LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方の手順がわからない。

動画の視聴者を増やす概要欄の書き方は、どのようにしたらいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

YouTube(ユーチューブ)で動画を公開したものの、思ったようにリスナーが増えず、悩んでいる方の中には、効果的な概要欄の書き方のコツを知りたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

またこれからYouTube(ユーチューブ)の概要欄を記入しようと思っているものの、操作方法や書き方の流れがよくわからないという方もいるでしょう。

ここではYouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方について解説します。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方は、動画に視聴者を集めるために、非常に重要な役割を果たしています。

いわば概要欄とは、動画の内容すなわち説明文を示しているため、視聴者は概要欄をみて視聴するのかどうかを判断するケースも少なくありません。

同時に概要欄は、YouTube(ユーチューブ)のアルゴリズムにおける評価基準にも影響を与えます。

アルゴリズムとは、検索結果や関連動画などに表示させやすくするための基準をさし、アルゴリズムの評価で高い方が動画の表示回数を増やすことができるようになります。

が有利になるため、 YouTube(ユーチューブ)のアルゴリズムは、タイトル・概要欄・動画のカテゴリや字幕などの文字情報で、動画の内容を判断します。

すなわち概要欄はYouTube(ユーチューブ)で動画の視聴者を増やすためにかかせない施策のひとつですので、概要欄の書き方は非常に重要と言えるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)には「チャンネル概要」と動画の「概要欄」があり、動画の検索結果に直結するのは、動画の「概要欄」です。

中にはチャンネル概要と動画の概要欄を混同している方もいるためご注意ください。

ここではこれらを踏まえて、YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方の流れと、概要欄の書き方のコツについて解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方の流れ

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方の、基本的な手順をみていきましょう。

概要欄を記入したいチャンネルへアクセスして「自分の動画」をクリックしましょう。

「チャンネルのコンテンツ」の中から概要欄を書きたい動画のサムネイルをクリックしてください。

「動画の詳細」の「説明」が概要欄ですので記入し、完了したら画面右上の「保存」をクリックします。

ここまでがYouTube(ユーチューブ)の概要欄の基本的な書き方の手順です。

スマホによるYouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方

スマホによるYouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方は、まずPC(パソコン)サイトへアクセスします。

基本的に、スマホからYouTube(ユーチューブ)にアクセスすると、リダイレクトによってスマホサイトにアクセスするため、意図的にPCサイトに変更する必要があります。

まずは、スマホ版YouTube(ユーチューブ)のトップ画面、画面右上に表示されるアカウントアイコンをタップしましょう。

画面をスクロールして「パソコン版」をタップすることで、スマホからパソコン版のYouTube(ユーチューブ)へアクセスできます。

基本的な概要欄の書き方は、PC版YouTube(ユーチューブ)と同じ方法で行うことができます。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方のコツ

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方のコツをみていきましょう。

概要欄は、全角で2500文字、半角で5000文字まで記入できます。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方はキーワードを3・4つ含める

概要欄にキーワードを含めることで、YouTube(ユーチューブ)の動画の検索結果に表示されやすくなります。

たとえば料理レシピの動画の場合は、検索する側がどのようなキーワードで検索するのかを想定しながら、メインキーワードの「料理レシピ」と、サブキーワードの「人気」「簡単」などのキーワード決定します。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方のコツは、自然な文章になるよう、全体的にメインキーワード「料理レシピ」をちりばめて、サブキーワードも含めながら記入しましょう。

リスナー側の概要欄はクリックすることで全体を表示できますが、クリックせずに表示されるよう、メインキーワードや重要なことはできるだけ文章のはじめの方に記入することが書き方のコツです。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方はリンクを活用するのも書き方のコツ

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方のコツは、リンクを有効的に活用することです。

プロモーションや拡散目的などでYouTube(ユーチューブ)を利用する方は、公式サイトや問い合わせフォームなどのリンクを貼ることもできます。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄のリンクの貼り方は、リンクを貼りたいページのURLを、概要欄に記入またはコピペし、ふたたび「保存」をクリックします。

具体的な概要欄の書き方として、たとえば「【公式サイト】URL」と概要欄に記入する方法で、URLにリンクを貼る形で、概要欄にリンクを貼ることができます。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方のコツはタイムスタンプの活用

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方のコツは、タイムスタンプという動画の時間を指定する機能を活用する方法です。

タイムスタンプとは動画の「分:秒」を「01:01」と半角文字で、概要欄に記入することで、時間にリンクが設定されます。

たとえば「01:25 野菜の切り方」「02:03 味付け」と箇条書きすることで、動画のみたいコンテンツから視聴できます。

動画の訪問者は、指定時間からYouTube(ユーチューブ)の動画を視聴できる便利な機能です。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方のコツはハッシュタグの活用

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方のコツは、ハッシュタグを活用する方法です。

SNSでおなじみの機能ですが、最大15個までハッシュタグを活用することができます。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方の注意事項

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方における注意点は、動画で楽曲を使用した場合に、クレジットを記入することです。

楽曲には著作権があるため、YouTube(ユーチューブ)のクレジットを記入しても自由に楽曲を利用してもよいとは限りません。

市販されている楽曲は基本的にYouTube(ユーチューブ)で利用しない方が無難でしょう。

YouTubeオーディオライブラリーはクレジットの記入で利用できますが、中にはクレジット記入不要で利用できる楽曲もあります。

YouTube StudioからYouTubeオーディオライブラリーへアクセスして、音楽を利用することをおすすめします。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方を分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の買い方を解説しました。

操作面における概要欄の書き方は簡単にできますが、スマホからの書き方に戸惑う方のために操作方法について解説しましたのでご覧ください。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄で効果的な書き方のコツを押さえることで、動画の視聴者数アップが見込めるはずです。