LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

YOUTUBE(ユーチューブ)の字幕の使い方を分かりやすく解説

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181028140558j:plain

YOUTUBE(ユーチューブ)に興味のある動画があってすぐに見たいけれど、音を出せない場面ってありますよね。

そんなときに役立つのがYOUTUBE(ユーチューブ)の字幕機能です。

今回はYOUTUBE(ユーチューブ)の字幕の使い方を分かりやすく解説していきます。

YOUTUBE(ユーチューブ)の字幕の使い方を分かりやすく解説

YOUTUBE(ユーチューブ)の字幕の設定方法

動画配信者が自動字幕機能をONにしている場合は、字幕を表示させられます。

自動字幕機能はYOUTUBE(ユーチューブ)が音声を聞き取って自動で文字起こししてくれる機能で、配信者が自ら字幕を作ってはいません。

そのため、漢字の変換がおかしかったり実際とは違う内容の文字起こしになったりと少し不自然なところがあります。

自動字幕機能で作られた字幕を表示させるのは簡単です。動画の下の部分の「設定」→「字幕」の順に操作するだけです。

ここで「字幕」が表示されない場合、配信者が自動字幕機能をONにしていないので、字幕の表示はできません。 字幕は標準では下記のように表示されます。

機械による自動生成なので、やはりこのままでは少し意味が分かりにくいですね。

また、あらかじめ手作業で字幕が作られている場合には、自動字幕機能をONにすると字幕が重なって表示されてしまいます。

字幕が既にある動画では字幕をOFFにしましょう。 また、動画配信者は自動生成された字幕をもとに自分で字幕を編集できます。

イチから字幕を自分で作るよりはるかに簡単なので、配信者の方は自動字幕生成で音声と字幕のタイミングを一致させてから、自分のオリジナル字幕を作っていきましょう。

YOUTUBE(ユーチューブ)の字幕の使い方:文字色を変える

標準の字幕は黒い背景に白か黄色の文字となっていますが、動画の内容によってはその配色では見にくいかもしれません。

そのようなときは自由に字幕の色を変えられます。 字幕の色を変える方法は、やはり動画の「設定」から行います。

「設定」→「字幕」の後に「オプション」を選ぶと字幕の表示設定を細かく変更できます。

字幕オプションでは、字幕のフォントの種類から色、背景色まで自由にカスタムできます。動画の種類によって見やすいように変更しましょう。

YOUTUBE(ユーチューブ)の字幕の使い方:英語表示

YOUTUBE(ユーチューブ)の字幕機能をうまく使えば英語の勉強に大変役立ちます。字幕を英語にするやり方は日本語の字幕を表示する方法と同じです。

ただし、動画側で英語の字幕設定がされていることが条件です。 海外の動画で字幕機能が使える場合には、現地の言葉が字幕として表示されますが、世界で広く視聴されている動画には複数の言語から字幕を選べることが多いです。

たとえば、様々な著名人が講演を行うTEDの動画では有志の翻訳によって多くの言語の字幕が使えます。

上記は英語の字幕表示をした画面ですが、同じ場面で字幕を日本語に変更すると下記のようになります。

字幕表示設定は動画を一時停止していてもできるので、YOUTUBE(ユーチューブ)の字幕機能を使えばヒアリングとリーディングを同時に学べる効率の良い勉強の仕方が出来ますね。

それに、YOUTUBE(ユーチューブ)は再生速度も変更できるのでシャドーイング(英語を口真似する勉強法)やディクテーション(聞いたものをすぐ書き出す勉強法)にも大変使いやすいのではないでしょうか。

YOUTUBE(ユーチューブ)の字幕の使い方:自動翻訳

日本語ではない字幕がついている動画は、YOUTUBE(ユーチューブ)で自動翻訳機能が使えます。自動翻訳の使い方は字幕の表示方法と同じです。

「設定」から「字幕」へ移ると最下部に「自動翻訳」があるのでそれを選択し、翻訳する言語を選べば自動翻訳されます。

自動翻訳は字幕になっているテキストを翻訳するので、翻訳が自然かどうかはまずつけられている字幕が自然なものかどうかにかかっています。

自動生成された不自然な字幕をさらに自動翻訳するとほとんど意味の分からない文章になってしまいますが、しっかりとした字幕が作られている場合は自動翻訳でも十分に意味の通じる文章になります。

YOUTUBE(ユーチューブ)の字幕の使い方:字幕の位置

YOUTUBE(ユーチューブ)の字幕はオプションから文字の大きさや色、フォントの種類、背景色まで細かく設定できるのですが、字幕の位置を自由に変えられることは意外と知られていません。

動画の内容によっては画面の下方に字幕が固定されていると、大事な部分が見にくくなってしまって困りますよね。

そのようなときは字幕を邪魔にならない場所に動かしてしまいましょう。字幕の位置の動かし方は、字幕そのものをドラッグするだけです。

たとえば、プレゼンテーションの動画であれば、このように字幕を右上に表示すると、プレゼンテーション中の表情や身振り手振りなどが確認しやすくなります。

標準の字幕位置のままだとプレゼンターのお腹や足にばかり目がいって、せっかくの動画の魅力が半減してしまいますよね。

動画の内容によって、自分の好みの位置に字幕を移動させてしまいましょう。

YOUTUBE(ユーチューブ)の字幕は精度が低い?

ところで、自動翻訳機能で作られた字幕は、少しずつ改良されていますが、それでもどうしてもおかしな言葉になってしまいます。

でも一方で、上でご紹介したTEDのように自然な字幕になっている動画もあるのはなぜでしょうか。

実は一部の動画では字幕の編集は視聴者もできます。そのような字幕は視聴者の協力によって自然な字幕が作られているのでおかしな言葉になっていないのです。

現在はまだ視聴者が字幕をつけられる動画は少ないですが、今後、視聴者による字幕設定(翻訳)は標準でできるようになっていく見込みです。

自分が気に入った動画を他の人にも見てもらいたいと思う人も多いと思います。

日本語だけでなく外国語も使える人は今後、動画の翻訳に協力してみてはいかがでしょうか。

YOUTUBE(ユーチューブ)の字幕の使い方を分かりやすく解説まとめ

YOUTUBE(ユーチューブ)の字幕は、配信者側が自動字幕機能をONにしていれば簡単に設定できますし自由にカスタマイズできます。

静かな場所で字幕を使って動画を見たり、英語の勉強に利用したり、字幕を上手に使ってさらにYOUTUBE(ユーチューブ)を楽しみましょう。