LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスの登録方法と審査の条件を分かりやすく解説

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181028140558j:plain

YOUTUBE(ユーチューブ)はYOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスという広告表示機能を有効化することで収益を出すことが出来ます。

今回は、YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスの登録方法と審査の条件について詳しく解説していきます。

YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスの登録方法と審査の条件を分かりやすく解説

YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスとは

YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスとは、YOUTUBE(ユーチューブ)のチャンネルに広告を掲載して収益を出す機能です。

ブログなどでもGoogle AdSenseという広告掲載の機能がありますが、Google AdSenseは複数のブログや動画に使える一方で、YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスはYOUTUBE(ユーチューブ)の単一のチャンネルにしか使えないという違いがあります。

YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスの登録方法

YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスの登録は以下の手順で行います。

  1. YOUTUBE(ユーチューブ)パートナープログラムの利用規約に同意して、機能を有効にする
  2. YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスに申し込む
  3. YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスでの広告の設定をする
  4. YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスの審査を受ける

4.のアドセンスの審査が通ることで、はじめてYOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスで収益を出せるようになります。では、この手順について、ひとつずつ詳しく解説していきす。

1.YOUTUBE(ユーチューブ)パートナープログラムの利用規約に同意して機能を有効化する

YOUTUBE(ユーチューブ)へログインし「設定」→「ステータスと機能」の画面へ移動して「収益受け取り」を有効にします。

画像では「利用不可」となっていますが、国を選択すると簡単に有効化できます。有効化後には利用規約が表示されるので同意します。

2.YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスに申し込む

アドセンスの申し込み時は、動画の投稿がない状態でもできます。申込み後、数日でYOUTUBE(ユーチューブ)アドセンス合格の通知が来ます。

また、すでにブログなどでGoogle AdSenseのアカウントをお持ちの方は、この手順でブログで合格したアドセンスを紐づけすることができます。

しかし、逆にYOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスをブログなどの他の媒体に利用するのは別に審査が必要になるので注意しましょう。

3.YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスでの広告の設定をする

YOUTUBE(ユーチューブ)では「収益化の設定」という文言になっていますが、要するに広告をどのように表示するかという設定です。

この段階では、まだ審査に合格していないのですが、あらかじめ設定しておくことで合格後すぐに広告が表示されるようになります。

4.YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスの審査を受ける

ここで最後に審査が必要になり、この審査に合格することではじめてYOUTUBE(ユーチューブ)に広告が表示できるようになります。

手順2でアドセンスの申し込みと合格は終わっているのでは?と勘違いしやすいのですが、厳密には手順1で規約に同意したYOUTUBE(ユーチューブ)パートナープログラムの審査が手順4ということになります。

ただ、実際にはこの手順4のYOUTUBE(ユーチューブ)パートナープログラムの審査が、YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスの審査と呼ばれており、YOUTUBE(ユーチューブ)で収益化を目指す人の第一関門になっています。

YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスの審査の条件

2018年から、YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスで広告を表示するには一定の条件が必要になりました。

  • YOUTUBE(ユーチューブ)チャンネルの過去12ヶ月間の総再生時間が4,000時間
  • YOUTUBE(ユーチューブ)チャンネルの登録者数が1,000人以上

この両方の条件を満たすと審査の対象になります。

中々厳しい条件のようにも思えますが、一時期、収益だけを目的とした低品質なテキスト動画などが急増したため、一定の動画のクオリティを保つためにこのような条件ができたようです。

たしかに、長い道のりのようにも思えますが、チャンネル登録者数は増えれば増えるほど、増加率も高くなっていくものです。

登録者数が増えれば1コンテンツあたりの再生時間も比例して増えていきますので、コツコツと続けていれば達成できない数字ではないと思ってがんばりましょう。

ちなみに、自分がいまどのくらいの総再生時間とチャンネル登録者数なのかはYOUTUBE(ユーチューブ)の設定画面から確認できます。

YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスの審査は遅い?

この方はウェブサイトのアドセンスは合格しているのですが、YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスの審査の返事がなかなか来ていなかったようです。

同様にYOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスの審査結果がなかなか来ないという声は多く上がっていました。

Googleもこの審査の遅れは問題視しており、2018年中頃より審査人員の増加などの対策がとられ、このような声は少なくなりました。

とはいえ、実際のところ今でもブログのGoogle AdSenseにしても人によって通知が早かったり一向に返事がなかったりと、だいぶバラつきがあるようなので、ある程度は気長に待つしかないのかもしれません。

YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスの登録方法と審査の条件を分かりやすく解説まとめ

YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスの登録は簡単にできますが、パートナープログラムの審査の条件は2018年よりチャンネル登録者数1,000人と総再生時間4,000時間と少し厳しくなりました。

とはいえ、コツコツ続けているうちに十分達成可能な条件ですので、あきらめずに続けていきましょう。