LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)のタグの付け方と効果を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)のタグの付け方は、どのようにしたらいいの?

タグの効果はなに?

YouTube(ユーチューブ)の動画にどのような影響を与えるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

世界中にユーザーを抱えるYouTube(ユーチューブ)なのに、再生回数があがらないとお考えの方もいるはずです。

そのような方に向けてYouTube(ユーチューブ)のタグの付け方と効果について解説していきましょう。

YouTube(ユーチューブ)のタグの付け方と効果を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)のタグとは?

YouTube(ユーチューブ)のタグとは、動画の内容をYouTube(ユーチューブ)に伝えるためのキーワードまたは単語をさします。

タグをつけることで、YouTube(ユーチューブ)の関連動画に表示されやすくなる、検索結果の表示にも期待できるなど、視聴者に見たい動画を提供し、動画の再生回数アップにつなげやすくなります。

ちなみにYouTube(ユーチューブ)のタグとはハッシュタグと混同されている方はいるかと思いますが、ふたつはまったく別物です。

タグは視聴者から見えませんが、ハッシュタグは見えることは大きな違いでしょう。

ハッシュタグは視聴者に向けたキーワードで、ハッシュタグをタップすることで、動画や投稿などの関連するコンテンツにダイレクトにアクセスできます。

タグはYouTube(ユーチューブ)のシステムに向けたキーワードで、投稿動画の公開画面からタグをタップやクリックできず、あくまでも関連動画に表示されやすくなるための要素のひとつと言えるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)のタグの付け方

YouTube(ユーチューブ)のタグの付け方は、未公開の新規動画と、アップロード済みの動画ともに基本的なやり方は同じです。

タグの付け方は、「タグ」欄にキーワードを入力して、カンマで区切り、複数のキーワードを入力します。

カンマで区切ったタグは、ボタン状に表示され「削除」することもできます。 YouTube(ユーチューブ)のタグの文字数は、最大500文字です。

YouTube(ユーチューブ)のタグの付け方 新規動画の手順

YouTube(ユーチューブ)のタグの付け方のやり方と手順は、まず「自分の動画」へ進み、「YouTube(ユーチューブ) Studio」へアクセスしましょう。

「チャンネルのコンテンツ」の画面右上にある「動画をアップロード」を選択し、「ファイルを選択」またはドラッグアンドドロップで、新規動画を選択します。

動画のアップロードフォームが表示されるので、画面一番下の「すべて表示」を選択し「タグ」を記入したら「次へ」進みましょう。

引き続き手順にしたがってYouTube(ユーチューブ)へ動画をアップロードます。

YouTube(ユーチューブ)のタグの付け方 アップロード済みの動画の手順

アップロード済みの動画へのタグの付け方のやり方と手順は、同じく「YouTube(ユーチューブ) Studio」へアクセスします。

「チャンネルのコンテンツ」からタグを付けたい動画のサムネイルを選択し、動画の詳細ページの「すべて表示」を選択し「タグ」を入力します。

タグを記入したら画面右上の「保存」を選択して、YouTube(ユーチューブ)に再アップロードしましょう。

YouTube(ユーチューブ)のタグの付け方 スマホアプリでのやり方と手順

スマホによるYouTube(ユーチューブ)の動画のタグの付け方は、ブラウザではできませんが、アプリになら対応しています。

パソコン版のYouTube(ユーチューブ)の場合、新規動画のタグの付け方は、アップロードのプロセスの一環として進めることができましたが、アプリは新規動画のアップロードと同時にタグを設定できません。

アプリによるタグの付け方は、先に新規動画をアップロードを完了したあと、ふたたび以下の手順でタグ付けを行います。

手順は、YouTube(ユーチューブ)のアプリのメインメニュー「ライブラリ」から「自分の動画」へ進みましょう。

動画のタイトル右にある「三点リーダー」アイコンをタップして「編集」へ進み「タグを追加」を入力して、あとは手順に沿って再アップロードしてください。

YouTube(ユーチューブ) タグの付け方のコツ

YouTube(ユーチューブ) のタグの効果的な付け方として、いくつかコツがあります。

  • YouTube(ユーチューブ) の1動画につき、タグは3から5個にとどめる
  • 1つ目のタグはターゲットにしたいメインキーワードにして、動画の大テーマを設定する
  • 2つ目以降のタグは動画の大テーマに沿い、さらに小テーマを設定する
  • タグの先頭にメインキーワードを置き、優先順位の高いキーワード順に並べる
  • 人気動画のタグをまねする

YouTube(ユーチューブ)の人気動画のタグは公開画面などから把握できないため、専門のツールや拡張機能を利用してください。

YouTube(ユーチューブ)のタグの効果

YouTube(ユーチューブ)のタグの効果は、YouTube(ユーチューブ)の検索エンジンに動画の内容を伝えることです。

タグによって動画のカテゴリとトピックを把握したYouTube(ユーチューブ)の検索エンジンは、内容が近い動画を判断して、検索結果や関連動画に表示すると考えられています。

検索結果と関連動画に表示された動画は、もちろんYouTube(ユーチューブ)のリーチ拡大や再生回数アップにつながりやすくなるでしょう。

特にタグは関連動画の表示につながりやすいと考えられており、特定のジャンルに興味を持つユーザーを動画に誘導する効果が見込まれます。

自分の動画に共通のタグを設定することで、ジャンルに興味を持つユーザーの離脱を防いで、多くの視聴回数を稼ぐ効果も期待できます。

タグが検索結果に与える影響は0ではありませんが、動画のタイトル・サムネイル・説明文のほうが、検索結果に与える効果は大きいとYouTube(ユーチューブ)は言及しています。

YouTube(ユーチューブ)のタグの注意点

YouTube(ユーチューブ)のタグの使い方には、いくつか注意点があります。

YouTube(ユーチューブ)のタグは詰め込みすぎない

YouTube(ユーチューブ)のタグは、ひとつの動画につき3~5個が適切です。

10個を超えてしまうほど、過剰なタグの設定は「タグスパム」と呼ばれる不正行為と判断され、YouTube(ユーチューブ)の動画削除などのペナルティ対象になります。

YouTube(ユーチューブ)は公式的にタグの上限数を公開していませんが、最大でもタグは5個以内におさめておくと安心です。

YouTube(ユーチューブ)のタグに禁止ワードを使わない

YouTube(ユーチューブ)のタグに禁止ワードを使うと、動画削除等のペナルティ対象になります。 関連するワードは設定してはいけません。

YouTube(ユーチューブ)のタグに過剰な効果は期待しすぎない

タグはあくまでもYouTube(ユーチューブ)の検索エンジンに動画の内容を伝えるためのものでですので、関連動画への表示は期待できます。

ただ検索結果の表示は、あくまでも動画のタイトル・サムネイル・説明文がメインですので、タグに対する過剰な期待は禁物です。

タグによる検索結果の上位表示に即効性はないと考えておきましょう。

YouTube(ユーチューブ)のタグの付け方と効果を分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)のタグの付け方は、パソコンからもスマホアプリからも、簡単な作業で可能です。

効果的なタグの付け方におけるコツもありますのできちんと押さえておきましょう。

タグの効果は、YouTube(ユーチューブ)の関連動画に表示されやすくなることであり、検索結果に直結するものではありませんが、少なからず影響はあると考えられます。

YouTube(ユーチューブ)でタグの付け方をマスターして、動画の再生回数アップ効果を狙いましょう。