LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)チャンネルを開設して動画投稿を行なっていたという人の中には、急に垢BAN(垢バン)されて困っているという人もいるのではないでしょうか。

ある程度の有名人であっても、クチコミなどで「YouTube(ユーチューブ)で垢BAN(垢バン)された」というものを見たことがある人も多いですよね。

実際にYouTube(ユーチューブ)で垢BAN(垢バン)されると、アカウントはどのようになるのでしょうか。

また万が一YouTube(ユーチューブ)に垢BAN(垢バン)された場合には、どのように対処していくのがよいのでしょうか。

ここではYouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)について、分かりやすく解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)とは?

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)とは、「アカウントban」のことを指すワードです。

そもそもbanとは、英語の「禁止令」という意味になってきますので、YouTube(ユーチューブ)やSNSなどで利用されるbanとは「利用禁止」や「アカウント削除」などを指すワードとして利用されています。

そして口コミを見ていると、突然YouTube(ユーチューブ)が開けなくなってしまったため、「YouTube(ユーチューブ)に垢BAN(垢バン)されたのでは?」と心配になる人もいるようです。

しかしYouTube(ユーチューブ)が開けないだけでは、YouTube(ユーチューブ)に垢BAN(垢バン)されたと判断することはできません。

YouTube(ユーチューブ)が突然開けなくなった場合には、垢BAN(垢バン)の他にも以下のようなトラブルがないかどうかを確認してみましょう。

  • wifiやモバイルデータ通信の不具合
  • YouTube(ユーチューブ)アプリやブラウザの不具合
  • YouTube(ユーチューブ)のサーバートラブル

またYouTube(ユーチューブ)で垢BAN(垢バン)されるようなアカウントは、以下のいずれかの行為を行なっている可能性があります。

  • コミュニティガイドラインや利用規約の違反
  • ポリシーの違反
  • 悪質と判断されるような嫌がらせ行為

また違反行為の内容によっては行為一回で垢BAN(垢バン)されるものもあれば、何回かの行為の末に垢BAN(垢バン)されるものもあるようです。

ポリシーやガイドライン、利用規約違反の場合には何度かの警告の末に垢BAN(垢バン)されるようですが、他のユーザーへの迷惑行為などの場合には一発で垢BAN(垢バン)されるといわれています。

また具体的に垢BAN(垢バン)されやすいYouTube(ユーチューブ)動画のコンテンツとしては、たとえば以下のようなものが考えられるでしょう。

  • 大人向けと判断されるコンテンツ
  • 有害・危険と判断されたコンテンツ
  • 差別など、一定のユーザーが不快感を示す可能性のあるコンテンツ
  • 暴力的(または暴力的と判断される)なコンテンツ
  • 著作権侵害やプライバシー侵害など(またはその可能性がある)コンテンツ

YouTube(ユーチューブ)が垢BAN(垢バン)された時にとっさにやってはいけないこと

YouTube(ユーチューブ)に垢BAN(垢バン)された時に、とっさにやってしまいがちなのがYouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)されたアカウントの削除です。

YouTube(ユーチューブ)で垢BAN(垢バン)されたアカウントは、もう二度と復活できないと思ってしまう人もいるかもしれませんね。

しかしYouTube(ユーチューブ)では異議申し立てを行うことで、垢BAN(垢バン)されたアカウントが復活するという可能性もあります。

しかし垢BAN(垢バン)されたアカウント自体を削除してしまうと、アカウントの復活や異議申し立てができなくなるのです。

YouTube(ユーチューブ)に垢BAN(垢バン)された場合には、とっさにアカウントの削除を行わないように注意しましょう。

YouTube(ユーチューブ)が垢BAN(垢バン)されたら異議申し立てを行う

YouTube(ユーチューブ)に垢BAN(垢バン)されたことが判明した場合で、アカウントを復活させたいという場合には、まずは異議申し立てを行なっていくのがおすすめです。

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)に関する異議申し立てを行う場合には、「Googleアサービスにアクセスできない」というページから手続きを行なっていきます。

「Googleサービスにアクセスできない」では、登録者名やメールアドレスなどを求められる他に、垢BAN(垢バン)された動画のURLなどが求められるでしょう。

またどのような意義があり、垢BAN(垢バン)を解除して欲しいのかを記載して送信手続きを行なってください。

異議申し立てがYouTube(ユーチューブ)側によって理解されれば、垢BAN(垢バン)が解除されてアカウントが復活するでしょう。

またクチコミなどを見ていると、YouTube(ユーチューブ)ガイドラインにあるような異議申し立てを行なって却下された場合でも、直接のYouTube(ユーチューブ)側への問い合わせで垢BAN(垢バン)が解除されたという人もいるようです。

そのため垢BAN(垢バン)された時の流れとしては、以下のような手順をとっていくのが最善の方法だといえるでしょう。

  • まずはYouTube(ユーチューブ)側に異議申し立てを行う
  • 異議申し立てが却下されたら直接問い合わせで交渉してみる
  • 直接交渉もダメならアカウント削除など他の対応を考える

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)を分かりやすく解説まとめ

今回はYouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)について、分かりやすく解説してきました。

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)は、利用規約やポリシーに違反したと判断された場合に起きる可能性が高くなります。

まずは自分のYouTube(ユーチューブ)上での行為に問題がなかったかを確認して、異議申し立ての手続きを行なっていくのがよいでしょう。