LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)のユーザー数・売り上げ・運営会社は?

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む500名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20200110221252j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む500名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20200110221252j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む500名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20200110221252j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

10代20代を中心にユーザー数を伸ばしているTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)をビジネスに利用したいという人や、TikTok(ティックトック)の安全性を知りたいと思っている人もいますよね。

人気のSNSサービスの1つとなっているTikTok(ティックトック)の概要を知るためには、ユーザー数や売り上げ、運営会社について詳しく知りたいという人もいるでしょう。

そこで今回は、TikTok(ティックトック)のユーザー数・売り上げ・運営会社について詳しく調べてみました。

TikTok(ティックトック)のユーザー数・売り上げ・運営会社は?

TikTok(ティックトック)のユーザー数は2020年で国内950万人を突破

30代以上の世代ではあまり馴染みがないという人も多いTikTok(ティックトック)ですが、2020年現在ではTikTok(ティックトック)のユーザー数は950万人を突破しています。

SNSのユーザー数ランキングの中でも、LINEやInstagram、TwitterやFacebookなどの大手SNSサービスに続いて第5位のユーザー数を誇っていることでも有名です。

ショート動画配信型のSNSは、TikTok(ティックトック)の他にも17LINEやSHOWROOMなどが挙げられますが、ユーザー数ではTikTok(ティックトック)が最大の登録ユーザー数となっています。

世界的なTikTok(ティックトック)の登録者数は6億人を超えていると言われているようです。

登録者数が5900万人を超えたインドなどでは、一時的にTikTok(ティックトック)のダウンロードを国が規制するなどの事態もみられたほどに社会現象となりました。

またこれまでの利用者が10代20代が中心だったことなどから、今後30代以上の新規ユーザー開拓にも期待がもたれています。

TikTok(ティックトック)の売り上げ

TikTok(ティックトック)は短期間でユーザー数を大幅に伸ばしているスマホアプリですが、それに伴って売り上げも大きく伸ばしているようです。

正確なTikTok(ティックトック)の売り上げについては諸説ありますが、2020年4月の段階で世界売り上げが単月でおよそ84億円と言われています。

年間で換算すると1000億円を超えてきますので、かなり大きなビジネスとなってきていることがわかりますよね。

例えば同じ動画配信サービスのYoutubeは、主な運営の売り上げは動画の間に挟まっている広告です。

また同じショート動画配信サービスのSHOWROOMなどは、主な運営の売り上げは視聴者からの投げ銭だといえるでしょう。

しかしTikTok(ティックトック)では、まだまだ収入源がしっかり確率されているというイメージが薄く、広告収入・ファンビジネス・投げ銭を手広く試しているという印象絵です。

主な収入源がしっかり定まっていない中でも大きな売り上げをあげているのは、やはりTikTok(ティックトック)の登録ユーザー数が圧倒的に多いというのが大きな理由だといえるでしょう。

TikTok(ティックトック)の運営会社は?

TikTok(ティックトック)というアプリの名前を知っているという人は多いようですが、TikTok(ティックトック)の運営会社を知らないという人は多いようです。

またTikTok(ティックトック)が日本産のアプリだと思っている人も多くなっていますが、実際には「ByteDance」という中国の企業が運営会社となっています。

TikTok(ティックトック)の運営会社である「ByteDance」は、TikTok(ティックトック)の他にもアプリ開発のサービスを提供しているようです。

しかしTikTok(ティックトック)の他に日本で有名なアプリはなく、やはりTikTok(ティックトック)がメインのサービスとなっているようですね。

TikTok(ティックトック)が中国の運営会社が提供するサービスであるということから、個人情報の流出などが心配されているのも事実です。

実際にインドではTikTok(ティックトック)の利用がすでに禁止されており、アメリカやオーストラリアに関しても国単位での利用禁止が検討されています。

このような流れから、ユーザー数の多い大国の利用が法的に禁止されることで、ユーザー数が減り売り上げが落ちるという可能性もゼロではありません。

しかし、現在TikTok(ティックトック)を運営する「ByteDance」は以下のような国にも拠点を置いており、今後も市場を拡大させていく狙いがあるようです。

  • アジア(中国・日本・韓国・タイ・フィリピン・ベトナム・マレーシア・シンガポール・インドネシアなど。)
  • ヨーロッパ(イギリス・フランス・ドイツ・ポーランド)
  • 中東・アフリカ(モロッコ・トルコ・アラブ首長国連邦・エジプト)
  • 南北アメリカ(アメリカ・カナダ・メキシコ・ブラジル)

TikTok(ティックトック)のユーザー数・売り上げ・運営会社は?まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)のユーザー数・売り上げ・運営会社について詳しく調べてみました。

TikTok(ティックトック)は中国発のスマホアプリであり、2020年現在飛躍的にユーザー数や売り上げを伸ばしています。

ただし国の情勢などの関係で、今後はユーザー数などが強制的に落ちていく可能性も十分に考えられるようです。

若い世代を中心に人気自体はあるので、問題がなければ今後も人気は高まっていくことが予想されます。