LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)の収益化プログラムと収入を得る方法を詳しく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

TikTok(ティックトック)で動画の投稿をしている人の中には、TikTok(ティックトック)で収入を得ることを目的としている人もいるでしょう。

2021年現在、職業としてTikToker(ティックトッカー)を名乗る人も登場していますが、一般的にTikTok(ティックトック)には収益化プログラムがないと思っている人も多いはずです。

しかし2020年頃から少しずつですが、TikTok(ティックトック)が収益化プログラムを導入し始めています。

そこで今回は、TikTok(ティックトック)の収益化プログラムと収入を得る方法を詳しく解説していきます。

TikTok(ティックトック)の収益化プログラムと収入を得る方法を詳しく解説

TikTok(ティックトック)の収益化プログラムは2020年か日本でスタートしている

これまでYoutube(ユーチューブ)などのように独自の収益化プログラムがないといわれていた、TikTok(ティックトック)ですが2021年現在では一定の条件を満たしたユーザーに向けての収益化プログラムが導入されるようになってきました。

実際に日本での収益化プログラムの導入が発表されたのは2019年であり、実際に収益化プログラムがスタートしたのが2020年のことでした。

2021年現在はYoutube(ユーチューブ)ほど収益化プログラムがあまり知られてはいないものの、TikTok(ティックトック)の収益化プログラムで収入を得るようになったユーザーも徐々に増加傾向にあります。

TikTok(ティックトック)の収益化プログラムで収益を得る具体的な方法

TikTok(ティックトック)の収益化プログラムで具体的に収益を得る方法ですが、ライブ配信による投げ銭方式というスタイルをとっているようです。

Youtube(ユーチューブ)のように動画の始めや途中に企業広告を挟んで、視聴者が広告を視聴することで収入を得るというような収益化プログラムではありません。

TikTok(ティックトック)の収益化プログラムは、ライブ配信を視聴しているリスナー(視聴者)がライブ配信者に直接投げ銭を行うという方法をとっています。

つまりTikTok(ティックトック)では視聴者の具体的な数や、投げ銭してくれるファン層の厚みなどが直接的な収益につながってくるということになるでしょう。

リスナー(視聴者)は、ライブ配信者への「ギフティング」と呼ばれる行為によって特定のライブ配信者に投げ銭を送ることができます。

ギフティングの具体的なやり方としては、まずはTikTok(ティックトック)への課金を行いTikTok(ティックトック)でギフトを購入するための「コイン」を購入することいなるでしょう。

課金を行いコインをチャージすると、実際にライブ配信者に贈るためのバーチャル上のギフトが購入できるようになるでしょう。

ギフトには豊富な種類が用意されており、1つ数十円のギフトから数万円のギフトまで幅広く揃っています。

「コイン」を使ってギフトを購入した上で、ギフティングを行いたい相手のライブ配信中にギフトを投げることにより、ライブ配信者はギフトの購入価格の一部を投げ銭として受け取ることができるという仕組みです。

TikTok(ティックトック)の収益化プログラムで得られる収入の金額はどれくらいなのか?

TikTok(ティックトック)の収益化プログラムである投げ銭システムを使うことによって得られる収入の金額はどれくらいなのでしょうか。

TikTok(ティックトック)の投げ銭システムは、投げ銭をしてくれるリスナーの人数やギフトの金額などによっても大きく変わります。

またTikTok(ティックトック)のギフトの換金率に関しても、視聴者数やギフトの総額、フォロワー数などによっても変動する可能性があるので一概にはいえず、

TikTok(ティックトック)側もライブ配信者が受け取れるギフトの換金率に関しては公式などでアナウンスしていないようです。

しかしクチコミなどをみているとギフトの換金率は50%以下という評判が多くなっており、換金率50%で計算した場合でも1万円のギフトを貰ったら、実際に換金できるのは5000円以下ということになるでしょう。

ただしフォロワー数や視聴者数などが増えるにつれて、ギフトの還元率もよくなる可能性は十分にあります。

TikTok(ティックトック)の収益化プログラムで収益を得る場合の注意点

TikTok(ティックトック)では収益化プログラムの1つとして投げ銭システムが2020年から登場していますが、利用にはいくつかの注意点があります。

TikTok(ティックトック)の投げ銭を利用できるのはライブ配信者も視聴者も20歳以上のみ

TikTok(ティックトック)は10代の利用者も多くなっていますので、中高生でもお小遣い稼ぎとしてTikTok(ティックトック)でのライブ配信を考えていたという人もいるでしょう。

しかしTikTok(ティックトック)で投げ銭システムが利用できるのは、ライブ配信者・視聴者ともに20歳以上に限定されています。

ギフトを購入すること自体も20歳未満は禁止されていますので、必ず20歳以上になってから収益化プログラムを利用していきましょう。

TikTok(ティックトック)の投げ銭の受け取りはPaypay経由の銀行口座振り込みのみ

またTikTok(ティックトック)で収益化プログラムを利用して収益を得る場合、収益の受け取りはPaypayのみに統一されています。

銀行口座にTikTok(ティックトック)から直接報酬を振り込んでもらうなどの支払いには対応していません。

よってTikTok(ティックトック)の収益化プログラムである投げ銭システムに参加するのであれば、必ずPaypayアカウントとPaypayに紐付けする銀行口座が必要になってくるでしょう。

TikTok(ティックトック)の収益化プログラムと収入を得る方法を詳しく解説まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)の収益化プログラムと収入を得る方法を詳しく解説してきました。

TikTok(ティックトック)では収益化プログラムとして2020年より、ライブ配信による投げ銭システムを導入しています。

今後も収益化の方法が多数採用される可能性もありますので、こまめにTikTok(ティックトック)の情報をチェックしていきましょう。