LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

YOUTUBE(ユーチューブ)のLIVE配信(ライブ配信)のやり方を分かりやすく解説

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181028140558j:plain

YOUTUBE(ユーチューブ)のLIVE配信(ライブ配信)をやりたいけれど、どうやったらいいか分からないという人もいるのではないでしょうか。

今回は、YOUTUBE(ユーチューブ)のLIVE配信(ライブ配信)に必要な条件や機材など、詳しく解説していきます。

YOUTUBE(ユーチューブ)のLIVE配信(ライブ配信)のやり方を分かりやすく解説

YOUTUBE(ユーチューブ)のLIVE配信(ライブ配信)を始める前の準備

LIVE配信(ライブ配信)をするにはYOUTUBE(ユーチューブ)アカウントが簡単な条件を満たしている必要があります。

条件は、過去90日間にすでに投稿した動画がペナルティを受けていないことと、本人確認が済んでいることの2つだけです。

本人確認は2段階認証というもので行われます。

2段階認証は、インターネット上でアカウントが自分のもので間違いないという確認をしたあとに、スマホに送られてくる確認コードを使ってもう一度アカウントを確認するという2段階の確認をするものです。

インターネットで本人確認をすると上記のように確認コードの受け取り方法を選べます。

SMSはスマホの電話番号で使えるショートメッセージ機能です。

GmailやiCloudのメールではないので注意しましょう。

スマホに電話かSMSで送られてきた確認コードを下記の画面で入力すればLIVE配信(ライブ配信)の準備は完了です。

YOUTUBE(ユーチューブ)のLIVE配信(ライブ配信)に特別な機材は必要ない

単にLIVE配信(ライブ配信)をするだけならば、極端な話スマホ1台があれば可能です。

ただ、PCを使ってより細かな設定をして配信する場合は、ウェブカメラやマイクが必要になります。

ウェブカメラはマイク内蔵型のものも多くありますが、本格的にテレビの生放送のようなイメージで会話のある配信を考えている場合には内蔵型マイクでは集音性能が低いと思うので、別途マイクを用意したほうが良いでしょう。

ヘッドセット型のマイクを使う場合にも吐息の風切り音などをカットする機能のあるものを選びましょう。

YOUTUBE(ユーチューブ)のLIVE配信(ライブ配信)のやり方は2種類

YOUTUBE(ユーチューブ)のLIVE配信(ライブ配信)を「今すぐ配信」でする方法

「今すぐ配信」はYOUTUBE(ユーチューブ)側で画像の解像度やフレームレートなどを自動で設定してくれる、おまかせ配信のようなものです。

フレームレートとは、一秒あたりの画像の枚数を指し、レートの数字が大きいほど滑らかな動きの画像になりますが一方でデータが大きくなります。

YOUTUBE(ユーチューブ)のLIVE配信(ライブ配信)を「イベント」でする方法

「イベント」は動画を事前に予定した時間からLIVE配信(ライブ配信)するやり方です。

予定された時間までに動画の品質やタイトルなどの細かな手動設定ができるうえに、事前に視聴者へ配信時間を告知できるというメリットがあります。

タイトルや内容を事前に告知して、決まった時間から配信を始めるのはテレビの生放送に近いので、「イベント」で配信するやり方のほうが馴染みがあるかもしれません。

ただ、スマホでは「イベント」でのLIVE配信(ライブ配信)はできません。

本格的にテレビの生放送のようなクオリティの配信をするのであれば、機材を揃えてPCで配信しましょう。

YOUTUBE(ユーチューブ)のLIVE配信(ライブ配信)をスマホでやる方法

まずはYOUTUBE(ユーチューブ)アプリを起動して右上のカメラマークのアイコンをタップします。すると下記のような画面になるので「ライブ配信」を選択します。

次にスマホの位置情報を使用するかどうかを選択します。位置情報をONにすると現在地付近の施設などが自動でリストアップされるので、どこでLIVE配信(ライブ配信)をしているのかを公開する場合に便利になります。

さらに動画の公開設定を選びます。「限定公開」を選ぶとURLを知っている人だけが視聴できるようになるので、友人たちだけに公開したい場合には「公開」ではなく「限定公開」にしましょう。

諸々の設定をして「次へ」をタップすると、いきなりサムネイル用の撮影モードに入って数秒後に自動でサムネイルが撮影されてしまいます。

標準で撮影モードがインカメラになっているので、そのままだと自分の顔がサムネイル用に撮影されてしまうので注意しましょう。

その後、「開始」をタップするとスマホでYOUTUBE(ユーチューブ)のLIVE配信(ライブ配信)が始まります。

スマホのLIVE配信(ライブ配信)は事前に告知できないので、生放送というよりはゲリラ放送のようなイメージで考えると良いのではないでしょうか。

YOUTUBE(ユーチューブ)のLIVE配信(ライブ配信)をウェブカメラでやる方法

PCでLIVE配信(ライブ配信)する場合にもYOUTUBE(ユーチューブ)画面のカメラアイコンから開始します。 すぐに配信が始まるわけではなくタイトルや公開設定などを事前に入力します。

ここで「予定」を選択すると「イベント」方式のLIVE配信(ライブ配信)ができます。

各種設定を終了してプレビューを確認した後にライブ配信を開始すると下記のような画面になり配信が始まります。

左側のウィンドウで実際の配信動画を確認しながら右側でチャットの確認と入力ができます。ここでおさえておきたいのが、下側の矢印アイコンです。

この矢印アイコンをクリックすると生放送中にLIVE配信(ライブ配信)の情報をFacebookやTwitterなどの各種SNSで共有できます。

この機能を使って呼びかけることで配信中に視聴者を増やせるというわけです。

LIVE配信(ライブ配信)を終了すると、その動画とチャンネルの統計情報が表示されます。

スパチャなどの収益化の条件開放のための総再生時間はここで確認できます。

YOUTUBE(ユーチューブ)のLIVE配信(ライブ配信)のやり方を分かりやすく解説まとめ

YOUTUBE(ユーチューブ)のLIVE配信(ライブ配信)は特別な機材がなくてもスマホがあれば簡単に始められます。

ただ、しっかりとした機材を用意してPCで配信すると細かな設定ができるので、余裕があれば機材も用意しておいたほうがよりクオリティの高い動画コンテンツが作れるようになります。