LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の使い方を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)の使い方がよくわからない。

動画の視聴や投稿の使い方は、YouTube(ユーチューブ)のどのページから進めればいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

幅広いユーザーに活用されているYouTube(ユーチューブ)の使い方は、動画の視聴ですが、中には動画の投稿を検討している方もいるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)へアクセスすると、動画や機能が表示されていますが、どのような使い方ができるのかと疑問を感じている方もいるはずです。

ここでは画面の機能や操作方法を中心に、YouTube(ユーチューブ)の使い方を解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)の使い方を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)の使い方は、画面の見方と操作方法を覚えることからはじめましょう。

詳しいYouTube(ユーチューブ)の使い方は、メニューごとに解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)の使い方 ホーム画面

YouTube(ユーチューブ)のホーム画面の見方と使い方をみていきましょう。

まずYouTube(ユーチューブ)にログインしているのか、していないのかで、表示される動画は異なります。

ログインしていない場合は、YouTube(ユーチューブ)の人気動画が表示され、ログインしていない場合は過去のアクティビティによってユーザーの興味に基づいたおすすめの動画が表示されます。

YouTube(ユーチューブ)の動画を視聴する使い方は動画をクリックしましょう。

ホーム画面に戻るための使い方は「YouTube(ユーチューブ)」のロゴをクリックします。

「三」アイコンの使い方は、クリックすることで、YouTube(ユーチューブ)のメインメニューと詳細メニューの表示を変更できます。

詳細メニューを表示することで、iPhoneやアンドロイド版YouTube(ユーチューブ)のホーム画面とほぼ同じメニューにする使い方ができます。

YouTube(ユーチューブ)の使い方 検索

YouTube(ユーチューブ)の使い方として、検索したい視聴したい動画を探すことができます。

まずは画面上部の検索バーに、検索したい動画・ユーザーなど、条件を記入して検索をかけると、該当する動画を絞り込むことができます。

検索結果は、各ユーザーのYouTube(ユーチューブ)の設定やアクティビティによって異なり、効率よく動画を探すという使い方ができます。

またYouTube(ユーチューブ)のメインメニューの「探索」をクリックすると、動画のカテゴリが表示されます。

動画のカテゴリをクリックすると、興味あるジャンル内から注目されているおすすめ動画を探し出す使い方もできます。

YouTube(ユーチューブ)の使い方 登録チャンネル

YouTube(ユーチューブ)の登録チャンネルの使い方は、登録したチャンネルの更新動画を確認・視聴できます。

登録チャンネルのページには、上から順に最新動画が表示されているため、更新状況を逃さずキャッチして、効率よく動画を視聴する使い方ができます。

YouTube(ユーチューブ)の使い方 ライブラリ

YouTube(ユーチューブ)のライブラリの使い方は、「履歴」「後で見る」「自分の動画」「再生リスト」「高く評価した動画」の4つに該当する動画を確認できます。

履歴の使い方は、YouTube(ユーチューブ)で一度視聴した動画をもう一度見たいときに、すぐにアクセスできます。

後で見るの使い方は、先にYouTube(ユーチューブ)で見たい動画があるときに追加しておくことで、追加した動画にすぐアクセスできます。

自分の動画の使い方は、自分のYouTube(ユーチューブ)のチャンネル管理・動画のアップロードなど、クリエイター関連のツールを活用できます。

チャンネル管理と動画のアップロードだけでなく、アップロード動画のアクセス数や視聴からのコメントなどの情報を確認できます。

再生リストの使い方は、YouTube(ユーチューブ)の動画を登録しておくことで、登録した複数の動画を一気に視聴できます。

高く評価した動画の使い方は、YouTube(ユーチューブ)の「高評価」アイコンをクリックした動画の履歴を確認できます。

高評価とは、SNSサービスののいいねに相当する機能です。

YouTube(ユーチューブ)の使い方 他のサービス

YouTube(ユーチューブ)の他のサービスの使い方は、「YouTube Premium」「映画と番組」「ゲーム」「ライブ」「学び」「スポーツ」から選択します。

YouTube Premiumの使い方は、有料で広告表示のない環境で動画を視聴できます。

その他のサービスの使い方は、特定のジャンルの動画・ライブ配信・注目情報や有料コンテンツの購入など、ジャンルを特化したコンテンツを楽しむことができあます。

YouTube(ユーチューブ)の使い方 設定

YouTube(ユーチューブ)の設定の使い方は、「アカウント」「通知」「再生とパフォーマンス」「プライバシー」「接続済みのアプリ」「請求とお支払い」「詳細設定」と、主にチャンネルやアカウントの詳細設定を行います。

アカウントの使い方は、YouTube(ユーチューブ)のチャンネル管理者やアカウントなどの管理・変更・登録・追加・削除できます。

通知の使い方は、YouTube(ユーチューブ)のチャンネル登録した動画の更新通知や、自分のチャンネルや動画へのコメント通知など、通知のあり・なしを設定できます。

再生とパフォーマンスの使い方は、YouTube(ユーチューブ)のの再生動画の画質や字幕を表示できます。

プライバシーの使い方は、YouTube(ユーチューブ)の再生リスト・登録チャンネルの公開・非公開を設定します。

接続済みのアプリの使い方は、YouTube(ユーチューブ)を外部サービスのアプリと連携し、動画を視聴できるように設定します。

請求とお支払いの使い方は、YouTube(ユーチューブ)の有料コンテンツを利用した場合の決済方法を設定します。

詳細設定の使い方は、YouTube(ユーチューブ)のチャンネルの移動管理や削除を設定できます。

YouTube(ユーチューブ)の使い方を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)の使い方を、画面上の機能から解説しました。

クリエイターと視聴者では、YouTube(ユーチューブ)で必要な機能や使い方は異なるため、きちんと把握すべきです。

視覚的な操作で利用しやすいため、まずはYouTube(ユーチューブ)の使い方を覚えるために、自分で操作してみましょう。