LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の収入を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

ここ数年、人気の職業として目指す人も多くなっているYouTuber(ユーチューバー)という仕事。

これからYouTube(ユーチューブ)で動画の投稿を始めてみたいという人の中には、YouTube(ユーチューブ)で収入を得ていきたいという人も多いでしょう。

しかし実際にYouTuber(ユーチューバー)が年収どれくらい稼げているのか、具体的にどんな方法で収入を得ているのか知らないという人もいますよね。

そこで今回は、YouTube(ユーチューブ)の収入を分かりやすく解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)の収入を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)の収入源のメインは「広告収入」

YouTuber(ユーチューバー)になりたいという人の数は年々増加傾向にあるものの、実際にYouTuber(ユーチューバー)がYouTube(ユーチューブ)でどれくらいの収入をえているのかについてはまだまだ不鮮明ですよね。

YouTube(ユーチューブ)の収入は、おもに「広告収入」がメインとなっています。

YouTube(ユーチューブ)の広告収入とは、自分の投稿した動画に広告を挟むことによって、広告主から報酬をもらうという方法です。

YouTube(ユーチューブ)で広告収入を得るためには「YouTube(ユーチューブ)パートナープログラム(YPP)」への加入が義務付けられており、YPPへの加入には以下のような条件があります。

  1. すべてのYouTube(ユーチューブ)の収益化ポリシーを遵守している
  2. YouTube(ユーチューブ)パートナー プログラム(YPP)を利用可能な国や地域に居住している(日本居住者は利用可能)
  3. 有効な公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上である
  4. チャンネル登録者数が 1,000 人以上である。
  5. リンクされている AdSense(アドセンス)アカウントを持っている

条件となっているチャンネル登録者数や総再生時間などをみると、ある程度YouTube(ユーチューブ)への動画をアップロードして視聴者がいることが条件になっていることがわかるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の収入はどれくらいなのか?

YouTube(ユーチューブ)でのおもな収入源となる広告収入を利用するためには、YPPへの加入が条件です。

さらにYPPへ加入するためには、YouTube(ユーチューブ)でチャンネル登録者数1000人以上や総再生時間4000時間以上などの条件があります。

YPPへの加入条件をみると、収入をもらうためのスタートラインにたつまでもハードルが高いと感じる人もいるでしょう。

しかし広告収入が得られる条件を満たしたからといって、すぐにYouTube(ユーチューブ)で大きな収入を得られるわけでもなさそうです。

動画の本数や視聴回数などによっても異なるため一概にはいえませんが、大体1000人程度のチャンネル登録者数のYouTuber(ユーチューバー)で月収が5000円前後といわれています。

そのためYouTube(ユーチューブ)の動画投稿だけで収入を得ていきたいという人の場合、1万人以上のチャンネル登録者数が目標の目安となってくるでしょう。

このようにYouTube(ユーチューブ)での動画投稿を始めてから、実際にまとまった収入を得るためには、かなりの時間と労力を費やします。

特にチャンネル登録者数などは、投稿する動画の面白さや魅力次第で数が変わってくるため努力次第で収益化のスピードも変わってくるといえるでしょう。

一見、YouTube(ユーチューブ)で収入を得るのは難しいとばかり考えてしまいがちですが、一度稼げるようになれば上限なく稼ぎやすいというのがYouTube(ユーチューブ)収入のメリットです。

ここでは実際に、日本のYouTuber(ユーチューバー)の中でもトップランカーとなっている人たちのチャンネル収入がどれくらいあるのかもみていきましょう。

  • Fischer's-フィッシャーズ...4630万円
  • HikakinTV...2324万円
  • はじめしゃちょー...1938万円
  • 米津玄師...1731万円
  • 水溜りボンド...1674万円
  • ボンボンTV...1649万円
  • HikakinGames...1567万円
  • 湘南乃風...1494万円

上で紹介したのは日本のYouTube(ユーチューブ)で人気となっているYouTube(ユーチューブ)チャンネルの月収です。

月単位で数千万円の収入となっていますので、年収では億を超えてきます。

このようにYouTube(ユーチューブ)は、稼ぎはじめのハードルが高いのですが、ある程度稼げるようになれば年収が億単位も目指せる夢のあるビジネスだともいえるでしょう。

また、年齢や学歴に囚われず、収入を発生させることができるのもYouTube(ユーチューブ)の魅力の1つです。

YouTube(ユーチューブ)で収入を得る方法は広告収入以外にもある

これまでYouTube(ユーチューブ)で収入を得る方法といえば広告収入のみとなっていましたが、ここ数年でYouTube(ユーチューブ)で収入を得る手段が少しずつ増えています。

YouTube(ユーチューブ)で広告収入以外に稼ぐ方法の代表的なものが、ライブ配信での投げ銭システムを利用した「スーパーチャット」です。

ライブ配信中にリスナーからステッカーと呼ばれる「投げ銭」を送ってもらうことで、売り上げの一部がライブ配信者に収入として入るシステムになっています。

また自分のYouTube(ユーチューブ)チャンネルのファンクラブに加入してもらうという形式の「メンバーシップ登録」という方法も、新しいYouTube(ユーチューブ)の収益化の方法の1つです。

「スーパーチャット」も「メンバーシップ」も収益化の目的で利用するためには条件がありますので、YouTube(ユーチューブ)公式サイトなどを確認してみるのもよいでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の収入を分かりやすく解説まとめ

今回は、YouTube(ユーチューブ)の収入を分かりやすく解説してきました。

YouTube(ユーチューブ)の収入源のメインとなってくるのが広告収入です。

広告収入を得るための資格を取得するまでの条件などは厳しいものがありますが、上限なく高収入が目指せるというのはYouTube(ユーチューブ)収入の1つのメリットだといえるでしょう。