LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

YOUTUBE(ユーチューブ)に動画をアップロードする方法を分かりやすく解説

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181028140558j:plain

YOUTUBE(ユーチューブ)を視聴するだけではなく、自分で動画をアップロードして多くの人に見てもらいたいと思う方もいるのではないでしょうか。

今回は、YOUTUBE(ユーチューブ)に動画をアップロードする方法と、アップロードする動画の画質や形式、容量などの注意点を分かりやすく解説していきます。

YOUTUBE(ユーチューブ)に動画をアップロードする方法を分かりやすく解説

YOUTUBE(ユーチューブ)に動画をアップロードする方法

まずはGoogleアカウントでYOUTUBE(ユーチューブ)にログインして、ビデオカメラのアイコンをクリックして「動画をアップロード」を選択します。

このような画面が表示されるので「動画をアップロード」をクリックするとYOUTUBE(ユーチューブ)に動画がアップロードできるようになります。

YOUTUBE(ユーチューブ)に動画を本名でアップロードしたくないときは

ただ、ここでGoogleアカウントを本名で登録している方は動画も本名で公開されてしまいます。

本名で動画を公開したくないときには、ここでは「チャンネル作成」をクリックせずに「ビジネス名などの名前を使用」をクリックします。

「ブランドアカウント」を決める画面に移るのでYOUTUBE(ユーチューブ)で視聴者に表示されても良い名前をここで入力して「作成」をクリックします。

再びYOUTUBE(ユーチューブ)に戻りビデオカメラのアイコンをクリックして「動画をアップロード」を選択すると、さきほど入力した「ブランドアカウント名」で動画をアップロードできるようになります。

動画のアップロードは、アップロードしたいファイルを画面上にドラッグするだけです。

スマホでYOUTUBE(ユーチューブ)に動画をアップロードする場合は、動画ファイルをドラッグするのではなくその場で動画を撮影してアップロードすることもできます。

YOUTUBE(ユーチューブ)にアップロードする動画の画質

YOUTUBE(ユーチューブ)にアップロードする動画は標準画質(SDR)と高画質(HDR)がある

YOUTUBE(ユーチューブ)には高画質(HDR)をアップロードすることができ、高画質(HDR)でアップロードされた動画は対応するテレビやスマホで再生できます。

ただ、非対応の機器でも自動で標準画質(SDR)で再生されるので、高画質(HDR)でアップロードすると視聴者が減るという心配はありません。

高画質(HDR)のメリットは当然にきれいな動画になるということですが、動画の容量が大きくなるというデメリットもあります。

YOUTUBE(ユーチューブ)に高画質(HDR)動画をアップロードする方法

アップロードする際に特別な設定をする必要はありません。

アップロードした動画が高画質(HDR)であれば自動的に高画質(HDR)動画として登録されます。

したがって、カメラやスマホで撮影するときと、そこからデータを出力するときに高画質(HDR)モードにしてあれば、YOUTUBE(ユーチューブ)にも高画質(HDR)をアップロードできます。

YOUTUBE(ユーチューブ)にアップロードする動画は標準画質(SDR)と高画質(HDR)のどちらがいいのか

実は、YOUTUBE(ユーチューブ)は動画をアップロードする際に自動で画質を圧縮しますので、特別な理由がなければできる限り高画質(HDR)でアップロードしたほうが、視聴者もキレイな動画が見られて嬉しいのではないでしょうか。

こちらの方がおっしゃるように、画質を後から上げるのはできませんが編集で下げることはできるので、少なくとも撮影時は良い画質のモードで撮影しておいたほうがいいでしょうね。

YOUTUBE(ユーチューブ)にアップロードする動画の形式

せっかくの動画なのにファイル形式が違ったばかりに投稿できないのでは残念です。

YOUTUBE(ユーチューブ)は13種類の主要な動画形式をサポートしていますが、代表的なものは以下の6つかと思いますので、これらの形式で動画を作成するようにしましょう。

  • MOV
  • MPEG
  • MP4
  • AVI
  • WMV
  • h265

MOVはiPhoneやiPadなどApple社の製品で使われる形式で、AVIやWMVはMicrosoft社の製品の形式です。

どの形式でファイルをYOUTUBE(ユーチューブ)にアップロードするのが良いのか迷うかもしれませんが、YOUTUBE(ユーチューブ)は推奨形式としてMPEG4を挙げていますので、迷ったらMPEG4形式を使っておきましょう。

実際にMPEG4は高画質対応のうえ、Androidをはじめとした色々な機器で再生可能な汎用性のある形式です。

YOUTUBE(ユーチューブ)にアップロードする動画の容量とサイズ

YOUTUBE(ユーチューブ)にアップロードできる動画の容量

標準状態では、ひとつのファイルにつき128Gがアップロードできる動画容量の上限になっています。

また、動画のサイズも15分までに制限されています。 このYOUTUBE(ユーチューブ)にアップロードできる動画の容量制限解除には特別な条件もなく、アカウントの確認をすると、ひとつのファイルにつき12時間まで上限が開放されます。

ちなみに、128Gというと、標準画質の映画一本がだいたい2G、高画質の映画でも20Gくらいなので、殆どの場合はファイルのアップロード上限を気にする必要はないでしょう。

YOUTUBE(ユーチューブ)にアップロードする動画のサイズ

動画のサイズは撮影時から色々と選べるので迷うかもしれませんが、YOUTUBE(ユーチューブ)ではアスペクト比(横と縦の長さの比率)16:9を推奨しています。

それ以外のサイズを使うと、動画再生時に自動でサイズ変更がされて見にくくなってしまいます。

これでは見栄えもよくないので、できれば19:9のアスペクト比で撮影したほうが良いですね。

YOUTUBE(ユーチューブ)に動画をアップロードするのに時間が掛かる場合の対策

動画はデータ容量が大きいので、どうしてもアップロードに時間がかかってしまいます。

通信環境や時間帯など色々な条件があるのでなんとも言えないのですが、目安として標準画質で15分ほどの動画でもアップロードには30分くらい時間がかかると思っておきましょう。

それでもできるかぎり動画のアップロードに時間がかかるのを短縮したい場合には以下のことに気をつけてみましょう。

YOUTUBE(ユーチューブ)にアップロードする動画の形式をMPEG4にする

YOUTUBE(ユーチューブ)では動画のアップロードに時間がかかる場合の対策として、MPEG4形式を使うことを推奨しています。

内部でどのような処理が行われているのかは不明ですが、公式に対策案として示されているので試す価値はあるはずです。

YOUTUBE(ユーチューブ)にアップロードする動画を標準画質にする

どうしても高画質(HDR)でアップロードしたいのでなければ、やむをえず標準画質(SDR)に変換してアップロードしましょう。

高画質動画のデータ容量は標準画質に比べると驚くほど大きくなりますので、当然にアップロードにかかる時間も長くなってしまいます。

YOUTUBE(ユーチューブ)に動画をアップロードする時間帯に注意する

YOUTUBE(ユーチューブ)側のサーバが混雑しているとアップロードに時間がかかります。

たとえば動画をアップロードする人が多い平日の夜間や休日などはアップロードに時間がかかると言われています。

動画のアップロードはあらかじめ時間指定ができるので、平日の日中などのサーバーが空いていそうな時間帯を狙ってアップロードを開始すると、時間短縮ができます。

YOUTUBE(ユーチューブ)に動画がアップロードできない場合の対策

YOUTUBE(ユーチューブ)の動画のアップロードは時間がかかるので、途中でエラーが出てYOUTUBE(ユーチューブ)に動画がアップロードできないという声が多く聞かれます。

原因は様々なのですが、アップロードしている途中で通信回線が切れていることが多いのではと思われます。

とくに、スマホで動画をアップロードしようとしている場合には自動ロックでWi-Fiが切れている方は多いのではないでしょうか。

また動画の時間が長すぎる場合には、動画を適度な長さに分割してアップロードしてみるという対策があります。

YOUTUBE(ユーチューブ)に動画をアップロードする方法を分かりやすく解説まとめ

YOUTUBE(ユーチューブ)は、視聴するだけではなく自分で動画をアップロードするとさらに楽しめるようになります。

動画のアップロード方法は一度覚えてしまえば難しくありませんので、色々な動画を公開してさらにYOUTUBE(ユーチューブ)を楽しみましょう。