LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の字幕を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

世界中のユーザーが投稿した動画を視聴できる動画配信サービスのYouTube(ユーチューブ)。

そんなYouTube(ユーチューブ)に字幕をつけたいと考えている人もいるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)では日本国内の動画はもちろんのこと、他言語の動画に関しても字幕をつけることができるようになっています。

そこで今回は、YouTube(ユーチューブ)の字幕を分かりやすく解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)の字幕を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)は字幕を設定でつけることができる

YouTube(ユーチューブ)には字幕をつけられる機能がついています。

デフォルトの状態では字幕が表示されていませんが、画面の下にYouTube(ユーチューブ)上で喋っていることを自動で字幕表示してくれる機能です。

YouTube(ユーチューブ)を視聴する環境は常に音が出せる状況とは限りません。

そのため音の出せない状況でもYouTube(ユーチューブ)動画に字幕をつけることにより、楽しめるようになるでしょう。

またYouTube(ユーチューブ)の字幕機能は自動翻訳機能もついており、他言語間を翻訳して字幕表示させることも可能です。

たとえば英語や韓国語などのYouTube(ユーチューブ)動画を日本語に翻訳して字幕表示させることもできます。

ただし字幕表示ができるかどうかは、動画投稿者の設定によっても異なるようです。

動画投稿者が字幕設定を制限している場合には、動画に字幕を表示できませんので注意してください。

YouTube(ユーチューブ)で字幕を表示させる方法

それでは実際にYouTube(ユーチューブ)動画に字幕を表示させる方法についてみていきましょう。

YouTube(ユーチューブ)動画に字幕を表示させる方法

  • YouTube(ユーチューブ)で自動翻訳したい動画を選択して再生する
  • 画面左下に表示される「設定」アイコンの左隣にある「字幕」アイコンをクリックする
  • 画面上に自動翻訳された字幕が表示されるので確認する

また他言語のYouTube(ユーチューブ)動画を自動翻訳した字幕を表示させる場合には、以下の手順で自動翻訳させる言語を変更していきましょう。

YouTube(ユーチューブ)動画に自動翻訳した字幕を表示させる方法

  • YouTube(ユーチューブ)で自動翻訳したい動画を選択して再生する
  • 画面左下に表示される「設定」アイコンをクリックする
  • 設定項目の中の「字幕」をクリックする
  • 「字幕」項目の中の「自動翻訳」をクリックする
  • 言語の一覧が表示されるので、表示させたい言語を選択する
  • 字幕が選択した言語で表示されていることを確認する

YouTube(ユーチューブ)で字幕設定をした動画を投稿する方法

続いて自分のYouTube(ユーチューブ)チャンネルに投稿する動画に字幕設定を行う方法について見ていきましょう。

自分の投稿するYouTube(ユーチューブ)動画への字幕設定を行う場合には、まずは言語の設定から行っていきます。

  • YouTube(ユーチューブ)Studioにログインして、投稿する動画をアップロードする
  • 左側のメニュー一覧から「コンテンツ」をクリックする
  • 動画の一覧が表示されるので字幕編集を行う動画のサムネイルをクリックする
  • ページ下部にある「すべて表示」をクリックする
  • 「動画の言語」セレクションにて言語を選択した上で「保存」をクリックする

言語の設定ができるとYouTube(ユーチューブ)が自動で翻訳した字幕が、ユーザーの設定次第で表示されることになるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)で字幕は精度が低い?自分で字幕をて入力することも可能

YouTube(ユーチューブ)では自動翻訳によって作られた字幕をつけることができます。

しかし2022年現在ではYouTube(ユーチューブ)の自動生成された字幕は精度が低いという口コミが多くなっているようです。

自動翻訳に関する言語の壁はまだまだ厚く、100%正しい言葉で翻訳される動画というのはあまりないようです。

そのため、多少なりとも動画の字幕から何を言いたいのかを視聴者側が予測しなければならないというのが現状になっています。

自動翻訳機能は日々精度が上がっていますので、将来的には完璧に翻訳された字幕表示がされることもあるかもしれません。

しかし現在のところは字幕の精度も50%-70%くらいの精度になっているといえるでしょう。

教科書に掲載されるような文章以外の、スラングや流行り言葉が混じった表現のある動画だと正しく翻訳されないことが多いようです。

中にはYouTube(ユーチューブ)動画の字幕を自作する人もいる

YouTube(ユーチューブ)の字幕は自動翻訳されたものを表示させる他に、自分で字幕を自作するという人もいます。

自作した字幕の方が精度は高くなりますので、できるだけ正確に字幕で動画を伝えたいという人は、字幕を自作していきましょう。

字幕を自分でて入力する場合には、Youtube(ユーチューブ)Studio内の字幕メニューから手入力を選択して作業を進めていってください。

またあらかじめ翻訳した字幕があれば、ファイルアップロードから字幕をつけることもできるようになっています。

YouTube(ユーチューブ)の字幕を分かりやすく解説まとめ

今回は、YouTube(ユーチューブ)の字幕を分かりやすく解説してきました。

YouTube(ユーチューブ)の字幕では、YouTube(ユーチューブ)で設定されている言語をもとにYouTube(ユーチューブ)側が字幕を自動生成してくれます。

音が出せない電車の中や車内・学校内などでも字幕表示で動画が頼めるので便利です。

ただし字幕の精度的にはそれほど高くはないので、今後の精度の進歩も期待されています。