LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

YOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価を徹底リサーチしてみました

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181028140558j:plain

YOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価は公表されていませんので、他の人の単価がいくらなのか気になる方もいるのではないでしょうか。

今回は、多くの口コミをもとにYOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価をリサーチしてみました。

YOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価を徹底リサーチしてみました

YOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価は低い?相場は0.1~0.3円

色々な声を見てみると、YOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価は0.1円~0.3円の間という声が多くありました。

0.1円というと安いようにも思えますが、人気の動画は再生回数が何万という桁になるので、単価が低いから収益が上がらないということではないですね。

こちらの方がおっしゃるように、YOUTUBE(ユーチューブ)は海外ユーザーも多いため、市場はとても大きいと考えられます。

YOUTUBE(ユーチューブ)は字幕の機能が優れているので、英語力に自信がある方は海外勢に向けても動画配信してみてはいかがでしょうか。

YOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価は高いと0.5円になる場合もある

なかには単価が0.5円ほどになっていると思われる方もいました。0.1円の5倍の単価なので低単価のアドセンスに比べると単純に収益も5倍ということになります。

この方の場合、YOUTUBE(ユーチューブ)でアドセンスをはじめて2ヶ月とのことですごい伸びですね。

ただ、この伸びは後ほど詳しく説明するように時期的な影響もありそうです。

YOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価はGoogleが自由に決めているのではない

そもそもアドセンスの単価がどのような仕組みで決まっているのかは、諸説あります。

ただ、色々な要因からアドセンスの単価が上下していることから、広告主の需要と市場の相場で単価に差が出てきているのは間違いなさそうです。

YOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価はジャンルによって変わる

では、YOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価の差はどこからくるのかというと、まずは動画のジャンルが単価に影響するようです。

たとえば、子供向けの動画は単価が低いと言われています。

これは主な視聴者である子供が購買力を持たないため、広告を出しても広告主の商品が売れないからだと思われます。

広告主の立場になって考えてみると、広告効果が低いアドセンスの単価を安くするのは当然ですね。

YOUTUBE(ユーチューブ)で配信をすると、どうしても再生数にばかり目がいきがちですが、収益を考えるとジャンル選びなども良く考えなければいけませんね。

広告主の意図や視聴者のターゲット、競合動画の状況などを考えてジャンル選びをするとYOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価も変わってくるはずです。

YOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価は動画の長さにも影響される

また、動画の再生回数はもとより、平均再生時間などもアドセンスの単価に影響しているようです。

ひとつの収録時間が長く平均再生時間も長い動画であれば、いくつもの広告を表示させられますし長めの広告を挟むこともできるので広告効果が高いという理由なのでしょう。

アドセンスの単価が低く収益が上がらない場合には、動画の投稿数を多くするのも良いですが動画のクオリティを上げてみるというのも良い方法かもしれません。

YOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価は時期によっても変わる

月末や年末などはアドセンスの単価が上がる傾向にあるようです。

とくに年末は「年末商戦」という言葉があるように物が売れる時期なので、広告主も広告予算を増やして単価を上げて商材をたくさんの人の目に触れさせたいという狙いがあるのでしょう。

ということは、アドセンスの単価の上がりやすい時期に動画の投稿数を増やすと収益に大きく直結してくるのではないでしょうか。

YOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価が下がる理由は様々

ここまで調べてきたように、YOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価が下がる理由は様々なものが絡んでいてひとつには限られません。

動画のジャンル、品質、長さ、再生される時期など複合的な要因で単価は上下します。

中でも時期については自分でコントロールできるものではないので、アドセンスの単価が下がった理由が自分の動画が原因と早とちりして、間違った方向性で動画を修正しないように注意しないといけませんね。

YOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価を徹底リサーチしてみました まとめ

YOUTUBE(ユーチューブ)のアドセンスの単価は0.1円~0.3円で低いという評判もありますが、ジャンルや時期、動画の長さなどで変わるようです。

YOUTUBE(ユーチューブ)は海外ユーザも多くマーケットが広いので大きな収益を上げるチャンスはまだまだありそうです。

アドセンスの単価を上げつつもターゲットも広くしていきたいですね。