LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の動画編集のパソコンを分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

全世界で20億人以上が利用しているといわれる動画配信サービスのYouTube(ユーチューブ)。

そんなYouTube(ユーチューブ)でこれから動画配信にチャレンジしてみたいという人もいますよね。

しかし具体的に撮影した動画をどのように編集して投稿すればよいのかわからないという人も多いでしょう。

そこで今回は、YouTube(ユーチューブ)の動画編集のパソコンを分かりやすく解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)の動画編集のパソコンを分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)に投稿されている動画は、撮影したものをそのまま投稿しているようなものもありますが、テレビ番組のように手の込んだ動画編集が加えられているものもありますよね。

YouTube(ユーチューブ)の動画編集は基本的にパソコンで行っていくことになりますが、多くのYouTuber(ユーチューバー)がパソコンを使って以下のいずれかで動画編集を行なっています。

  • YouTube(ユーチューブ)Studioの活用
  • 外部の動画編集ソフトの活用

YouTube(ユーチューブ)の動画編集をパソコンでやる方法 YouTube(ユーチューブ)Studioの活用

YouTube(ユーチューブ)に投稿する動画をパソコンで編集したいという人でも、これから動画投稿を始める人や動画編集初心者の人の場合、まだまだ外部の動画編集ソフトにはてをだしにくいという人もいるでしょう。

動画編集は最低限でいいという人や、まだまだ動画編集のやり方自体がよくわからないという人には、YouTube(ユーチューブ)Studioの活用がおすすめです。

YouTube(ユーチューブ)Studioは、YouTube(ユーチューブ)が提供する動画編集やアクセス分析に利用できるツールになっています。

YouTube(ユーチューブ)にチャンネル開設をしている人であれば、誰でも無料で利用することが可能です。

複雑な動画編集はできませんが、一通りの基本的な動画編集はできるのでYouTube(ユーチューブ)の動画投稿初心者は外部の動画編集ソフトを利用する前にぜひ利用してみましょう。

YouTube(ユーチューブ)Studioを利用していくためには、YouTube(ユーチューブ)Studioへのアカウント登録とチャンネル登録を済ませていく必要があります。

YouTube(ユーチューブ)にてチャンネル登録が完了すると、YouTube(ユーチューブ)公式サイトにログインした状態から、

画面右上のアカウントアイコンをクリックすれば「YouTube(ユーチューブ)Studio」がメニューに表示されるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)Studioでは、以下のような動画編集ができるようになっています。

  • 動画の最初や最後をカットする(尺の編集)
  • 動画の中の一部をカットする(尺の編集)
  • 動画への音楽・BGMの挿入
  • 動画にフィルタをかける
  • 動画の一部にぼかしをかける
  • 他の動画やチャンネル登録へのリンク機能を持つ終了画面の挿入
  • 動画に字幕をつける

他の動画配信サービスなどでも利用できる、動画編集方法が一通りYouTube(ユーチューブ)Studioには揃っているようです。

特にプロ並みのクォリティを求めていないという人であれば、YouTube(ユーチューブ)Studioの利用だけでも手軽に動画を編集することができるでしょう。

またYouTube(ユーチューブ)Studioから挿入できる音楽・BGMに関しては、YouTube(ユーチューブ)にて著作権侵害などの利用規約違反を心配する必要がないので手軽に利用できるというメリットもあります。

さらにYouTube(ユーチューブ)Studioを利用したフィルタがけは、パソコンからの投稿ではなくスマホからのアップロード動画に限り、フィルタをかけた編集が可能です。

パソコンの他にもYouTube(ユーチューブ)Studioアプリを利用すれば、スマホからYouTube(ユーチューブ)の動画編集を行うこともできるでしょう。

外部の動画編集ソフトを入手する前にまずはYouTube(ユーチューブ)Studioを利用して、さらに高度な編集ができるようになりたい場合には、外部編集ソフトの利用を検討していくのがおすすめです。

YouTube(ユーチューブ)の動画編集をパソコンでやる方法 外部の動画編集ソフトの利用

YouTube(ユーチューブ)の動画編集を凝ったものにしていきたい、プロのYouTuber(ユーチューバー)を目指したいという人であればパソコン向け外部動画編集ソフトを利用していくのもよいでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の動画編集ソフトは、利用しているパソコンによっても対応しているものが異なります。

ここではwindows対応のものとMac対応のもので、それぞれおすすめの動画編集ソフトを紹介していきます。

YouTube(ユーチューブ)のおすすめwindows対応動画編集ソフト  「PowerDirector 365」

YouTube(ユーチューブ)のパソコン版動画編集ソフトとして大きな指示を得ているのが、「PowerDirector 365」です。

月額料金は500円程度のものからあり、直感的な操作で動画編集が行えるという使いやすさが魅力となっています。

高度な編集も簡単な操作で行えると評判で、Mac版も登場しているようです。

YouTube(ユーチューブ)のおすすめMac対応動画編集ソフト「iMOVIE」

パソコンのMacユーザーであれば、もともとMacに搭載されているiMOVIEを利用して動画編集を行なっていくのもおすすめです。

iMOVIEも直感的に操作できる動画編集ソフトであり、有料の動画編集ソフトに負けない機能を搭載しています。

「Youtube(ユーチューブ)Studio」と組み合わせて利用していくことでもより凝った動画が作成できるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の動画編集のパソコンを分かりやすく解説まとめ

今回は、YouTube(ユーチューブ)の動画編集のパソコンを分かりやすく解説していきました。

YouTube(ユーチューブ)をパソコンで動画編集していく場合、チャンネル登録している人であれば誰でも利用できるYouTube(ユーチューブ)Studioの活用と外部ツールの活用という2つの方法が選択できます。

まずは無料の動画編集ソフトを利用し、不足している機能があれば有料ソフトの利用を検討していくのもよいでしょう。