LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

YOUTUBE(ユーチューブ)のプレゼント企画のやり方や禁止事項は?

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181028140558j:plain

YOUTUBE(ユーチューブ)でチャンネル登録者が増えたため、感謝の意味を込めてプレゼント企画をやりたいと思う方もいるのではないでしょうか。

でも、プレゼント企画はやり方に注意しないとかえって悪評を招いたり規約違反になったりする可能性もあります。

今回は、YOUTUBE(ユーチューブ)のプレゼント企画のやり方や禁止事項についてご紹介します。

YOUTUBE(ユーチューブ)のプレゼント企画のやり方や禁止事項は?

YOUTUBE(ユーチューブ)のプレゼント企画のやり方

YOUTUBE(ユーチューブ)プレゼント企画の募集(応募)のやり方

YOUTUBE(ユーチューブ)のプレゼント企画に応募者を募る方法は多数ありますが、プレゼント企画の応募方法として、チャンネル登録をする、動画へコメントを残す、動画へ高評価を残す、などをした視聴者を応募者とするやり方が多く見られます。

ただ、これらのやり方はのちほど詳しく説明するようにやり方に注意しないとYOUTUBE(ユーチューブ)規約違反とみなされる可能性があるので注意が必要です。

YOUTUBE(ユーチューブ)プレゼント企画のプレゼント内容

プレゼント企画の内容は、iTunesカードやAmazonギフトカード、Google Playカードなどの商品券をプレゼントするものがほとんどです。

金額は1,000円~3,000円がもっとも多く見られます。 現金はもらう方も気後れしますし、送付方法も難しくなりますので、ギフトカードを送るやり方は、やはりYOUTUBE(ユーチューブ)プレゼント企画にもっとも適しているように思えます。

YOUTUBE(ユーチューブ)プレゼント企画の抽選のやり方

応募者が多数あった場合には、抽選にも手間がかかりますが、YOUTUBE(ユーチューブ)のプレゼント企画で用いられる抽選のやり方で多いのは、抽選アプリを使ったものです。

また、公正に抽選が行われたことを証明するためにも抽選自体を別の動画のコンテンツとして配信する方も多くいます。

そのほうが公正な抽選をしていることを説明できるうえに、視聴者数も稼げるので合理的ですね。

さらに、抽選アプリをスマホやPCで使っている動画キャプチャを撮ってコンテンツとして使えば、応募した視聴者もわくわくしながら動画を見られるので魅力的な動画作りの助けにもなります。

YOUTUBE(ユーチューブ)プレゼント企画の抽選結果報告のやり方

プレゼントの抽選と同じように抽選結果の報告も動画のコンテンツの一貫として使えば、一石二鳥です。

ただし、当選者の名前の発表をしたからといって、それがそのまま当選者に伝わるわけではありませんので、当選者に当選したことを直接伝える必要があります。

以前はYOUTUBE(ユーチューブ)にもDM(ダイレクトメッセージ)機能があったので、視聴者の方と直接メッセージのやり取りができたのですが、現在YOUTUBE(ユーチューブ)のDM機能は廃止されてしまいました。

そのため、YOUTUBE(ユーチューブ)のプレゼント企画で視聴者と直接やり取りするには、TwitterやLINEなどの別のSNSのDMを組み合わせなければなりません。

YOUTUBE(ユーチューブ)プレゼント企画の抽選後のやり取り

当選者への当選の連絡と同様に、当選後は直接DMをやり取りしてプレゼントの送付先として住所を聞ききます。

当選者としても住所という個人情報を伝えることに不安があるかもしれないので、プレゼント発送後は速やかに住所などの個人情報は破棄しますとお伝えしてあげると親切ですね。

くれぐれもYOUTUBE(ユーチューブ)プレゼント企画の動画上のコメント欄など、多数の目に触れる場所での住所のやり取りはしないようにしましょう。

YOUTUBE(ユーチューブ)のプレゼント企画の禁止事項

YOUTUBE(ユーチューブ)プレゼント企画の応募条件にチャンネル登録をいれるのは禁止事項になる可能性も

YOUTUBE(ユーチューブ)利用規約では視聴者にプレゼントしてはいけないという規約はありませんが、チャンネル登録をプレゼントの条件とするのは、規約違反となる「第三者からチャンネル登録者を買う」または「相互チャンネル登録」に触れる可能性があります。

実際のところは明確な規約違反ではなく、グレーといったところです。

たとえば、プレゼント企画の条件を「新たなチャンネル登録」とするのではなく、そもそもの企画の目的がチャンネル登録者に向けたプレゼントとすればチャンネル登録者を買ったことにはなりませんよね。

YOUTUBE(ユーチューブ)プレゼント企画で高評価を応募条件にするのも禁止事項になる可能性がある

YOUTUBE(ユーチューブ)プレゼント企画の応募条件を動画への高評価とするのも、高評価を買っているとみなされる可能性があります。

これは動画のクオリティに関わらず不正に高評価を得る行為なので禁止事項になるのも納得できるのではないでしょうか。

YOUTUBE(ユーチューブ)プレゼント企画の応募条件に複数アカウントの応募を禁止事項にするのはOK

視聴者の立場になってみると、複数のアカウントで応募すれば単純に当選確率も2倍になりますので、そのような不正を配信者として禁止事項にするのは当然OKです。

YOUTUBE(ユーチューブ)の規約にもそのような文言はありません。事実上、複数アカウントで応募しているかどうかをは配信者がチェックするのは難しいですが、公正な抽選をするためには複数アカウントの応募は禁止にしたほうがいいでしょう。

YOUTUBE(ユーチューブ)プレゼント企画はやり方に注意しないと嘘ややらせと思われる

YOUTUBE(ユーチューブ)のプレゼント企画はやり方に注意しないと、あらかじめ当選者が決まっていたり、実際はプレゼントのやり取りがされていないやらせなのではという疑惑を視聴者にもたれてしまいます。

実際に個人情報の収集が目的のYOUTUBE(ユーチューブ)アカウントも存在するようです。

それらの悪質なやらせや嘘のプレゼント企画と勘違いされないためにも、抽選を動画で公開したり、普段の動画の内容や視聴者とのやり取りに気を遣いましょう。

プレゼント企画が嘘ややらせではないというのはは配信者として簡単に証明できるものではないですが、実際に自分がしっかりとプレゼントできれば、プレゼント企画が嘘ばかりではないという証明になるのではないでしょうか。

YOUTUBE(ユーチューブ)のプレゼント規格のやり方や禁止事項は?まとめ

YOUTUBE(ユーチューブ)のプレゼント企画は一気にチャンネル登録者や再生数の稼げる良い企画ですが、露骨にチャンネル登録を条件とするのはYOUTUBE(ユーチューブ)規約の近似事項にかかりかねません。

嘘ややらせと思われないためにも応募条件や抽選方法などに注意して企画しましょう。