LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムを分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムってなに?

パートナープログラムに参加して、収益化したいけれど、どのように報酬を稼ぐことができるの? あなたは今、このようにお考えですよね。

ここではYouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムについて詳しく解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムを分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムとは?

YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムとは、収益化するための制度をさします。

パートナープログラムの代表的な収益化の方法として、動画に広告を表示して広告収入を得ることができます。

広告収入の他、YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムを活用することで、以下の制度により収益を得ることができます。

  • 制作動画のライセンス化
  • ファンファンディング
  • クラウドファンディング
  • YouTube Premiumによる分配
  • アフィリエイト

では具体的にYouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムでできることについて詳しくみていきます。

YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムでできること

まずYouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムでできることは、動画制作における収益化です。

動画の広告収入の場合、動画を再生してもらい表示された広告の表示回数に応じて報酬を受け取れます。

広告収入の単価は、表示1回あたりにつき0.1円だと言われていますが、ジャンルや動画の再生回数によって異なります。

また制作動画のライセンス化でも、収益を得ることができます。

自分が制作した動画を他人が使用することを許可し、その報酬を受け取る方法をさします。

YouTube(ユーチューブ)では「クリエイティブ・コモンズ」と呼ばれています。

またYouTube Premium会員が支払う会費の一部を、配信者の報酬として受け取れる収益化方法もあります。

動画の視聴回数が多い配信者ほど、YouTube Premiumの報酬における還元率は高くなります。

パートナープログラムでできることは、YouTube(ユーチューブ)の動画制作以外にも、募金や寄付してもらうことできます。

俗にいう投げ銭によって、収益化することも可能です。 YouTube(ユーチューブ)の投げ銭のひとつ「ファンファンディング」では視聴者から投げ銭してもらうことで収益を得ることができます。

ただし現実は、呆然とパートナープログラムを利用したところで収益化できるのでありません。

視聴者が有益だと思う動画や、動画やライブ配信での視聴者とのコメント交流などによって、応援したいという気持ちをあおることで、寄付してもらうことができます。

もうひとつYouTube(ユーチューブ)の寄付による収益化の方法として「クラウドファンディング」もあります。

クラウドファンディングは、配信者のビジョンを叶えるために、資金を集める目的を公表することで視聴者から寄付を受けることができます。

最後、YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムでできることは、アフィリエイトによる収益化の方法です。

たとえば広告主のサービスや商品に関する動画を制作して、実際に商品を買ってもらえたり、サービスを利用してもらった場合に、宣伝料の一部として紹介報酬を受け取ることができます。

ちなみにアフィリエイトの単価はプログラムによって異なります。

アフィリエイトで収益化する方法は、アフィリエイトの他にも企業とのスポンサー契約を結び、制作動画の視聴回数や登録者数など条件に応じた単価で報酬を受け取ることができるケースもあります。

YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムの申し込み条件

YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムで収益化するためには申請が必要ですが、まずは申し込みの条件を満たしている必要があります。

  • チャンネル登録者数が1000人以上であること
  • 動画の総再生時間が直近12ヶ月で4000時間以上あること
  • YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムが利用可能な国や地域に居住していること
  • すべてのYouTube(ユーチューブ)の収益化ポリシーを遵守していること
  • Googleアドセンスアカウントを持っていること

パートナープログラムで収益化するためには、チャンネル登録者数と動画の総再生時間が必要ですので、YouTube(ユーチューブ)のアカウント登録後すぐに収益化することは難しいでしょう。

この2点については誠実に動画運営を行っていくことで、クリアできるはずです。

またパートナープログラムにおける収益化ポリシーもきちんと確認しておきましょう。

YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムにGoogleアドセンスのアカウントが必要な理由は、YouTube(ユーチューブ)から報酬を受け取るためです。

動画の広告収入の報酬提供先は、元をたどればGoogleアドセンスですので、収益化をめざす場合は、Googleアドセンスのアカウントを取得しましょう。

YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムで収益化するための申請方法

YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムで収益化における申請方法を確認していきましょう。

アカウント登録を完了していない方は、先にGoogleアカウントを取得して、YouTube(ユーチューブ)でアカウント登録を完了させてください。

登録を完了したら、まずYouTube(ユーチューブ)のアカウントにログインしましょう。

左メニューから「自分の動画」を選択して「YouTube Studio」へアクセスします。

「YouTube Studio」左側のメニュー一覧から「収益の受け取り」へ進みます。

パートナープログラムへの参加条件が表示されます。

参加条件を満たしていない場合は、条件が表示されるため、適宜画面の指示にしたがって、手続きを完了させましょう。

パートナープログラムへの参加条件を満たしている場合には、そのまま参加ボタンから進み必要事項を記入して、申請手続きを完了させてください。

YouTube(ユーチューブ)から通知が届くことでパートナープログラムによる収益化サービスを利用できます。

YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムを分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)のパートナープログラムとは、収益化できるサービスをさしています。

パートナープログラムで収益化する方法は、動画の広告収入だけではありません。

動画のライセンス化・YouTube Premium会員による動画再生の分配報酬・ファンファンディングやクラウドファンディングなど寄付による報酬・アフィリエイトなど、さまざまな方法で収益を得ることができます。

パートナープログラムには申し込み条件がありますので、まずは条件を満たしたうえで、YouTube(ユーチューブ)から申し込みを行いご利用ください。