LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能っていったいなに?

おすすめ動画や関連動画に表示したいけれど、YouTube(ユーチューブ)でどのような施策を行えばよいのかわからない。

あなたは今、このようにお考えですよね。

ブラウジング機能は、YouTube(ユーチューブ)で動画の投稿を行うときに、確実に押さえておきたい機能であり施策です。

ここではYouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能について詳しく解説していきましょう。

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能とは?

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能とは、YouTube(ユーチューブ)のアルゴリズムが自動で判断し、おすすめ動画や関連動画に表示させる機能です。

おすすめ動画や関連動画に表示されやすくなるということは、すなわちYouTube(ユーチューブ)の視聴回数アップにつながり、チャンネル登録者数増加も見込めるということになります。

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能のアルゴリズムは公表されていない

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能は、アルゴリズムによって判断されています。

アルゴリズムとは、YouTube(ユーチューブ)のおすすめ動画や関連動画に表示するための指標をさしています。

よってアルゴリズムの指標がわかれば施策方法を進めることができますが、YouTube(ユーチューブ)ではブラウジング機能のアルゴリズムを公表していません。

ここではブラウジング機能を攻略する目安として、いくつかの指標や方法について解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能の攻略方法

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能の攻略方法をみていきましょう。

アルゴリズムは公表されていませんが、いくつかブラウジング機能の攻略として施策があります。

ここではYouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能の攻略方法として必要な施策をいくつか解説していきましょう。

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能の攻略1.動画の内容を充実させる

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能を攻略するためには、動画の内容を充実させることです。

動画の内容を充実させることで、視聴時間をアップできます。 視聴時間を伸ばすためには、視聴者にとって有益でなければいけません。

具体的に有益な動画とは、役立つ、おもしろい、内容が充実している、旬な内容やトレンドを押さえているなど、視聴者が満足できる内容の動画であることでしょう。

有益な動画を制作するためには、YouTube(ユーチューブ)の撮影や編集はもちろんですが、企画も重要です。

動画の企画では、視聴者のターゲットを決めてテーマを絞り、深い内容の動画を制作することが必要不可欠でしょう。

企画をきちんと行うことで、最後まで視聴してもらえる動画を制作することができます。

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能は、チャンネルの平均視聴時間を重視します。

ひとつの動画の視聴時間ではなく、過去の視聴履歴など、チャンネル全体の滞在時間を重視します。

まずはチャンネルのテーマをひとつ決めておき、上記のポイントを押さえてテーマに沿った動画を制作することでチャンネルの平均視聴時間をアップをめざすことができるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能の攻略2.インパクトあるサムネイルを作成する

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能を攻略するためには、インパクトのあるサムネイルを作成することです。

サムネイルは動画の入り口のようなものであり、動画を視聴するのかしないのかを判断する指標といっても過言ではありません。

極論、どんなにつまらない動画であっても、サムネイルにインパクトがあれば動画にアクセスしてもらうことができます。

またYouTube(ユーチューブ)で動画配信を行っている競合と差別化を図るためにもサムネイルは重要でしょう。

動画の内容が一目でわかる写真(画像)と、簡潔なキャッチコピーを画像化することでインパクトを残し、ジャンルに興味のある視聴者のアクセスを得ることができます。

ただしサムネイルにインパクトがあったとしてもダサいと判断されてしまってはアクセスを逃しかねないため、センスを意識することも大切でしょう。

動画を最後まで視聴してもらえるのか別として、サムネイルでインパクトを与えることで視聴者を集めることができます。

またせっかく得たアクセスを無駄にしないためにも、前述の通り動画の内容を充実させることも大切です。

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能の攻略3.コメントや高評価を意識する

YouTube(ユーチューブ)で視聴者から受け取るコメントや高評価を意識することも、ブラウジング機能の攻略として重要です。

たとえばYouTube(ユーチューブ)に興味がある動画がいくつかあり、どれを視聴しようか迷った場合、視聴者はコメントや高評価を意識します。

コメント数や高評価が少ない動画は注目されていない、つまらないと判断されかねません。

1で解説した通り、動画の内容を充実させることは高評価やコメントにつながります。

視聴者からコメントや高評価を待つだけでなく、コメントに対するレスポンスを行えば、さらに視聴者からの支持を集めやすくなることにつながるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能の攻略4.こまめに配信する

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能を攻略するためには、こまめな配信も必要不可欠です。

ほとんど配信を行わない配信者はチャンネル登録者数を伸ばすことができません。

また動画の更新頻度が高ければ動画配信数は多いため、それだけ平均視聴時間を増やすことにつながります。

1から3を意識したうえでこまめに配信することを意識すれば、YouTube(ユーチューブ)のブラウジングの攻略につながるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能を分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能はおすすめ動画や関連動画に表示させるための指標をさします。

アルゴリズムは公表されていませんが、YouTube(ユーチューブ)のブラウジング機能ではいくつか攻略方法があります。

ブラウジング機能における施策を行うことによって、YouTube(ユーチューブ)の視聴回数やチャンネル登録者数を増やすことにつなげることができるでしょう。

また各攻略方法は密接に結びついているため、どれかだけを対策すればよいのではなく、トータル的に施策することを意識してください。