LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)が伸びない原因と解決方法を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)の動画が伸びない原因はなに?

動画の再生回数が伸びない原因を把握して解決方法を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

YouTube(ユーチューブ)をはじめる人が多い中、再生回数が伸びないためにやめてしまう方も少なくありません。

YouTube(ユーチューブ)が伸びない原因と解決方法を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)が伸びない原因と解決方法を、以下の流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.動画のテーマに需要がない
  • 目次2.タイトルとサムネイルが適切ではない
  • 目次3.動画の長さが短すぎる
  • 目次4.チャンネルのジャンルや動画のテーマが決まっていない

YouTube(ユーチューブ)が伸びない原因と解決方法 動画のテーマに需要がない

YouTube(ユーチューブ)の再生回数が伸びない原因は、動画のテーマに需要がないことです。

どんなによい動画を制作しても、視聴者が興味や関心を示すテーマでなければ、動画を再生したいという気持ちがわきません。

1000人に需要がある動画と、わずか10人の動画では、確実に1000人に需要がある動画のほうが、再生回数が伸びる可能性があります。

YouTube(ユーチューブ)の再生回数を伸ばすための解決方法は、動画を発信するテーマに需要はあるのかどうかをリサーチする必要があるでしょう。

リサーチする方法は、YouTube(ユーチューブ)で実際に動画の視聴回数を検索します。

視聴者に検索されるであろう動画のメインキーワードを検索バーへ入力し、「フィルター」の並び替えで「視聴回数」を選択します。

ユーザーのニーズを検索ボリュームから把握して、今後見込めるであろう動画の最大視聴回数を予測できます。

また無料ツールを活用しても、検索ボリュームを把握できますので、好みのツールを利用してもよいでしょう。

たとえばAhrefs、vidIQ、Ahrefs YouTube Keyword Toolなどは、現役ユーチューバーに人気のツールです。

YouTube(ユーチューブ)が伸びない原因と解決方法 タイトルとサムネイルが適切ではない

YouTube(ユーチューブ)がの再生回数が伸びない原因として、タイトルとサムネイルが適切ではないことがあげられます。

視聴者はタイトルとサムネイルを見て、動画を視聴するのかどうかを判断します。

すなわちタイトルとサムネイルは、動画のクリック率を左右することから、最終的に再生回数にも影響を与えるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の動画は、クリック率をあげることで高く評価されて、おすすめの表示回数も増えていき、動画の再生回数も増えていくしくみをもっています。

解決方法として、クリックしたくなるタイトルをつけることと、サムネイルを作る必要があります。

まずタイトルは、視聴者の興味をひくインパクトキーワードを使いましょう。 インパクトキーワードは【***】で囲うことで視覚的に強調することができます。

人気動画はどのようにインパクトキーワードを使っているのかを参考にするとよいでしょう。

サムネイルも、同じジャンルの人気動画を参考にするとよいでしょう。

注意点として、フォントを大きくして文字数は少なめにする、人物の写真を使う、デザインや色をチャンネルのイメージと統一させることです。

YouTube(ユーチューブ)が伸びない原因と解決方法 動画の長さが短すぎる

YouTube(ユーチューブ)の再生回数が伸びない原因として、動画の長さが短すぎることもあげられます。

まず動画の総再生時間は、YouTube(ユーチューブ)のおすすめに表示するための判断基準ですので、短すぎる動画はトータル的な動画の総再生時間を伸ばしにくくなります。

おすすめとは、トップページ・関連動画・YouTube検索でおすすめ動画として表示されるしくみをさしており、表示されることで視聴者の目に触れる機会が増えるため、動画の視聴回数を稼げます。

すなわち動画が短すぎてしまうと総再生時間も短くなるため、YouTube(ユーチューブ)のおすすめに表示されにくくなり、再生回数が伸びない原因になってしまいます。

解決方法は、ひとつあたりの動画を長くすることです。

8分を超える動画は、再生回数が伸びているという声がユーチューバーからも聞かれていますので目安にするとよいでしょう。

動画は長いほど、総再生時間が稼ぎやすくなります。

もちろん長い動画もきちんと再生されなければ意味がありませんが、短編動画にしてしまうとたとえ魅力的な動画であっても再生時間の上限は限られてしまうことになります。

目安としては10分の動画を制作し、視聴者の維持率は40~50%をめざしていきましょう。

YouTube(ユーチューブ)が伸びない原因と解決方法 チャンネルのジャンルや動画のテーマが統一されていない

YouTube(ユーチューブ)が伸びない原因は、チャンネルのジャンルや動画のテーマが統一されていないことでしょう。

ジャンルやテーマの統一は、おすすめへの表示数すなわちインプレッション数に影響を与えます。

まずYouTube(ユーチューブ)のおすすめの表示は、チャンネル登録者、チャンネル未登録・視聴履歴あり、チャンネル未登録・視聴履歴なしと3つの順番に沿って、優先的に表示されるしくみです。

3つの要素だけでなく、さらに前項でも解説した、おすすめに表示された動画のクリック率によって、動画の評価は変動し、おすすめの表示にも影響を与えるしくみももっています。

チャンネルのジャンルや動画のテーマを統一すべき理由は、おすすめに動画が表示されてもクリック率が大幅にさがってしまいます。

たとえばメイクジャンルのチャンネルは、同テーマの動画が中心ですので、チャンネル登録者もメイクやコスメに興味がある女性中心です。

仮にメイクの動画に紛れて、釣りがテーマの動画があったとしてもクリックされることはなく、動画のテーマが統一されていなければクリック率は下がるということになります。

おすすめの表示がもっとも優先的に行われるのはチャンネル登録者ですが、チャンネルのジャンルが定まらずクリック率が下がってしまうことで、YouTube(ユーチューブ)での評価を落とすことになります。

評価が落ちてしまうことで、おすすめの表示回数を減らすことになりかねません。

解決方法は、結論が出ている通り、チャンネルのジャンルに沿い、統一されたテーマの動画をコツコツと制作していくことです。

どのようなチャンネルのジャンルがよいのか、決まらずに困っている方は、YouTube(ユーチューブ)で実際に再生回数が伸びているジャンルを確認してみましょう。

気になっているジャンルのメインキーワードをYouTube(ユーチューブ)の検索バーに入力し、「フィルター」から「チャンネル」、並び替えを「アップロード日」に設定してください。

抽出されたチャンネルを開いて、「チャンネル登録者数」よりも「動画の再生回数」が多い動画を確認します。

これと同じテーマは再生回数が伸びやすい動画として、おすすめと言えるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)が伸びない原因と解決方法を分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)の再生回数が伸びない原因は、動画のテーマに需要がない、タイトルとサムネイルが適切ではない、動画の長さが短すぎる、チャンネルのジャンルや動画のテーマが統一されていないことです。

各原因についての解決方法はYouTube(ユーチューブ)のおすすめに表示されることであり、表示されるしくみなどについて詳しくまとめましたので、ぜひ参考になさってください。