である必要があります。

TikTok(ティックトック)のライブ配信といえば「ギフティング(投げ銭)」というイメージがある人も多いかもしれませんが、投げ銭は受け取るのも贈るのも20歳以上からです。

このため16歳以上20歳未満でライブ配信を行なっている人は、TikTok(ティックトック)で投げ銭をもらうことはできませんので注意してください。

またTikTok(ティックトック)は10代が中心の動画配信アプリというイメージがあるため、投げ銭の年齢制限に意義のある人も多くなっています。

しかし実際に、ここ数年は30代以上の高年齢層がTikTok(ティックトック)で新規アカウントを持つという事例も増えているようです。

TikTok(ティックトック)は年齢制限があるのに子供が動画を投稿しているのはナゼ?

TikTok(ティックトック)は基本的に13歳未満のユーザーが利用できないように年齢制限があります。

しかしTikTok(ティックトック)に投稿された動画をみていると、明らかに小学生や未就学児がうつった動画も投稿されていますよね。

このようにTikTok(ティックトック)に13歳未満の人の動画が投稿されている場合、親権者のアカウントで動画が投稿されている可能性が高いといえるでしょう。

TikTok(ティックトック)ではユーザー本人以外の写った動画を投稿することなどを禁止していませんので、自分の子供などの動画を投稿するという人もいます。

ただし明らかに13歳未満が運用しているTikTok(ティックトック)アカウントの場合には、

他のユーザーからの通報により、TikTok(ティックトック)のガイドライン違反として利用制限を受ける可能性もあるでしょう。

TikTok(ティックトック)の年齢制限を分かりやすく解説まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)の年齢制限を分かりやすく解説してきました。

10代を中心に盛り上がりをみせるTikTok(ティックトック)ですが、13歳未満は利用禁止という年齢制限が設けられています。

また投げ銭などのビジネスが絡むものに関しては20歳以上の年齢制限が独自で設けらていることもあるようです。

未成年の方がTikTok(ティックトック)を利用するのであれば、ガイドラインを確認した上で利用していくようにしましょう。