LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法・稼ぎ方を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法にはどのようなものがあって、どのような稼ぎ方をするの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法は、動画による広告収入だけだと思っている方も多いでしょうが、実はその他にもいくつかの稼ぎ方が存在します。

ここではYouTube(ユーチューブ)を収益化したいとお考えの方に向けて、稼ぐ方法とその稼ぎ方について詳しく解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法・稼ぎ方を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法と稼ぎ方について、以下の流れで解説していきます。

  • 目次1.YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法・稼ぎ方のメインは広告収入
  • 目次2.制作動画のライセンス化
  • 目次3.YouTube Premium会員による動画視聴
  • 目次4.「投げ銭」による3つの稼ぎ方
  • 目次5.スポンサー契約・アフィリエイトによる稼ぎ方

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法・稼ぎ方のメインは広告収入

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法のメインと言えば、再生動画による広告収入でしょう。

動画が再生され表示された広告をクリックすることで、報酬を受け取ることができるという稼ぎ方です。

広告の種類が動画タイプの場合は、規定の時間にわたり広告動画を再生する稼ぎ方もできます。

広告収入で稼ぐ方法には条件があり、以下をクリアしていなければいけません。

  • YouTube(ユーチューブ)のチャンネル登録者数が1000人以上であること
  • 公開動画の総再生時間が直近12ヶ月で4000時間以上

ただひたすら動画の再生回数を伸ばせばよいのではなく、広告収入による稼ぎ方は、あくまでも広告のクリックや再生が必要です。

しかし動画の視聴回数やチャンネル登録者数が多い方が、広告をクリックされる可能性が高くなるため、動画の再生回数を伸ばすことは稼ぎ方のコツと言えるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法・稼ぎ方は制作動画のライセンス化

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法として、制作動画のライセンス化もあります。

自分が制作した動画を、個人や企業が使用することを許可し、その対価として報酬を受け取る稼ぎ方です。

これをYouTube(ユーチューブ)では「クリエイティブ・コモンズ」と呼びます。 ライセンス化して稼ぐ方法は、以下を遵守する必要があります。

  • YouTube(ユーチューブ)のガイドラインを遵守しており、商用化するための権利を有していること
  • 著作権に抵触しない動画を提供すること

著作権を侵害しない動画とは、自分で制作した映像と音声であり、さらにレーベルと契約していないコンテンツをさします。

すべてオリジナルの映像と音声であれば、自分が権利者になるため、YouTube(ユーチューブ)でライセンス化して稼ぐことができます。

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法には、著作権をはじめとしたさまざまな権利があるため、きちんと理解して守ることは、稼ぎ方に重要なポイントでしょう。

ライセンス化する稼ぎ方は、あまり認知されていないものの、同じく動画のクオリティが成果に結びつくため、やりがいもじゅうぶんです。

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法・稼ぎ方はYouTube Premium会員による動画視聴

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法は広告収入だけではなく、有料会員「YouTube Premium」に動画を視聴してもらう稼ぎ方もできます。

YouTube Premium会員が視聴する動画には広告が表示されませんが、そのかわりに会員が支払う月額の一部は動画の配信者に分配されます。

動画の視聴回数が多いほど、収益の分配額は大きくなるため、稼ぎ方のコツとしてチャンネル登録者数を増やすこと、そのためにはクオリティの高い動画を制作することが大切でしょう。

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法・稼ぎ方は「投げ銭」による3つの稼ぎ方も

YouTube(ユーチューブ)の投げ銭で稼ぐ方法には、ライブ配信、ファンファンディング、クラウトファンディングの3つがあります。

ライブ配信(スパチャ)による稼ぎ方

投げ銭で稼ぐ方法の1つ目は、YouTube(ユーチューブ)のライブ配信で、リスナーからげ銭をしてもらう稼ぎ方です。

リスナーとリアルタイムでコミュニケーションできるライブ配信では、もっと応援したいという気持ちに拍車をかけやすいため、気に入ってもらえれば投げ銭してもらうことができるかもしれません。

ファンファンディングによる稼ぎ方

投げ銭で稼ぐ方法の2つ目は、「ファンファンディング」で動画の視聴者からお金を寄付してもらうことで稼ぎ方です。

稼ぎ方のコツは、支えてくれる視聴者、すなわちファンを増やすことでしょう。

ファンを増やすためには、視聴者が楽しめる、ためになるなど有益なYouTube(ユーチューブ)の動画を制作することはもちろんですが、コメントなどに返信するなどまめなコミュニケーションも効果は高いです。

クラウドファンディングによる稼ぎ方

投げ銭で稼ぐ方法として3つ目は、YouTube(ユーチューブ)の寄付システムによる「クラウドファンディング」があります。

こちらはファンを募るだけでなく、特定の目的を達成するための資金集めに活用される寄付ですので、その目的を明確にすることが稼ぎ方のコツと言えるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法はスポンサー契約またはアフィリエイトによる稼ぎ方

企業を相手にYouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法として、スポンサー契約とアフィリエイトによる稼ぎ方もできます。

スポンサー契約の稼ぎ方は、1回あたりの動画の視聴回数、1件あたりのチャンネル登録者数などによって報酬が決定します。

報酬の単価は、既存の視聴者構成、チャンネル登録者数などによる拡散力など、収益性に応じて決定するケースは多いでしょう。

アフィリエイトで稼ぐ方法とは、広告主の商品やサービスの動画を制作し、YouTube(ユーチューブ)で実際に成果が発生した場合に、収益の一部を報酬として受け取ることができる稼ぎ方です。

スポンサー契約よりも、成果に応じた報酬を支払うアフィリエイトのほうが、広告主にとってリスクが少ないため、企業を相手にした稼ぎ方として始めやすいと言えるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法・稼ぎ方を分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法と稼ぎ方は大きくカテゴリわけすると5種類ですが、こまかくわければ9種類になります。

これだけ収益化できる方法があれば、自分がめざしたい稼ぎ方ができるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)で稼ぐ方法としてまずはじめに、YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムに加入し収益化設定を行う必要があるため覚えておきましょう。