LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリを分かりやすく解説

【PR】17LIVE、BIGO、Pococha、IRIAMを等のライブ配信アプリで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む11,000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVE、BIGO、Pococha、IRIAMを等のライブ配信アプリで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む11,000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVE、BIGO、Pococha、IRIAMを等のライブ配信アプリで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む11,000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)の、誰でも無料で使えるBGMを提供しているサービスであるオーディオライブラリ。

このオーディオライブラリには、ユーザーが自分の動画に使用できる膨大な数の楽曲や効果音が収録されており、著作権の心配なく動画制作ができます。

YouTube(ユーチューブ)に動画を投稿している人の中にはこのオーディオライブラリを利用して、楽曲の制作に時間をかけることなくクオリティの高い動画制作を行っている人も多くなっていますよ。

そこで今回は、YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリを分かりやすく解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリを分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリとは?

YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリとは、YouTuber(ユーチューバー)が自分の動画に使える楽曲や音源を提供する、YouTube(ユーチューブ)が公式に提供する音楽素材のライブラリです。

YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリには、様々なジャンルやムードの楽曲が収録されており、YouTuberはこれらの楽曲を無料で使用することができます。

(楽曲によっては使用に関してクレジット表記などの条件がある場合もあります。)

オーディオライブラリには著作権に関する問題がない楽曲が収録されているため、YouTuber(ユーチューバー)は安心して動画制作に取り組むことができます。

YouTube(ユーチューブ)チャンネルを開設して間もない人や、まだまだ動画作りに苦戦しているという人であれば、著作権を考えずに気軽に使えるオーディオライブラリの利用がおすすめです。

YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリを使って動画を投稿する方法

YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリには豊富な種類の楽曲が用意されていますので、さまざまなジャンルの動画コンテンツに利用することができます。

ここでは実際に、自分の作るコンテンツにオーディオライブラリから利用した楽曲を挿入してYouTube(ユーチューブ)に動画を投稿する方法を見ていきましょう。

YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリを利用してPCから動画を投稿する方法

  1. YouTube(ユーチューブ)にログインし、画面右上のアイコンをクリックして、「YouTube(ユーチューブ)Studio(スタジオ)」を選択する
  2. 左側のメニューから「オーディオ」を選択する
  3. 「無料の音楽を追加」をクリックして、オーディオライブラリを開く
  4. 音楽を検索したり、ジャンルで絞り込んだりして、自分の動画に使いたい音楽を見つける
  5. 音楽の横にある「ダウンロード」アイコンをクリックして、ダウンロードする
  6. ダウンロードした音楽ファイルを、動画編集ソフトにインポートする
  7. 動画編集ソフトで、音楽ファイルを動画に追加する
  8. 動画を編集して完成させ、YouTubeにアップロードする

YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリを利用してスマホアプリから動画を投稿する方法

YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリは、PCからだけではなくスマホアプリからも利用することが可能です。

iPhoneやAndroidのスマホアプリを利用してオーディオライブラリから楽曲を利用するのであれば、以下の手順を踏んでください。

  1. YouTube(ユーチューブ)アプリを開き、右下の「+」ボタンをタップする
  2. メニューが表示されるので「動画を作る」をタップする
  3. オーディオライブラリを開くには、「音楽を追加」をタップする
  4. オーディオライブラリの曲を検索したり、ジャンルごとに表示したりして、好きな曲を選ぶ
  5. 曲をタップすると再生して確認することができる。再生中に使用する部分を選ぶこともできる
  6. 曲を選んだら、「次へ」をタップする
  7. 音声を録音するか、既存の動画に曲を追加するかのどちらかを選択する
  8. 録音する場合は録音画面が表示されるので、画面に従って録音する。既存の動画に曲を追加する場合は、動画を選択する(動画に曲を追加した場合は、曲の長さに合わせて動画の長さが自動的に調整されます。)
  9. 編集が完了したら、右上の「次へ」をタップする
  10. タイトルや説明文、公開範囲などの情報を設定し、「公開」をタップする

YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリが表示されない原因と解決方法

YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリを利用すると、著作権を気にすることなく動画の編集が可能です。

しかし中にはYouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリを使おうとして、オーディオライブラリが表示されないという人もいるようです。

YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリが表示されない場合には、Youtube(ユーチューブ)Studio(スタジオ)を利用しているアプリケーションを立ち上げ直してみるのがよいでしょう。

ブラウザやアプリ自体のバグの場合には、一度再起動をかけることで正常にオーディオライブラリが作動する場合が多くなっています。

またアプリケーション自体のバグの場合には、YouTube(ユーチューブ)側が順次バグに対応中という場合もありますので、しばらく待ってみることで通常通りに戻っているということも多いようです。

さらにPCのブラウザでオーディオライブラリが利用できなくても、スマホアプリのオーディオライブラリは利用できたりする場合もあります。

そのためPCやスマホなど、複数のデバイスを利用して動画編集を行なっているという人は、複数のデバイスからオーディオライブラリを利用してみるのもよいでしょう。

YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリを分かりやすく解説まとめ

今回は、YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリを分かりやすく解説していきました。

YouTube(ユーチューブ)のオーディオライブラリは、Youtube(ユーチューブ)が提供する著作権フリーの楽曲やBGMの倉庫となっています。

これからYouTube(ユーチューブ)の動画を作りたいという人であれば、著作権を考えずに自由に音楽やBGMを付けられますので是非使ってみてくださいね。