LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

YOUTUBE(ユーチューブ)のBAN・アカウント削除・ペナルティを詳しく解説

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181028140558j:plain

YOUTUBE(ユーチューブ)を普通に使っているだけなのに急にBANされたことはないでしょうか。

YOUTUBE(ユーチューブ)は一定の基準に反しているアカウントをBANしますが、その基準が分からないと戸惑ってしまいますよね。

今回はYOUTUBE(ユーチューブ)のBAN・アカウント削除・ペナルティについて詳しく解説していきます。

YOUTUBE(ユーチューブ)のBAN・アカウント削除・ペナルティを詳しく解説

YOUTUBE(ユーチューブ)のBAN・アカウント削除・ペナルティの基準はコミュニティガイドライン

YOUTUBE(ユーチューブ)でBANされるのは、以下の3つのケースが多いです。

  • YOUTUBE(ユーチューブ)利用規約違反によるBAN・アカウント削除・ペナルティ
  • YOUTUBE(ユーチューブ)コミュニティガイドライン違反によるBAN・アカウント削除・ペナルティ
  • YOUTUBE(ユーチューブ)で著作権侵害によるBAN・アカウント削除・ペナルティ

この中でとくに多いのがYOUTUBE(ユーチューブ)コミュニティガイドライン違反です。

コミュニティガイドラインでは12の項目を基準として挙げていますがBANされる理由で代表的なものは、性的なコンテンツ、暴力的なコンテンツ、嫌がらせやネットいじめ、スパム行為の4つです。

YOUTUBE(ユーチューブ)に性的なコンテンツと判断されてBAN・アカウント削除・ペナルティを受けるケース

YOUTUBE(ユーチューブ)が性的なコンテンツと判断する基準は非常に厳しくなっています。

韓国発信で流行したASMR(人がものを食べる音など、脳が心地よいと感じる音)が、音だけで性的なコンテンツと判断されてBANされるケースもあるほどです。

この方は事前にアカウント停止警告をもらっていますが、利用規約では「事前の通知なく~アカウントを終了することができます」とありますので、BANの可能性があるコンテンツの投稿は慎重になりすぎるくらいでちょうどよいかもしれmせんね。

YOUTUBE(ユーチューブ)に暴力的なコンテンツと判断されてBAN・アカウント削除・ペナルティを受けるケース

明らかに暴力的なシーンを収録した投稿がBANの対象となるのはもちろんですが、この方のように叫び声が入っているだけでも暴力的なコンテンツと判断されることもあります。

ASMRの例でもそうですが、コンテンツがコミュニティガイドラインに準拠しているかのYOUTUBE(ユーチューブ)の判断は必ずしも正確ではありません。

YOUTUBE(ユーチューブ)のBAN・アカウント削除・ペナルティはコメントも判断基準にされる

YOUTUBE(ユーチューブ)になにも投稿していなくても、誰かの投稿にコメントを残しているだけでもBANされることがあります。

コミュニティガイドラインの「嫌がらせやネットいじめ」または「スパム、詐欺」などが当てはまります。

たとえば、コメントで同じ内容のものを連投したりすると、それが悪意のないものであっても嫌がらせと判断されてBANされることもあります。

また、この方が言うように投稿やコメントなどに不適切なものがある場合は、YOUTUBE(ユーチューブ)に報告することができます。

しかし、逆に言うとチャンネル登録数と総再生数が多くなればなるほど、コンテンツの内容が不適切だと報告する視聴者も増えてくるということでもあります。

有名税だとしても、アカウント削除はちょっと高すぎるような気もしますね。

YOUTUBE(ユーチューブ)のBAN・アカウント削除・ペナルティの復活方法

心当たりのない理由でアカウント削除やペナルティを受けてしまったときにも救済方法があります。

YOUTUBE(ユーチューブ)のペナルティで動画が削除されているときの復活方法

コミュニティガイドライン違反でペナルティを受ける場合には、YOUTUBE(ユーチューブ)にログインするとチャンネル設定に警告が表示されます。

この警告が表示された動画を削除しても、違反警告がなかったことにはなりません。

違反自体がない状態にするためには「異議申し立て」をしなければなりません。

「異議申し立て」はYOUTUBE(ユーチューブ)の「クリエイターツール」の「チャンネル」の「ステータスと機能」から行います。

YOUTUBE(ユーチューブ)のBAN・アカウント削除の復活方法

BAN・アカウント削除でYOUTUBE(ユーチューブ)自体が利用できなくなっているときには、YOUTUBE(ユーチューブ)サービス経由の異議申し立てではなく、Googleアカウントに対して連絡をします。

BAN・アカウント削除の通知がメールできている場合には、そこからGoogleに対して連絡できるURLへ飛ぶことができますし、通知がない場合にはGoogleアカウントのヘルプサービスから下記の画面を探すことができます。 このフォームに必要事項を入力して送信することで、BAN・アカウント削除・ペナルティの再審査がされて、復活できることもあります。

YOUTUBE(ユーチューブ)のBAN・アカウント削除・ペナルティのときの収益はどうなるのか

YOUTUBE(ユーチューブ)アドセンスなどで収益が発生しているのにBAN・アカウント削除をされたとき、収益は支払われなくなってしまいます。

複数のYOUTUBE(ユーチューブ)アカウントを持っていると別のアカウントの収益は発生しますが、当然にBAN・アカウント削除されたアカウントの収益はなくなります。

YOUTUBE(ユーチューブ)のペナルティの期間は3ヶ月

YOUTUBE(ユーチューブ)からコミュニティガイドラインの違反警告を受けると、動画投稿の機能に制限がかかってしまうペナルティを受けてしまいます。

このペナルティは違反警告を受けた動画を削除すれば解除されますが、違反警告自体の有効期限がGoogle側で3ヶ月としているため、3ヶ月後にはペナルティは解除されます。

ただし、違反警告のペナルティは軽いうちは機能制限ですみますが、短期間で違反警告が重なるとアカウント削除などの重い措置がとられるので、放置するのは良くないですね。

YOUTUBE(ユーチューブ)のBAN・アカウント削除・ペナルティを詳しく解説まとめ

YOUTUBE(ユーチューブ)のBAN・アカウント削除・ペナルティは気をつけていても受けてしまうことがあります。

心当たりのないBAN・アカウント削除・ペナルティは速やかにGoogleへ問い合わせしましょう。