LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の自動翻訳を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

世界中で利用されている動画配信サービスの1つであるYouTube(ユーチューブ)。

そんなYouTube(ユーチューブ)では海外からアップされた動画を視聴することができますし、自分の動画を国内外に向けて発信することもできます。

海外動画の視聴や海外への発信時に便利に利用できるのがYouTube(ユーチューブ)の自動翻訳機能です。

ここでは、YouTube(ユーチューブ)の自動翻訳について分かりやすく解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)の自動翻訳を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)の自動翻訳の表示方法

まずは一番シンプルなYouTube(ユーチューブ)の自動翻訳の表示方法をみていきましょう。

YouTube(ユーチューブ)では、他言語の動画に対して日本語字幕を自動でつけることができるようになっています。

  • YouTube(ユーチューブ)で自動翻訳したい動画を選択して再生する
  • 画面左下に表示される「設定」アイコンの左隣にある「字幕」アイコンをクリックする
  • 画面上に自動翻訳された字幕が表示されるので確認する

自動翻訳されて表示された字幕を別の言語で表示させたい場合には、以下の手順で自動翻訳させる言語を変更していきましょう。

  • YouTube(ユーチューブ)で自動翻訳したい動画を選択して再生する
  • 画面左下に表示される「設定」アイコンをクリックする
  • 設定項目の中の「字幕」をクリックする
  • 「字幕」項目の中の「自動翻訳」をクリックする
  • 言語の一覧が表示されるので、表示させたい言語を選択する
  • 字幕が選択した言語で表示されていることを確認する

YouTube(ユーチューブ)の自動翻訳でタイトルを翻訳して表示させる方法

YouTube(ユーチューブ)で動画を投稿している人の中には、自分の動画を国内だけではなく海外ユーザーに向けても発信していきたいという人もいるでしょう。

自分の投稿したYouTube(ユーチューブ)動画を海外向けに発信したい人は、動画タイトルなども自動翻訳で表示させることができるようになっています。

YouTube(ユーチューブ)のタイトルや概要欄コメントを自動翻訳する場合には、YouTube(ユーチューブ)の動画投稿者が以下の設定を行っていきましょう。

  • YouTube(ユーチューブ)にアクセスし、右上に表示されるプロフィールアイコンから「YouTube Studio」をクリックする
  • YouTube(ユーチューブ)Studioのメイン画面が表示されるので、画面左側に表示されるメニューアイコン一覧から「カスタマイズ」を選択する
  • チャンネルのカスタマイズ画面が表示されたら「基本情報」のタブをクリックする
  • 「チャンネル名と説明」の項目のすぐ下にある「言語を追加」の項目にて元の言語(日本語であれば「日本語」)を選択する
  • 続いて「翻訳言語」を選択しチャンネル名と説明文にて翻訳した文章を入力して完了

YouTube(ユーチューブ)の動画タイトルや説明文にどのような言語で文章を入力すればよいのかわからないという人もいるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)では動画タイトルや説明文に利用できる自動翻訳言語が80種類以上存在します。

どの言語に自動翻訳したらよいかわからないという人は、まずは英語での自動翻訳がおすすめです。

特定の国を対象に動画を配信していきたいのであれば、特定の国の母国語いて自動翻訳を行うのがよいでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の自動翻訳の精度は?

YouTube(ユーチューブ)では動画自体を自動翻訳機能を使って字幕で視聴することができます。

またYouTube(ユーチューブ)の動画タイトルや概要(説明文)に関しても自動翻訳にて表示することが可能です。

しかしYouTube(ユーチューブ)の自動翻訳の精度は完璧ではなく、やはりところどころ自動翻訳に対応できてない点が目立つという指摘をする人もいるようです。

日本語もそうですが、教科書に載っているような正しい日本語だけを話すという人はほとんどいませんよね。

海外の言語も同じであり、教科書通りに話している人は少なく、スラングや現在流行の言い回しなどを使って話す人も多くなっています。

そのため自動翻訳にも対応しきれない言葉の表現などが登場し、意味不明な言葉で字幕表示されることなどもあるでしょう。

また1つの単語が複数の意味を持つような言葉の場合、違った意味で翻訳されてしまうこともあるようです。

YouTube(ユーチューブ)の自動翻訳機能には完璧は求められませんので、外国語の動画などを視聴する場合には、おおよその概要を掴むために翻訳機能を使うくらいのスタンスでいるのがよいでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の自動翻訳を使って海外へ発信するなら言葉遣いに注意する

YouTube(ユーチューブ)で作成した動画を海外へ向けて発信するということがあらかじめわかっているのであれば、自動翻訳されることを前提に動画を利用していくのもおすすめです。

日本語の言い回しなどで最近の流行り言葉などを極力控えながら、シンプルでわかりやすく日本語で話すことが重要になってきます。

あらかじめ、話すシナリオなどを作っておくのもよいでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の自動翻訳を分かりやすく解説まとめ

今回は、YouTube(ユーチューブ)の自動翻訳について分かりやすく解説してきました。

YouTube(ユーチューブ)では自動翻訳機能を利用することで海外の動画に日本語などの字幕をつけて視聴することができます。

また動画の内容だけではなく、動画配信者側はタイトルや概要(説明文)なども自動翻訳が可能です。

動画を海外に向けて発信したい人も自動翻訳機能を上手に利用していきましょう。