LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)のエンディングの作り方を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)のエンディングの作り方がわからない。

ところでYouTube(ユーチューブ)のエンディングとは、いったいどのようなものなの? あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

YouTube(ユーチューブ)の運用する目的は、動画の視聴回数を増やすためです。

視聴回数を増やすためのひとつの方法として、エンディングカードの活用があげられます。

ここではYouTube(ユーチューブ)のエンディングの作り方を中心に、解説していきましょう。

YouTube(ユーチューブ)のエンディングの作り方を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)のエンディングの作り方は、動画の視聴回数を増やすためにかかせない方法のひとつです。

エンディングからのYouTube(ユーチューブ)のチャンネル登録や、関連動画へのアクセスが見込まれます。

ただしただエンディングを作成すればよのではなく、効果的な作り方があります。

よってYouTube(ユーチューブ)の動画制作のひとつとして、エンディングの作り方の手順や注意点についてみていきましょう。

YouTube(ユーチューブ)のエンディングとは?

YouTube(ユーチューブ)のエンディングとは、動画の終了となるおおよそ5秒から25秒の時間で、登録チャンネルボタンや関連動画へ誘導する画面です。

エンディングとは別名、エンドカード・終了画面など、さまざまな呼び方があります。

YouTube(ユーチューブ)のエンディングの作り方

YouTube(ユーチューブ)のエンディングの作り方をみていきましょう。

まずは「自分の動画」から、YouTube(ユーチューブ)Studioへアクセスしましょう。

チャンネルのコンテンツページから、エンディングを設定したい動画をポイントして「詳細」アイコンをします。

動画の詳細ページから、画面右下の「終了画面」を選択します。

終了画面のページで、まずはエンディングのサンプルを4つの中から選択したあと、画面に表示するエンディングの要素を選択します。

エンディングには「要素」をクリックして、プルダウンメニューの動画・再生リスト・登録・チャンネルのいずれからから、選択・設定することができます。

また「要素」だけでなく「動画からインポート」を選択して、すでに自分の動画でエンディングを作成済みの動画の中から、そのままエンディングを引用して設定することもできます。

エンディングにふたつの要素を設定したい場合は、4つのサンプルから選択できます。 ここでは「1 本の動画, 1 件のチャンネル登録」を選択したと仮定して、エンディングの作り方をみていきましょう。

「動画要素」から、最新のアップロード・視聴者に適したコンテンツ・特定の動画のいずれから選択することができます。

そのうち最新のアップロード・視聴者に適したコンテンツを選択すると、YouTube(ユーチューブ)のシステムが該当する動画を自動表示します。

つづいて画面下の動画の連続画像が表示されている「動画:視聴者に適したコンテンツ」のバーをドラッグして、動画を表示する時間帯を設定します。

ちなみに「動画:視聴者に適したコンテンツ」のバーをクリックして、上部の時間設定フォームに要素を表示するはじめと終わりまでの時間帯を記入することもできます。

つづいて上の動画の時間設定と同じように「チャンネル登録:〇〇」のバーをドラッグするか、バーをクリックして時間設定するかして、チャンネル登録を表示する時間帯を設定してください。

最後、動画とチャンネル登録をドラッグして、位置を調整します。

すべて記入できたら「保存」をクリックして完了しましょう。

YouTube(ユーチューブ) エンディングの作り方【テンプレートをスマホ・アイフォン・パソコンで行う方法】

YouTube(ユーチューブ) のエンディングの作り方として、テンプレートのベースとなる壁紙のウェブサービスやアプリと、フォントを追加できるウェブサービスやアプリを利用すれば簡単です。

ウェブサービスやアプリは無料で利用できるものもありますが、詳しくはサービスごとの利用上の注意点をごらんください。 センスのよいエンディングを簡単に作ることができます。

YouTube(ユーチューブ)のエンディングの作り方の注意点

YouTube(ユーチューブ)のエンディングの作り方には、注意点があります。

YouTube(ユーチューブ)のエンディングの作り方を意識して撮影する

エンディングは、YouTube(ユーチューブ)動画にかぶせる形で、最後の部分に設定することになります。

そのため、エンディングの時間を意識して、動画の撮影を行いましょう。

動画のクライマックスは重要な部分ですので、エンディングの要素によって重要なシーンが隠れてしまうおそれがあります。

YouTube(ユーチューブ)の撮影は、エンディングの時間やエンディングの作り方に合わせて行いましょう。

売れているYouTuberのエンディングの作り方を参考にする

YouTube(ユーチューブ)のエンディングの作り方として参考になるのは、やはり人気の高いYouTuberです。

エンディングの要素は2つ程度で、シンプルかつキレイに配置し、誰の投稿動画であるのかが明確です。

あくまでも流入を促すためにエンディングは必要ですので、そのまま次の動画に進めるリンクと、チャンネル登録ボタンは必須でしょう。

エンディングの作り方として注意したいのは、よくばりすぎてごちゃごちゃしすぎてしまうことです。

動画リンクとチャンネル登録ボタンの他にも、SNSアカウントや一目で読めないような長文を掲載して、よくばりすぎてごちゃごちゃしてしまうことは本末転倒でしょう。

むしろこのようなものは概要欄に記載して、動画には「概要欄をみてね」と表示したほうが、エンディングの作り方として正解です。

YouTube(ユーチューブ)のエンディングは25秒以上の動画でなければ設定できない

ほんの数秒、十数秒のYouTube(ユーチューブ)動画には、エンディングを設定できません。

エンディングを作成できるYouTube(ユーチューブ)の動画は、25秒以上のコンテンツに限ります。

YouTube(ユーチューブ)のエンディングの作り方を分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ) のエンディングの作り方を解説しました。

エンディングの作り方は、YouTube(ユーチューブ) の実装機能を利用すれば簡単にできます。

デザイン面におけるエンディングの作り方は、ウェブサービスやスマホの場合はアプリなどを活用すれば簡単にできるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)のエンディングは流入を促すために大切なパーツですので、きちんと作成しておいてください。