LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントを分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントとはなに?

ブランドアカウントの作り方や移行方法、削除方法を知りたい。

YouTube(ユーチューブ)で複数のチャンネルを開設したいけれど、できるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

YouTube(ユーチューブ)で複数のチャンネルの運用を検討されている方もいるのではないでしょうか。

そこで把握しておきたいのが、YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントです。

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントを分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントとは?

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントとは、いわゆるサブアカウントをさします。

デフォルトのYouTube(ユーチューブ)のアカウントは、メインアカウントになりますが、サブアカウントはメインアカウントの子アカウントのようなものをさします。

YouTube(ユーチューブ)ではひとつのアカウントに対して、ひとつのチャンネルを開設できます。

サブアカウントを開設することで、もうひとつチャンネルを開設、運用することができます。

ひとりで複数のチャンネルを運用したい場合は、YouTube(ユーチューブ)のサブアカウントを開設する必要があります。

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントのメリットとデメリット

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントのメリットについてみていきましょう。

ブランドアカウントにはメインアカウントと異なる名前を付けることができるため、個人情報の漏洩に役立ちます。

YouTube(ユーチューブ)のメインチャンネルの名前は、Googleアカウント名が表示されるため、カスタマイズできませんが、サブチャンネルは個々にチャンネル名を設定できます。

ブランドアカウントを開設することで、もうひとつチャンネルを追加できるため、複数のチャンネルをひとつのメールアドレスで運用・管理できます。

また権限を付与することで、複数人でブランドアカウントの運用・管理をすることもできます。

メインのアカウントを個人アカウントと呼びますが、メインアカウントは複数人で共有・運用することができません。

万が一、YouTube(ユーチューブ)の運用で不具合やトラブルに見舞われてしまった場合、ブランドアカウントにおけるチャンネルでのトラブルの場合は、削除することができます。

一方ブランドアカウントでもメインアカウントの両方でチャンネル運用を行っていた場合、メインアカウントのチャンネルがトラブルに見舞われてしまった場合に削除してしまうと、ブランドアカウントのチャンネルチャンネルもすべて失うことになります。

一方、ブランドアカウントでチャンネルを運用すれば、たとえトラブルに見舞われてしまっても、親アカウントであるメインチャンネルは残すことができるため、その他のブランドアカウントへの影響はありません。

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントのデメリットについては、思い当たることがありません。

よってYouTube(ユーチューブ)でチャンネル運用を行うのであれば、ブランドアカウントを活用しましょう。

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントの作り方

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントの作り方をみていきましょう。

ログインを完了したら、プロフィールアイコンを選択して「設定」に進みます。

チャンネル項目の「チャンネルを追加または管理する」のリンクを選択します。

つづいて「チャンネルを作成」をクリックしましょう。

「チャンネル名の作成」を入力して、確認事項を読んでチェックをいれ、最後に「作成」を選択することで、ブランドアカウントの作り方は完了となります。

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントへの移行方法

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントへの移行方法をみていきましょう。

アイコンから「設定」に進み、チャンネル項目の「詳細設定を表示する」のリンクを選択しましょう。

チャンネルを移動項目の「チャンネルをブランドアカウントに移動する」のリンクを選択します。

パスワードを入力して認証を行いましょう。

作成済みのアカウント一覧の中から、移動先のブランドアカウントを選択してください。

最後にプレビュー画面を確認後、「チャンネルを移動する」を選択することで、YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントへの移行方法を完了します。

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントの名前の変更方法

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントへの移行方法をみていきましょう。

アイコンから「設定」に進み、Google アカウント項目の「Googleアカウントの設定を表示または変更する」というリンクを選択しましょう。

Googleのサイトから、ブランドアカウントの名前を変更できます。

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントの削除方法

作成した、YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントへの削除方法をみていきましょう。

プロフィールアイコンから「設定」に進み、チャンネル項目の「詳細設定を表示する」のリンクを選択しましょう。

チャンネルを削除という項目の「チャンネルを削除」のリンクを選択します。

パスワードを入力することで、YouTube(ユーチューブ)におけるブランドアカウントの削除方法を完了します。

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントを分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントとは、サブアカウントをさしており、メインアカウントとは区別されています。

ブランドアカウントのもっとも大きなメリットは、万が一動画運用でトラブルに見舞われてしまった場合に、他のアカウントの動画を残したまま、削除できることでしょう。

不特定多数の人に試聴されるYouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントは、動画運用においてマストと言えるのかもしれません。

ブランドアカウントの作り方や移行方法は難しくありませんし、名前の変更方法や削除方法も簡単です。

ぜひYouTube(ユーチューブ)のブランドアカウントを採用して、動画運用を便利かつスムーズに行いましょう。