LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の複数アカウントと複数チャンネルを分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)で動画の視聴を楽しんでいる人の中には、複数アカウントを使い分けて利用したいと考えている人もいるでしょう。

またYouTube(ユーチューブ)にチャンネルを開設している人の中には、ジャンルごとに複数のチャンネルを持ちたいと考えている人もいますよね。

YouTube(ユーチューブ)では複数アカウントや複数チャンネルを開設して運用できるようになっています。

そこで今回は、YouTube(ユーチューブ)の複数アカウントと複数チャンネルについて分かりやすく解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)の複数アカウントと複数チャンネルを分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)は複数アカウントと複数チャンネルが作れる!

YouTube(ユーチューブ)では複数アカウントと複数チャンネルの開設が可能です。

ただし複数アカウントと複数チャンネルは似ているようで全く違うものですので、開設方法なども異なってきます。

YouTube(ユーチューブ)で複数アカウントを作る場合には、複数のGoogleアカウントが必要です。

そのためYouTube(ユーチューブ)の複数アカウントを作りたいという人は、事前に必要な数だけGoogleアカウントを作成しておきましょう。

またチャンネルに関しては1つのアカウント内で複数のチャンネルを作ることもできますし、複数アカウントを作って、それぞれのアカウントごとに1つずつチャンネル開設をすることも可能です。

YouTube(ユーチューブ)は複数チャンネルを1つのアカウントで持つよりも複数アカウントの開設がおすすめ

ちなみに複数チャンネルを開設するのであれば、1つのアカウントで複数チャンネルを持つよりも複数アカウントで、それぞれのアカウントごとに1つずつチャンネル開設を行うことをおすすめします。

大きな理由としては、利用規約違反などにより1つのアカウントがBAN・凍結などのペナルティを受ければそのアカウントに属するチャンネルもすべてBANされてしまうためです。

複数アカウントを作った上で、1つのアカウントに対し1つのチャンネルを開設し複数チャンネルを保有するという方法であれば、BANや凍結のリスクを軽減できます。

つまりアカウントを分けておけば1つのチャンネルがBANされたからといって他のチャンネルもBANされることはありません。

ただし1つのアカウントから複数チャンネルを作ることもできるので、BANされないという自信がある人ならリスクは高めですが1つのアカウントで複数チャンネルを作成するのもよいでしょう。

YouTube(ユーチューブ)複数アカウントの作り方

それでは実際にYouTube(ユーチューブ)の複数アカウントを作る方法をみていきましょう。

YouTube(ユーチューブ)のアカウントはGoogleアカウントに紐付けますので、YouTube(ユーチューブ)の複数アカウントを開設する場合には、事前に複数のGoogleアカウントを用意しておいてください。

Googleアカウントの作り方

  1. Googleにアクセスし、右上のアカウントアイコンボタンをクリックする
  2. 「別のアカウントを追加」をクリックする
  3. アカウントの選択画面が表示されるので、新規アカウントを作る場合には「別のアカウントを使用」をクリックする
  4. ログイン画面が表示されるので左下にある「アカウントを作成」をクリックする
  5. 「自分用」または「ビジネス用」を選択する
  6. 氏名・アカウント名(メールアドレスの@の左側になる部分)パスワードなどを入力して「次へ」
  7. アカウントの認証を行い、指示に従って手続きを行えばアカウントの作成完了

GoogleアカウントとYouTube(ユーチューブ)アカウントの紐付け方

Googleにて複数アカウントが作成できたら、次はYouTube(ユーチューブ)アカウントへの紐付けを行なっていきましょう。

  1. YouTube(ユーチューブ)にアクセスし右上のログインボタンをクリックする(別のアカウントでログイン済みの場合には一旦ログアウトしてログインし直す)
  2. ログインするアカウントの選択画面が表示されるので「別のアカウントを使用」をクリックする
  3. 新たに作ったGoogleアカウントのIDとパスワードを入力しログインしYouTube(ユーチューブ)への紐付け完了
  4. 複数アカウントを紐付けする場合には、1〜3の手順を繰り返し行う

YouTube(ユーチューブ)複数チャンネルの作り方

YouTube(ユーチューブ)の複数アカウントの作り方がわかったところで、次に複数チャンネルの作り方をみていきましょう。

YouTube(ユーチューブ)で複数チャンネルを作る場合、1つのアカウント内に複数チャンネルを作る方法と複数アカウントに対して1つずつチャンネルを作って結果的に複数チャンネルを開設するという2つの方法があります。

どちらの方法を選択しても、基本的にチャンネルの開設方法は同じです。

  1. YouTube(ユーチューブ)でチャンネルを開設したいアカウントにログインしておく
  2. YouTube(ユーチューブ)画面右上のアカウントアイコンをクリックし設定をクリックする
  3. 設定画面が開いたら、アカウントアイコンの下部に表示される「チャンネルを追加または管理する」をクリックする
  4. 「新しいチャンネルを追加」をクリックし、作成ボタンをクリックしチャンネル解説完了

複数チャンネルを1つのアカウントで作成したい場合には、1〜4の手順を1つのアカウント内で複数回繰り返すことになるでしょう。

また、1つのアカウント内で複数チャンネルを保有する場合にはブランドアカウントでの開設がおすすめです。

ブランドアカウントでチャンネルを開設すると個人情報の保護がより強化されますので、複数チャンネルを運営していく中でも比較的安全に運用がおこなえるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の複数アカウントと複数チャンネルを分かりやすく解説まとめ

今回は、YouTube(ユーチューブ)の複数アカウントと複数チャンネルについて分かりやすく解説してきました。

YouTube(ユーチューブ)では複数アカウントも複数チャンネルも両方作ることができるようになっています。

ただしアカウントとチャンネルはそれぞれが異なる概念ですので、複数アカウントと複数チャンネルの開設方法はそれぞれ異なってきます。

またアカウントとチャンネルの紐付け方に関しても何通りかのやり方が用意されていますので、それぞれのメリット・デメリットをしっかり把握した上で、アカウントやチャンネルの解説を行なっていきましょう。