LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)のカメラのおすすめを分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)のカメラにおすすめはどれなの?

一丸レフ、ミラーレス一丸レフ、コンデジの中から、どのカメラを選んだらよいのかわからない。

YouTube(ユーチューブ)でマリンスポーツや極寒の環境で動画撮影をするときにおすすめのカメラを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。 YouTube(ユーチューブ)の撮影はスマホでも可能ですが、もっとクオリティの高い動画を撮影してチャンネル登録数や視聴回数を伸ばしたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ここではYouTube(ユーチューブ)のカメラでおすすめのものについて解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)のカメラのおすすめを分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)のカメラのおすすめNo.1は軽量かつ機能性を兼ね備えたミラーレス一丸レフ

YouTube(ユーチューブ)のカメラとしてもっとも人気があるおすすめNo.1は、ミラーレス一丸レフカメラです。

レンズで画角を変えることができるため、画質にこだわりながら、軽量性を兼ね備えていることから、YouTube(ユーチューブ)のカメラにもっともおすすめと言えるでしょう。

一丸レフカメラと比較すると、レンズやアクセサリーの選択肢は少ないですが、そのぶん軽さを実現しています。

アクティブにYouTube(ユーチューブ)の撮影を行うことを考えると、ハイブリッドなミラーレス一丸レフカメラがもっとも適していると言えるでしょう。

ただし暗い場所での撮影にもこだわりたいという方であれば、一丸レフカメラを選択せざるを得ません。

バッテリーについても一眼レフカメラのほうが、ミラーレス一丸レフカメラのスペックを上回っていますが、こまめに電源を切ることができれば、ミラーレス一丸レフカメラでも十分と言えるでしょう。

おすすめのカメラとして、Canon EOS Kiss Mは、初心者のYouTube(ユーチューブ)撮影で、現在トップシェアを誇るカメラのひとつと言われています。

照明環境への対応力が高く、軽量性を重視しているため外出の撮影に最適で、手ぶれ補正機能やマイクポートつき、価格は7万円台と低コストです。

デメリットはバッテリーの寿命が短いため、予備のバッテリーを準備することをおすすめします。

YouTube(ユーチューブ)のカメラのおすすめなハンズフリー撮影できるアクションカメラ

YouTube(ユーチューブ)でスポーツやアウトドアなど、アクティブな動画撮影を行いたい方におすすめのカメラは、アクションカメラです。

アクションカメラは別名「ウェアラブルカメラ」と呼ばれ、体に装着してハンズフリーで撮影することができるカメラのことをさします。

カメラを片手に登山やスキー、サイクリングなどの動画撮影を行うことは現実的に不可能ですが、アクションカメラを頭部に装着することで実現できます。

アクションカメラを利用することで、迫力あるYouTube(ユーチューブ)の動画を撮影することができるでしょう。

中には防水機能を搭載したアクションカメラも販売されているため、スキューバーの動画撮影を行うことも可能です。

またアクションカメラを手持ちすることで、アングルを変えられるため、YouTube(ユーチューブ)動画における撮影の幅を広げられることもおすすめと言えるでしょう。

アクションカメラの選び方は、手ぶれ機能つきで、臨場感のある広範囲の撮影を可能にする広角レンズつき、さらになめらかな動きに対応するフレームノートの数値が大きいものがおすすめです。

  • GoPro【HERO9 Black】CHDHX-901-FW:ブレが気になるランニング・フィットネス・マウンテンバイクなど、スポーツ系の撮影におすすめ
  • DJI【OSMO Action】OSMACT:防水性と耐寒性を兼ね備え、水深11m、氷点下という過酷な環境下の撮影にも対応しているため、アウトドア系の撮影におすすめ
  • DJI 【OSMO POCKET】:手ぶれが気になる方の撮影におすすめ
  • SONY【VLOGCAM ZV-1】ZV-1Gシューティンググリップキット:アクションカメラとコンデジのハイブリッドカメラ。軽量かつ美肌機能を搭載しているため顔中心の動画や女性におすすめ

YouTube(ユーチューブ)のカメラで初心者におすすめなのはコンデジ

YouTube(ユーチューブ)で、カメラ初心者におすすめしたいのはデジタルコンパクトカメラ、いわゆるコンデジです。

カメラ本体とレンズの一体型カメラであり、シーンに応じてレンズを交換できないことはデメリットですが、使い分けるための知識や手間が必要がないことから、初心者のYouTube(ユーチューブ)撮影におすすめです。

撮影時の設定などの機能も、初心者でも分かりやすく表示されており、説明書を確認せずに視覚的な操作が可能であるため、使いやすさにおいて初心者にもおすすめのカメラです。

また光学ズーム倍率が高く、カメラによっては驚くような機能が搭載されているケースもあるため、YouTube(ユーチューブ)の撮影をひとつで済ませることもできるでしょう。

使いやすさの他にも、コンデジをおすすめする理由は、その名の通りコンパクトで常に持ち歩けるところでしょう。

カメラ機材を準備してこなくても、バックにしまえる大きさですので、いつでもどこでも撮影できることは、コンデジにしかないメリットです。

偶発的にYouTube(ユーチューブ)で撮影したいシーンがあった場合にすぐに撮影できることから、コンデジはおすすめのカメラと言えるでしょう。

日頃、ミラーレスカメラを利用している方の中にもコンデジを日常的に持ち歩く方も多く、サブ機として活躍することから、コンデジはYouTube(ユーチューブ)におすすめのカメラです。

YouTube(ユーチューブ)におすすめのコンパクトデジタルカメラは、SONY サイバーショット Cyber-shot DSC-RX100M6です。

光学8倍ズームに加えてモニターを180度変えられるため、セルフィ撮影にも最適、動画機能も充実しています。

初心者のメインカメラとしても対応できることからコストは高いですが、そのぶんクオリティが高い撮影ができるため、YouTube(ユーチューブ)でおすすめのカメラと言えるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)のカメラのおすすめを分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)のカメラでおすすめなのは、この他にもドローンカメラを利用する方法もあります。

ドローンを準備するため、コストや運転の技術が必要ですが、そのぶん普通では実現できない動画を撮影することができます。

ここでは現実的に考えた場合の、YouTube(ユーチューブ)のカメラについてご紹介しましたので、自分のニーズに沿ったものを選びましょう。