LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの著作権を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたで動画投稿したいけれど、著作権について詳しく知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの動画投稿は、リスナー側からだと簡単に収益化できることから魅力的に感じる方もいるかもしれません。

しかしYouTube(ユーチューブ)の歌ってみた経動画投稿する際には、著作権に注意する必要があります。

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの著作権を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみた経動画投稿するときに注意したいのが著作権です。

楽曲には利用権利があって著作権で守られているため、YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたで動画渡航するときには、権利侵害に注意しましょう。

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの著作権はJASRACの登録を確認

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの楽曲に関する著作権はJASARCが管理しています。

JASRACは「一般社団法人日本音楽著作権協会」をさし、日本の音楽の著作権を管理している団体と言えるでしょう。

よってYouTube(ユーチューブ)の歌ってみたで動画を投稿する場合は、JASRACに登録されている楽曲であることを確認する必要があります。

著作権が発生する楽曲を無断でYouTube(ユーチューブ)の歌ってみたへ登録すると、JASRACによって著作権を侵害したと判断されてしまいます。

2008年、YouTube(ユーチューブ)はJASRACと包括契約を締結し、JASRACに著作権登録されている楽曲をYouTube(ユーチューブ)で利用できるようになりました。

ただしJASRACに登録されている楽曲をYouTube(ユーチューブ)で自由に利用できるわけではなく、一定のルールがあります。

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの著作権 「カラオケ」のケース

カラオケの音源をYouTube(ユーチューブ)の歌ってみたで使用した場合、著作権の侵害になるケースがあります。

著作権の侵害になるケースは、たとえば市販CDの音源・歌声が入っているものはもちろん、CDの音源だけで歌声ががないカラオケバージョンの音源をYouTube(ユーチューブ)の歌ってみたとして動画投稿した場合です。

楽曲の音源にも著作権は発生します。

カラオケボックスの音源でYouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの動画投稿をした場合は、書作権の侵害となります。

もし市販のCDの音源を使い、YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの動画投稿したい場合は、レコード会社(レーベル)に確認して、許可を得る必要があります。

同じくカラオケボックスの音源を利用したい場合は、カラオケのメーカーに確認・許可を取得しなければ著作権・書作隣接権の侵害となります。

JASRACに登録されている音源でカラオケをする場合は、自分で演奏するか、演奏できる人に依頼する方法で、YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの著作権を回避できる方法と言えるでしょう。

中にはYouTube(ユーチューブ)の歌ってみたのために、著作権フリーのカラオケ音源や楽曲を提供しているケースもあります。

この場合はJASRACに楽曲が登録されているケースであれば、YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたで利用できます。 著作権フリーの楽曲を利用するためには、注意事項を確認してからご利用ください。

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの著作権 「アカペラ」のケース

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの動画投稿をアカペラでするケースは、JASRACに登録されている楽曲は利用が可能です。

楽曲の音源はないアカペラですが、歌詞に著作権が発生するため、JASRACに登録されているケースであれば、アカペラでのYouTube(ユーチューブ)配信は可能になります。

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの著作権 「アレンジ」のケース

楽曲をリミックスするなど、アレンジしてYouTube(ユーチューブ)の歌ってみたへ動画投稿するケースは、著作権の侵害になります。

そもそも楽曲をアレンジする行為には、著作者人格権・翻案権の侵害に該当するため、著作権とは別途許可を取得する必要があります。

リミックスなどアレンジする場合には、著作権のほか、さまざまな権利の許可を取得する必要があるため、YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの動画投稿には適していないと言えるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの著作権 JASRACに登録されていないケース

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの著作権は、ケースによって異なるものの、JASRACに登録されていれば楽曲を利用できます。

一方、JASRACに登録されていないケースの楽曲を、YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの動画登録で利用するためにはどのようにしたらよいのでしょうか。

YouTube(ユーチューブ)ではJASRACの他にも「ジャパン・ライツ・クリアランス(JRC)」「イーライセンス」などと包括契約を締結しているようです。

これらに登録されている場合は、YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたで著作権を侵害せずに利用できます。

一方、JASRACなどに登録されていない楽曲をYouTube(ユーチューブ)の歌ってみたに動画投稿したいとお考えの方もいるはずです。

音楽の著作権の管理団体に登録されていない楽曲は、楽曲の制作者に確認する必要があります。

SNSなどを活用して、YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたに動画投稿したいむねを伝えて、許可を取得しましょう。

もし許可を取得できなかった場合は、著作権の侵害になるため、利用をあきらめるしかありません。

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの著作権侵害の申し立ての対処法

どんなに気をつけてYouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの動画配信を行っても、著作権侵害の申し立てが来るケースがあります。

著作権侵害の申し立てが来た場合の対処法をいくつかみていきましょう。

まずYouTube(ユーチューブ)の動画を削除する、著作権の侵害にならない動画に変更する方法です。

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの著作権侵害の申し立ての対処法と収益について

もうひとつはYouTube(ユーチューブ)から著作権の侵害の申し立てが来た場合、スルーすることで申し立てに同意することになります。

この際、権利者から分配の申し出が行われ、YouTube(ユーチューブ)の収益はすべて権利者にわたってしまうケースもあることは心得ておきましょう。

著作権の申し立てに対し、みずから収益の分配を申し出ることも、対処法のひとつでしょう。

これによりYouTube(ユーチューブ)の収益すべてが権利者にわたってしまうことを防げるかもしれないため、ダメ元でやってみる価値はあるかもしれません。

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたの著作権を分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)の歌ってみたで動画投稿する楽曲の著作権は、JASRACが管理しています。

現在YouTube(ユーチューブ)はJASRACと包括契約を締結しているため、JASRACの楽曲を歌ってみたの動画投稿で利用することができます。

ただしカラオケや市販CDの音源、JASRAC無登録のアカペラ楽曲利用の際には、著作権侵害にならなうように注意すべきでしょう。

著作権の異議申し立てあった場合、権利者によって収益分配化になる可能性があることは権利侵害のペナルティとなります。

きちんと著作権を守って歌ってみた経動画投稿しましょう。