LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む500名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20200110221252j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む500名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20200110221252j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む500名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20200110221252j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)の動画配信を本格的に行なっているという人の中には、概要欄の書き方がいまいちよくわからないという人もいるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)で配信している動画が気になった時に視聴者からチェックされやすいのが、YouTube(ユーチューブ)チャンネルの概要欄です。

配信している動画ジャンルなどによっては、YouTube(ユーチューブ)のチャンネル概要欄にひと工夫するだけでもチャンネル登録者が増加する可能性が十分にあります。

そこで今回は、YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方について詳しく調べてみました。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)の概要欄とは?

そもそもYouTube(ユーチューブ)の概要欄とは、動画を視聴する時にアイコンをクリックすると「概要」の欄に表示されるプロフィール文章のような部分です。

このYouTube(ユーチューブ)の概要欄をみることによって動画配信者や配信している動画全体のイメージなどを持ちやすくなり、いわば自分のチャンネルの顔ともいうべき部分になります。

しかしYouTube(ユーチューブ)の概要欄に関しては、「概要欄をしっかり書いた方が良い」という人と「それほどこだわらなくても良い」という意見が二極化しているイメージですよね。

実際にYouTube(ユーチューブ)の概要欄はしっかり書いた方がいいのかどうかについてですが、YouTube(ユーチューブ)でチャンネルを登録したばかりで配信している動画数が少ないのであれば、割としっかり概要欄を書いていくことをおすすめします。

YouTube(ユーチューブ)の動画配信者の中でも中級者〜上級者くらいになってくると、概要欄もアルゴリズム的な観点から書き方を工夫するという人もみられますが、初心者であればまずは自分が何者なのかなど、プロフィール的な部分を分かりやすく概要欄に書くのが有効です。

誰もが知っているような有名YouTuber(ユーチューバー)であれば、TwitterやInstagramなど外部SNSのリンクのみ貼っているという場合も多いのですが、YouTube(ユーチューブ)初心者であればまずはチャンネルの全体像を分かりやすくシンプルに概要欄に記入してみましょう。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄には何を書けばいいのか?

さっそくYouTube(ユーチューブ)の概要欄を記入していきましょうと言っても、具体的に何を書けば良いのかわからないという人もおおいでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄は無限にかけるわけではなく、1000文字以内と文字数が制限されています。

そのため少ない文字数でもはっきり明確に自分のチャンネルがどんなチャンネルなのかを伝えなければいけません。

よってYouTube(ユーチューブ)の概要欄では、基本的に視聴者が知りたいチャンネルに関する情報をシンプルに書いていくことがポイントになってきます。

まずは自分が何者であるのかをシンプルに書いてみましょう。

「歌手」「ピアニスト」「絵描き」「節約家」...など肩書きは分かりやすいものを利用していくのがおすすめですが、自分でオリジナルの肩書きを名乗ってみるのもオリジナリティがあって視聴者を引きつける場合がありますね。

またこれまで配信した動画(またはこれから配信していく予定の動画)は、どのようなものが多いのかなどもチャンネル全体のイメージを視聴者に分かりやすく受け取ってもらうためのポイントになるでしょう。

さらに動画配信頻度なども掲載すると(動画は毎週木曜日にアップしていきます。

など)、視聴者も最新動画のチェックがしやすくなりますよ。

最後には「チャンネル登録お願いします」や「高評価おねがいします」「SNSのフォローお願いします」なども付け加えておくと、視聴者側が何かしらのアクションを起こしてくれやすくなります。

また最近では歌手の方などは概要欄に歌詞を記載して、視聴者にみてもらうという使い方をしている人も多くなっています。

自分がアピールできるジャンルによっては概要欄を通常と違った使い方をしてみるのもよいでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方・編集方法

それでは実際にYouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方と編集方法をみていきましょう。

まずはYouTube(ユーチューブ)公式の右上に表示されているアカウントアイコンをタップして、メニューの中からチャンネルをクリックします。

自分のチャンネル画面が表示されたら、アカウント名の横に表示される「チャンネルをカスタマイズ」という青いボタンをクリックしてください。

チャンネルのカスタマイズ画面が表示されるので「基本情報」のタブをクリックしてください。

「チャンネル名と説明」の項目にて概要の入力欄が表示されますので、ここに概要欄に記載したいことを入力していきましょう。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方を分かりやすく解説まとめ

今回は、YouTube(ユーチューブ)の概要欄の書き方について詳しく調べてみました。

YouTube(ユーチューブ)の概要欄は、自分のプロフィールとなるチャンネルの顔になる部分です。

記載できる文字数も1000文字程度になっていますので、シンプルで分かりやすいプロフィールを記載していきましょう。

チャンネル登録者数やファンを増やすためにも、YouTube(ユーチューブ)の概要欄を記載するのがおすすめです。