LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の経費を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)の経費として計上できるものとできないものはなに?

あなたは今、このようにお考えですよね。

YouTube(ユーチューブ)で収入を得たら確定申告を行い、所得税を納めなければいけません。

確定申告をはじめるとき、まずはじめにつまづきがちなのは、経費とはなになのか、経費として計上できるものを把握することでしょう。

ここではYouTube(ユーチューブ)の経費を計上する理由や、経費として計上できるものとできないものなどについて解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)の経費を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)の経費とは?

YouTube(ユーチューブ)の経費とは、収入を得るために利用した商品やサービスの購入・利用で発生した費用をさします。

経費とは、確定申告でかかせない項目のひとつです。 確定申告とは、YouTube(ユーチューブ)の儲けにかかる所得税の計算方法を行い、税務署で納税することをさします。

所得税の計算方法は所得をもとに算出しますが、所得はYouTube(ユーチューブ)の儲けである「収入」から計算を行います。

中には「収入」と「所得」を混同されている方もいるようですが、税制上ふたつは区別されています。

収入とはYouTube(ユーチューブ)の広告収入や動画制作で得た利益をさす一方、所得とは収入から経費を相殺した金額をさします。

経費とは、YouTube(ユーチューブ)で利益を得るために使用した、動画制作の機材やマニュアル、セミナー、ネットにつなぐための通信費や、PCやカメラを起動するための光熱費など、多岐にわたります。

すなわち「所得」とはYouTube(ユーチューブ)で儲けた純粋な利益をさしており、所得をもとに所得税の計算を行うことができます。

所得の金額は経費の金額に左右されるため、経費が多いほど所得税の対象額である所得額を抑えることができます。

このようなことからYouTube(ユーチューブ)の経費は、所得税の節税効果を得るために重要なポイントのひとつと言えるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)でなんらかの費用が発生した場合に、発生した経費の領収書やレシートは確定申告の参考資料になるため、大切に保管しておきましょう。

YouTube(ユーチューブ)の経費として計上できるものとできないもの

まずYouTube(ユーチューブ)の経費として計上できるものとできないものの違いは、YouTube(ユーチューブ)で収益を得るために必要な費用だったかどうかということでしょう。

YouTube(ユーチューブ)に関係ない費用については、いっさい経費として計上することができないため、ご注意ください。

YouTube(ユーチューブ)の経費として計上できるもの

ではYouTube(ユーチューブ)で経費として計上できるものは以下の通りです。

撮影機材として、カメラ・スマホ・三脚や、パソコンや編集ソフトなどをYouTube(ユーチューブ)の経費として計上できます。

また動画制作やYouTube(ユーチューブ)の稼ぎ方における書籍、セミナー費用なども経費として計上できるでしょう。

動画のテーマや演出で利用した、マイクやヘッドフォンなどの小道具やインテリア、衣装やメイク用品、食材、サービスの利用費や商品の購入費など、多岐にわたります。

撮影する場所の利用費や賃貸費、動画制作を行う場所・機材の稼働するための光熱費・ネット回線に接続するために発生するネット通信費、撮影場所に向かうための交通費なども、経費として計上できます。

出演依頼を行った場合は出演料、動画編集を外注した場合は外注費、広告を使って動画やライブ配信を宣伝した場合も経費の対象となるでしょう。

ユーチューバーの企画会議における飲食代も、経費として計上可能です。

プライベートとYouTube(ユーチューブ)で共用する、家賃や光熱費・ネット通信費などについては経費分は按分されます。

共用経費については、全額をYouTube(ユーチューブ)の経費として全額の計上できないためご注意ください。

YouTube(ユーチューブ)の経費として計上できないもの

YouTube(ユーチューブ)で経費として計上できるものは多岐にわたりますが、中には経費として計上できないものもあります。

基本的にYouTube(ユーチューブ)の撮影・編集にかかわる費用であれば経費として計上できます。

たとえば、旅行を目的に撮影を行った場合の旅費や宿泊費は経費として計上できない一方、YouTube(ユーチューブ)の撮影を目的として旅費や宿泊費が発生した場合は経費として計上できます。

このように目的がYouTube(ユーチューブ)の撮影でなかった場合は、経費として計上できないということになるでしょう。

食材・衣装においても同じで、YouTube(ユーチューブ)目的でない場合は、経費として計上できないことなります。

もう一つ経費として計上できないものとして、動画編集のために利用したカフェの飲食代については、食事代は経費として計上できないものになりますが、飲み物代は計上できます。

YouTube(ユーチューブ)の経費として計上できないものの基準がよくわからない場合は、最寄りの税務署で質問することで明確にすることができるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の経費における注意事項

YouTube(ユーチューブ)の経費における注意事項を見ていきましょう。

まず確定申告の経費として計上するためには、領収書やレシートが必要になりますので、大切に保管しておきます。

保管期間は、青色申告の場合、確定申告の提出期限の翌日から7年間、白色申告の場合は、5年間の保管が義務付けられています。

法人の場合については、法人税の申告期限の翌日から7年間と、会社法で定められています。

領収書やレシートが発行されない経費に関しては、クレジットカードや銀行口座の通帳など、引き落とし明細書を準備しておきましょう。

万が一、領収書やレシートをなくしてしまった場合は、出金伝票を発行することをおすすめします。

ユーチューバー同士の付き合いで香典を出した場合は、出金伝票を発行し、葬儀のお知らせなども併せて保管してください

YouTube(ユーチューブ)の経費を分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)の経費とは、所得税の確定申告において節税効果を高めるために必要不可欠です。

収入よりも経費が上回ってしまった場合は、YouTube(ユーチューブ)の所得税は発生しないことになりますのでご安心ください。

ただしYouTube(ユーチューブ)の確定申告におけて所得税の節税効果を得たいからと、なんでも経費計上してしまうと、税務署に不正と判断されてしまうおそれがあるためご注意ください。