LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)とは何なの?

よく垢BAN(垢バン)されたという声を見かけますが、実際「垢BAN(垢バン)」とはどのようなものをさすのでしょうか。

またYouTube(ユーチューブ)で垢BAN(垢バン)されてしまったときの対処法はどのようにしたらいいのか、悩んでいる方もいるはずです。

ここではYouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)とは何なのか、万が一垢BAN(垢バン)されてしまったときの対処法について解説していきましょう。

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)とは?

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)とは、別名「アカウントBAN」をさします。

そもそもBANとは、英語で禁止令という意味になります。

よってYouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)とは、アカウント削除やアカウント凍結などをさすと言えるでしょう。

中にはYouTube(ユーチューブ)にアクセスできない原因が、垢BAN(垢バン)されてしまったためと考える方もいますが、それは違います。

YouTube(ユーチューブ)にアクセスできない原因は、ネット通信環境のトラブル、モバイルの場合はデータ通信量のオーバー、アプリやデバイスの不具合、サーバーダウンなどになります。

たしかに垢BAN(垢バン)もYouTube(ユーチューブ)にアクセスできない原因のひとつに含まれていますが、垢BAN(垢バン)されてしまった場合の症状にはもうひとつ明確なものがあります。

上の口コミを見てわかる通り、垢BAN(垢バン)とはYouTube(ユーチューブ)にログインできないことをさします。

たとえYouTube(ユーチューブ)に垢BAN(垢バン)されてしまっても、ログインしない状態で他人が公開した動画を視聴できますが、ログインが必要になるコメントはできなくなります。

一方、配信者のYouTube(ユーチューブ)アカウントが垢BAN(垢バン)されてしまった場合は、投稿動画は削除されてしまうことになるため、全ユーザーが動画の視聴やコメントができなくなります。

もちろん投稿者も、垢BAN(垢バン)によってログインしなければ利用できない動画コンテンツの制作はいっさい行えません。

すなわちYouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)とは、運営によるチャンネルの停止や削除を意味するものと考えてよいでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)の原因

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)の原因は、コミュニティガイドラインや利用規約・ポリシーの違反か、著作権の侵害です。

コミュニティガイドラインや利用規約・ポリシーの違反とは、たとえばYouTube(ユーチューブ)の動画投稿をする場合、以下のコンテンツを公開することをさします。

  • 大人向けと判断されるコンテンツ
  • 有害・危険と判断されたコンテンツ
  • 差別など、一定のユーザーが不快感を示す可能性のあるコンテンツ
  • 暴力的(または暴力的と判断される)なコンテンツ

著作権侵害、またはこれらのコンテンツをYouTube(ユーチューブ)に投稿した場合は、よほどの場合でなければたった1回で垢BAN(垢バン)されるケースは少ないと考えてよいでしょう。

まずはじめに警告されたのち、改善されない場合に垢BAN(垢バン)の措置がとられます。

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)は、動画の投稿者だけでなく、視聴者側でもおこります。

垢BAN(垢バン)の原因となる代表的な行為は、攻撃的・差別的・中傷的なコメントを繰り返し投稿することでしょう。

これらの行為は、YouTube(ユーチューブ)のガイドラインや利用規約違反のペナルティとして、即座に垢BAN(垢バン)の措置がとられることもめずらしくありません。

また投稿者の動画投稿における著作権侵害も、YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)の原因でしょう。

著作権の侵害については気づかずにやってしまうケースもめずらしくありません。

悪意のない違反行為で、YouTube(ユーチューブ)が垢BAN(垢バン)されてしまった場合も、ペナルティを取り消すことはできません。

ただしYouTube(ユーチューブ)運営の判断ミスによる垢BAN(垢バン)出会った場合には対処法があります。

YouTube(ユーチューブ)で垢BAN(垢バン)されたときの対処法

YouTube(ユーチューブ)で垢BAN(垢バン)されたときの対処法をみていきましょう。

まずYouTube(ユーチューブ)で垢BAN(垢バン)されてしまったとき、とっさにやってしまいがちなのが、みずからアカウント削除を行う行為です。

しかし運営側の判断ミスによってYouTube(ユーチューブ)で垢BAN(垢バン)された場合は、対処法として異議申し立てを行うことができます。

よって、垢BAN(垢バン)されてしまった場合、みずからアカウント削除は行わないようにしましょう。

アカウント復活を行うときの異議申し立てのやり方は、「Googleアサービスにアクセスできない」というページから手続きを行ないます。

「Googleサービスにアクセスできない」では、登録者名やメールアドレスなどを求められる他に、垢BAN(垢バン)された動画のURLなどを提出することになります。

また異議申し立てを行う理由と、垢BAN(垢バン)を解除してほしいという内容をして記載して手続きを行ってください。

異議申し立てがYouTube(ユーチューブ)側によって承認されることで、垢BAN(垢バン)は解除され、アカウントの利用を再開できます。

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)を分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)の垢BAN(垢バン)は、コミュニティガイドラインや利用規約・ポリシーの違反、または著作権の侵害によるペナルティです。

垢BAN(垢バン)はアカウント凍結されてしまうため、YouTube(ユーチューブ)の動画制作・投稿はもちろん、視聴者として動画にコメントを残すこともできません。

投稿者が垢BAN(垢バン)されてしまった場合は、投稿動画はすべて削除されてしまうため、見ることができなくなってしまいます。

YouTube(ユーチューブ)の違反行為による垢BAN(垢バン)は取り消すことができませんが、

運営側の判断ミスみよる垢BAN(垢バン)は異議申し立てによって対処し、承認されることでふたたびアカウントを利用できます。