LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の時間制限を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)の時間制限を設定する方法はあるの?

こどもがYouTube(ユーチューブ)を見すぎてしまうため、時間制限を設定したい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

YouTube(ユーチューブ)の動画視聴が止まらなくて悩んでいる方や、こどもが限りなく視聴してしまうため、強制的に時間制限をかけたいとお考えの方は多いはずです。

ここではYouTube(ユーチューブ)の時間制限を設定する方法についてみていきます。

YouTube(ユーチューブ)の時間制限を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)の時間制限を設定する方法は、アプリから可能です。

ただし簡単に解除できてしまうため、スマホ本体の時間制限を活用し、パスコードを設定することで、YouTube(ユーチューブ)の時間制限を適用することができます。

ここではYouTube(ユーチューブ)の時間制限の設定方法について詳しく解説していきましょう。

YouTube(ユーチューブ)の時間制限はアプリを活用する

YouTube(ユーチューブ)アプリの時間制限の設定方法をみていきましょう。

iPhoneを使用した手順ですが、アンドロイドでもほぼ同じ操作で行うことができます。

まずはアプリを起動して、画面右上のアカウントアイコンをタップし「視聴時間」へ進み「一定時間ごとに休憩時間をリマインドする」をオンにします。

「リマインダーの頻度」に時間制限を設定し「OK」をタップすることで、YouTube(ユーチューブ)アプリの時間制限の設定を完了します。

YouTube(ユーチューブ)の時間制限をスマホで設定する方法

YouTube(ユーチューブ)の時間制限をスマホで設定する方法を、iPhoneのScreen Time(スクリーンタイム)を使う方法で解説していきます。

なおアンドロイドでも、時間制限を設定する方法はあります。

スクリーンタイムを活用すれば、スマホ本体でYouTube(ユーチューブ)のブラウザ版とアプリの両方に時間制限をかけることができます。

アプリからYouTube(ユーチューブ)の時間制限を設定しても、ブラウザ版YouTube(ユーチューブ)で簡単にアクセスできてしまいます。

現代のこどもはスマホの操作が得意で、教えていなくても思いもよらない操作方法を覚えくるため、アプリで時間制限を設定するだけでは無意味なケースもあるでしょう。

スクリーンタイムを設定しただけでは簡単に解除できてしまうため、スクリーンタイムで時間制限をかけたら、パスコードを設定する必要があります。

アプリの時間制限だけでは解決にいたらないという方におすすめです。

YouTube(ユーチューブ)のアプリに時間制限を設定する方法 iPhone編

iPhoneの「設定」から「スクリーンタイム」を選択しましょう。

アプリの一覧からYouTube(ユーチューブ)アプリをタップしましょう。

「制限を追加」をタップして、制限時間を選択します。

たとえば2時間を設定すれば、1日に2時間以上は、YouTube(ユーチューブ)の動画を視聴できなくなります。

YouTube(ユーチューブ)アプリのアイコンをタップすると、グレーアウトしてタップできなくなります。

YouTube(ユーチューブ)のアプリに時間制限を設定する方法 アンドロイド編

なおアンドロイドでYouTube(ユーチューブ)のアプリに時間制限を設定する方法も「設定」から「Digital Wellbeing と保護者による使用制限」をタップします。

「Digital Wellbeingツール」の円グラフをタップし、スクロールしてYouTube(ユーチューブ)アプリ右側の砂時計アイコンを選択しましょう。

すると「アプリタイマーの設定」が表示されるため、1日に利用できる制限時間を設定し「OK」を選択しましょう。

YouTube(ユーチューブ)のブラウザ版に時間制限を設定する方法

上述のYouTube(ユーチューブ)アプリに時間制限を設定する方法とほぼ同じ操作方法ですが、アプリではなく「Webサイト」をタップします。

過去の視聴履歴に基づいてWebサイトが一覧表示されますが、YouTube(ユーチューブ)がない場合は「Webサイトを追加」を選択しましょう。

一度ブラウザでYouTube(ユーチューブ)へアクセスしてトップページのアドレスをコピーして、設定フォームに貼り付け「次へ」をタップして進めると設定は完了です。

スマホでスクリーンタイムにパスコードを設定する方法

iPhoneの「設定」から「スクリーンタイム・パスコードを使用」を選択しましょう。

4桁の数字を設定し、確認画面でもう一度パスコードを入力します。

休止時間や制限時間で利用できないアプリの利用時間を延長をする際も「時間延長の許可を求める」をタップしたあとに、スクリーンタイム・パスコードの入力をする必要があります。

YouTube(ユーチューブ)の時間制限をテレビで設定する方法

YouTube(ユーチューブ)対応のテレビがリリースされていますので、時間制限を設定する方法をみていきましょう。

別途サービスを利用することになりますが、無線ルータのサービスの一環として、YouTube(ユーチューブ)の時間制限をスマホから設定できる機能が搭載されているケースは多いようです。

無線ルータのサービスからYouTube(ユーチューブ)の時間制限をできる機能を提供していないか探してみましょう。

あとはサービスの流れに沿って、YouTube(ユーチューブ)の時間制限を設定するだけです。

中にはYouTube(ユーチューブ)対応だけでなく時間制限機能がテレビに搭載されている商品もリリースされているようですので、資金にゆとりがあるようでしたら買い替えるのも方法のひとつと言えるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の時間制限を分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)の時間制限は、こどものネット依存を防ぐために役立つ機能と言えるでしょう。

オトナの中にも、ネット依存によって悩む方は多く、YouTube(ユーチューブ)も依存性のあるコンテンツですので、時間制限機能を有効活用するとよいかもしれません。

現在、スマホという身近なツールが生まれ、インターネットは生活の一部になっているため、YouTube(ユーチューブ)というコンテンツにはまってしまうとなかなか抜け出せないのも事実です。

特にこどもは自制することは難しいため、YouTube(ユーチューブ)の時間制限を活用すれば、親のイライラを防ぐことができますし、こどもも視聴を続けることができないためきっと重宝するはずです。

上手にYouTube(ユーチューブ)の時間制限をご活用ください。