LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の副業を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)は副業になるの?

なぜYouTube(ユーチューブ)は収益化できるの?

もしYouTube(ユーチューブ)で副業した場合、職場にバレる可能性はあるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

YouTube(ユーチューブ)は収益化できるため、副業を始めたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

ここではYouTube(ユーチューブ)の副業について解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)の副業を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)の副業は、自宅で隙間時間にできることから人気があります。

現在では動画クリエイターという職業も認知されているため、YouTube(ユーチューブ)の副業が気になる方もいるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)は副業になるケースとならないケースがあり、もし副業として一定の収益を得たら確定申告する必要があります。

YouTube(ユーチューブ)は副業になるの?

YouTube(ユーチューブ)は副業になるのかは、職場の判断にゆだねられます。

職場によって副業が認められている場合は、当然YouTube(ユーチューブ)で収益を獲得することは問題ありません。

たとえばコンビニや工場などから給与を得るアルバイトを副業とし、YouTube(ユーチューブ)は副業にならないケースもあるでしょう。

一方、職場以外からの、給与・報酬・収益など対価による金銭を受け取ることを、すべてを副業とするケースもあるはずです。

YouTube(ユーチューブ)に関係なく、まず副業できるのかどうかは、職場で確認するしか方法がありません。

YouTube(ユーチューブ)の副業になるのか、公務員の場合はグレーゾーン

公務員のYouTube(ユーチューブ)が副業になるのかどうかについてはグレーゾーン、そもそも副業自体がグレーゾーンだと考えられています。

特に公務員は、SNSの利用方法における注意点は、一般市民よりも厳格なルールがあるため、YouTube(ユーチューブ)の投稿は慎重に行わなければいけません。

公務員が副業で収入を得る行為に対して、人事院の義務違反ハンドブックによると、一部に対して金銭を受け取ることは「差し支えない」とされているようです。

しかし実際はYouTube(ユーチューブ)の副業によって、懲戒免職や厳重注意になった事例もあります。

いろいろ考えると、公務員としての危険を冒してまでYouTube(ユーチューブ)で副業することは避けるべきでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の副業は広告収入がメイン

YouTube(ユーチューブ)の副業は、広告収入をはじめ、スーパーチャットによる投げ銭・有料コンテンツのチャンネルメンバーシップ・物販で稼ぐ「グッズの棚」・YouTube(ユーチューブ)プレミアムの収益で可能です。

特にYouTube(ユーチューブ)の副業として注目を浴び、認知されているのはやはり広告収入でしょう。

制作した動画をYouTube(ユーチューブ)で公開すると、再生回数に応じて広告収入を稼ぐことができます。

視聴者が動画を再生すると広告が表示されるため、広告主は商品やサービスを宣伝できます。

宣伝料として再生回数に応じた報酬が、広告主からYouTube(ユーチューブ)に支払われ、その一部が動画の投稿者に還元されます。

このようなしくみのもと、YouTube(ユーチューブ)の副業は成立しています。

人によっても異なりますが、YouTube(ユーチューブ)で収益化する方法の中でも、広告収入は空いた時間で動画制作できるうえ、自由な発想で動画制作できるため、人気の副業と言えるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の副業の収益は確定申告が必要

YouTube(ユーチューブ)の副業の収益は、確定申告が必要です。

確定申告とは、儲けから所得税を計算して、翌年3月15日までに税金納めることをさします。

YouTube(ユーチューブ)の副業で確定申告が必要になるのは、一般的に年間の所得が20万円を超えた場合です。

所得とはYouTube(ユーチューブ)で得た収益ではなく、収益から経費を相殺した金額、すなわち純粋な儲けをさしています。

経費とはYouTube(ユーチューブ)の副業で稼ぐために利用した、パソコンや編集ソフトなどの購入費用、ネットプロバイダ費用、電気代などが該当します。

YouTube(ユーチューブ)を副業とした場合、所得における確定申告区分は「雑所得の総合課税」に分類され、所得額に応じて所得税率が決定します。

所得税の税率は所得額に応じて段階的にアップしていき、最低税率は年間所得が195万円以下の場合に5%で、最大是率は年間所得が4,000万円を超えた場合に45%が課せられます。

YouTube(ユーチューブ)の副業で確定申告すると住民税の対象になる

確定申告を完了すると、自動的に住民税の対象になり、自動的に納付書が送付されてきます。

住民税の税率は一律10%ですので、YouTube(ユーチューブ)の所得が少ない間は、所得税よりも住民税の負担の方が大きくなるため、ご注意ください。

YouTube(ユーチューブ)の副業はバレる可能性が高い

YouTube(ユーチューブ)の副業は、動画で顔出しをしていた場合、当然、職場の人に見られてしまうとバレてしまいます。

ではYouTube(ユーチューブ)の副業での確定申告をした場合、職場にバレてしまうのではと心配する方もいるでしょう。

もし副業の収入を職場に知られたくない場合は、確定申告書の「住民税に関する事項」の欄で、「自分で交付」に〇をしましょう。

すると副業による住民税の通知が自宅に届きますので、自分で納税することで職場にバレるのを防ぐことができます。

職場にバレたくないために、YouTube(ユーチューブ)で年間20万円を超える所得を得たのにもかかわらず確定申告を怠ると、税務署に発覚した場合、脱税に問われてしまいます。

YouTube(ユーチューブ)で脱税が発覚すると、重税などのペナルティが課せられることになります。

脱税が発覚するケースはYouTube(ユーチューブ)と国内銀行などの送金経路の調査等で発覚してしまうため、年間20万円以上の所得を得た場合、必ず確定申告を行いましょう。

YouTube(ユーチューブ)の副業を分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)は副業になるのか、それは職場の判断にゆだねられるのが実情です。

もしYouTube(ユーチューブ)で副業して収益を得た場合、年間所得が20万円をこえた場合は、確定申告して所得税と住民税を納める必要があります。

この記事が、これからYouTube(ユーチューブ)の副業を検討されている方の参考になれば幸いです。