LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)の年齢制限を分かりやすく解説

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

TikTok(ティックトック)に年齢制限はあるのでしょうか。動画を視聴していると、明らかに小学生くらいの子が映っているときがあります。

よってTikTok(ティックトック)のアプリには年齢制限がないのかな、と思いこんでしまう方もいるようです。

友だちがやっていれば自分もやってみたいと思う小中学生もいるでしょう。

でもちょっと待って!実はTikTok(ティックトック)には年齢制限があることをご存じでしょうか。

ではいったい何歳からTikTok(ティックトック)を利用できるのでしょうか。

子どもの頃からTikTok(ティックトック)を始める危険性を絡めながら、みていきましょう。

TikTok(ティックトック)の年齢制限を分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)の年齢制限は?

結論から言いますと、TikTok(ティックトック)の年齢制限は13歳以上の方と定められています。

TikTok(ティックトック)の利用規約にも年齢制限について記載されていますのでご確認ください。

【11.その他の条項:e.年齢制限】https://www.tiktok.com/ja/terms-of-use

特に利用契約を交わさない代わりに、TikTok(ティックトック)を利用することで13歳以上であることを保証したとするとしています。

よって12歳以下の小学生や、中学生になっても誕生日が来ない人はTikTok(ティックトック)を使用してはいけません。

もし年齢規約未満の人がTikTok(ティックトック)を使用していることがわかった場合は、運営においてアカウントを終了するとしています。

もし自分のお友だちが知らずにTikTok(ティックトック)を使っている場合は、教えてあげてくださいね。

親のアカウントでTikTok(ティックトック)を利用することは問題ないのか

中には親のアカウントでTikTok(ティックトック)へ動画を投稿したり、親みずからが子どもを有名にするために公開したりすることに問題ないのでしょうか。

中には親の許可範囲内であれば大丈夫ではないだろうか、と思う方もいるようです。

しかし大人でもインターネットに疎い人、ネットを使っていてもマナーや法律について詳しくない方は大勢いいます。

まわりがやっているから大丈夫かな、と小学生の子どもにTikTok(ティックトック)の利用を認めてしまうのは考え物です。

TikTok(ティックトック)の年齢制限を親が知っていれば防げたはずなのに、知らずに容認しているパターンも少なくありません。

インターネットについて詳しくない方は、学校や地方自治体で行っているスマホのマナー教室などへの参加をしてみてはいかがでしょうか。

きちんとルールを守って使えば便利ですばらしいツールであることを、子どもたちに教えてあげましょう。それは親の役目です。

TikTok(ティックトック)に年齢制限がある意味を理解しよう

TikTok(ティックトック)に年齢制限がある理由は、危険と隣り合わせだからです。

ただ動画を視聴しているだけでは、危険はありません。

恐いのは、他のユーザーとコミュニケーションを取ったときや動画を公開したときです。

動画の公開は、顔・制服・背景などから個人情報をさらしていると言っても過言ではありません。

特にネット上に公開された顔は一生消えないと言われており、絶対に公開してはならないとされています。

自分の動画はどこへ流出するのかわかりません。悪意ある人に使われてしまう可能性もあり、将来に影響してしまうおそれもあります。

本当は顔をさらさないのが一番いいのです。

またTikTok(ティックトック)内の大人が、ティーンをターゲットに犯罪目的で近づいてくるパターンもあります。

そのような危険から守るために、TikTok(ティックトック)では年齢制限が設定されているのです。

ただ年齢制限外の中学生や高校生を危険から遠ざけるために役立つTikTok(ティックトック)のふたつの設定方法をご紹介しましょう。

公開できるのを友達だけにする

  • 1.「マイページ」→画面右上「三本線アイコン」→「設定」→「プライバシー設定」をタップ
  • 2.「非公開アカウント」をオンにする(ボタンを緑にしましょう)

公開するときは毎回非公開アカウントに設定してから投稿しましょう。自分が承認した人だけが動画を観ることができます。

自分の動画をダウンロードできないように設定する

  • 「マイページ」→画面右上「三本線アイコン」→「設定」→「プライバシー設定」をタップ
  • 「自分の動画をダウンロード出来る人」をオフにする

また友だちが流出させてしまう可能性もあるので、自分の動画をダウンロードできないように設定しておきましょう

TikTok(ティックトック)の年齢制限を分かりやすく解説まとめ

TikTok(ティックトック)の年齢制限についてわかりやすくご紹介しました。 きちんと年齢制限が設定されています。

よってみんながやっているからいいやと安易な気持ちで使用するのはやめましょう。

年齢制限を知らずに小学生以下のお子さんがTikTok(ティックトック)を使っているとしたら親御さんの責任です。

まずは親がインターネットや子どもの環境に目を向けることが、子どもを犯罪から守るために大切だと言えるでしょう。

ぜひこの記事を読み、子どものTikTok(ティックトック)使用について再確認してくださいね。