LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の音楽・BGMの著作権を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)の音楽とBGMには著作権があるって聞いたけれど本当?

歌ってみたの動画を撮影するためにCDに収録されている音楽を使いたい。

カラオケボックスの音楽はYouTube(ユーチューブ)で使える?

YouTube(ユーチューブ)のBGMにCDの音楽を使った場合、著作権に触れてしまう可能性はあるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

YouTube(ユーチューブ)の音楽・BGMの著作権を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)のすべての音楽やBGMには著作権があり、利用権利が保護されています。

たとえ著作権フリーの音楽やBGMであったとしても、YouTube(ユーチューブ)で自由に使えるわけではありません。

YouTube(ユーチューブ)の音楽やBGMで著作権を侵害してしまった場合は、動画削除・アカウント停止・収益化の無効というペナルティが課せられてしまいます。

YouTube(ユーチューブ)の音楽・BGMの著作権とは?

YouTube(ユーチューブ)の音楽とBGMの著作権とは、楽曲の利用権利は制作者にあることを示し保護する権利です。

音楽やBGMを自由に利用することは、著作権に抵触し、罰則の対象になります。

YouTube(ユーチューブ)の音楽・BGMの著作権の確認方法

YouTube(ユーチューブ)の音楽とBGMにおける著作権の確認方法は、まずJASARCに登録されているのかどうかを把握することです。

JASRACとは、日本の音楽の著作権を管理している団体「一般社団法人日本音楽著作権協会」をさしています。

YouTube(ユーチューブ)はJASRACと包括契約を締結しているため、JASRACに著作権登録されている楽曲をYouTube(ユーチューブ)で利用できます。

音楽とBGMの著作権の確認方法は、YouTube(ユーチューブ)で使用したい楽曲をJASRACの公式サイトで検索し、登録されている場合は利用できます。

YouTube(ユーチューブ)はJRC(ジャパン・ライツ・クリアランス)とイーライセンスなどと包括契約を締結済みですので、JASRACにない音楽はこちらでも確認してみましょう。

YouTube(ユーチューブ)の音楽・BGMがJASRACに登録されていても著作権を侵害するケース

ただしJASARCに登録されている音楽やBGMであったとしても、市販のCDやダウンロード入手したものを利用したり、リミックス編集したり、カラオケボックスでの音声や映像の録画をYouTube(ユーチューブ)投稿すると著作権を侵害します。

CDはレーベル、カラオケボックスの音源はカラオケのメーカーが権利を保有しているため、これらに許可を得なければ著作権を侵害してしまうことになるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の音楽・BGMは著作権フリーでも自由に使えない

音楽やBGMの中には、YouTube(ユーチューブ)で利用する方のために、著作権フリーで音楽やBGMを配布しているケースがあります。

ただし著作権フリーであっても、クレジット表記をしなければならないケースは多いです。

クレジット表記以外にも、以下のような条件が定められていることもあるため、音楽やBGMを利用する前に確認しましょう。

  • 商用利用は可能か
  • 使用期間はあるのか
  • 著作権者への連絡は必要なのか

著作権フリーの音楽やBGMをYouTube(ユーチューブ)で利用する場合は、必ず注意事項をよく読んで正しくご利用ください。

YouTube(ユーチューブ)の音楽・BGMの著作権を回避する方法

YouTube(ユーチューブ)の音楽とBGMの著作権を回避する方法をいくつかご紹介します。

著作権を回避する方法1:YouTube(ユーチューブ)「オーディオライブラリ」の音楽・BGMを利用する

YouTube(ユーチューブ) Studioの「オーディオライブラリ」では、動画で使用する音楽・BGMを無料配布しており、著作権上安全に利用できます。

一覧から気になる音楽やBGMの「ライセンス」をポイントしてみましょう。

「この音声トラックは、収益化する動画も含め、あらゆる動画でご自由にお使いいただけます。帰属表示は不要です。」と表示されるものは、著作権を回避することができます。

一方、帰属表示が必要な音楽やBGMだった場合は、必ずYouTube(ユーチューブ)動画の概要欄でアーティストのクレジットを記載しましょう。

著作権を回避する方法2:YouTube(ユーチューブ)で利用したい音楽・BGMの著作権者に許可を取る

YouTube(ユーチューブ)で使用したい音楽やBGMの著作権者に許可を得ることで著作権を回避できますが、ハードルは高いです。

市販CDの音楽やBGMはレコード会社へ、カラオケボックスの録画はカラオケメーカーへ、リミックスする場合は楽曲の作詞・作曲者のほかにも許可が必要な場合もあります。

YouTube(ユーチューブ)の音楽・BGMでの著作権の警告は収益化に影響する

YouTube(ユーチューブ)の音楽とBGMが著作権違反をしていた場合、最終的に収益化に影響を与えてしまいます。

音楽やBGMが著作権に抵触し、著作権者からの通報やYouTube(ユーチューブ)で発覚すると、警告を受けることになります。

著作権者の裁量に応じて対応は異なり、即動画の削除になるケースがあれば、執行猶予付きで改善されなかった場合に削除になるケースもあります。

過去の事例によると3回目の警告を受けてしまった場合は、罰則として、YouTube(ユーチューブ)アカウントのチャンネルすべてが停止になり、動画は削除され、新規チャンネルを作成することもできません。

いわゆるYouTube(ユーチューブ)でアカBANされた状態になってしまい、収益化することができなくなってしまいます。

あらたに収益化をめざす場合は、YouTube(ユーチューブ)であたらにアカウントを登録し、チャンネルと動画を作成し直さなければいけない状態になってしまいます。

YouTube(ユーチューブ)の音楽とBGMの利用は非常にシビアですので、きちんと著作権を守って運営を行いましょう。

YouTube(ユーチューブ)の音楽・BGMの著作権を分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)の音楽とBGMの著作権について解説しました。

自分で制作した音楽やBGMを使用する行為は、著作権は自分にあるためYouTube(ユーチューブ)で自由に利用できます。

ただし音楽やBGMの権利は、作曲者・作詞者をはじめ、音源を制作したレーベルやカラオケメーカーなどにあるため、著作権を無視して利用することはできません。

最悪、著作権違反はYouTube(ユーチューブ)のアカウント停止のペナルティを受けて収益化できなくなってしまうため、きちんと権利を守ってご利用ください。